プログラミング

プレイヤー情報作成編 PHPポケモン72

PHP PHPポケモン ポケモン
プレイヤー情報作成編 PHPポケモン72

プレイヤー情報の作成

少し前よりプレイヤーをホーム画面に表示させるようにしましたが、ただイメージとして配置しただけでプレイヤー情報自体は設定していませんでした。なので、今回はプレイヤーとして持たせる必要のある情報を作成していきましょう。

 

クラスの作成

初代ポケモンではプレイヤー情報として閲覧できる情報は以下の4項目があります。

  1. 名前
  2. おこづかい
  3. プレイ時間
  4. ジムバッジ

 

セーブ機能がないため、プレイ時間については一旦保留とします。なので、まずは残りの3要素を備えたプレイヤークラスを作成しましょう。

 

プレイヤークラス(Classes/Player.php
<?php
/**
* プレイヤー情報
*/
class Player
{
 
    /**
    * 名前
    * @var string
    */
    protected $name = '';
 
    /**
    * おこづかい
    * @var integer
    */
    protected $money = 2000;
 
    /**
    * ジムバッジ
    * @var integer
    */
    protected $badges = [
        'Boulder' => false,  # グレーバッジ
        'Cascade' => false,  # ブルーバッジ
        'Thunder' => false,  # オレンジバッジ
        'Rainbow' => false,  # レインボーバッジ
        'Soul' => false,     # ピンクバッジ
        'Marsh' => false,    # ゴールドバッジ
        'Volcano' => false,  # クリムゾンバッジ
        'Earth' => false,    # グリーンバッジ
    ];
 
    /**
    * @param name:string
    * @return void
    */
    public function __construct($name)
    {
        $this->name = $name;
    }
 
    /**==================================================================
    * 名前
    ==================================================================**/
    /**
    * 名前の取得
    * @return string
    */
    public function getName()
    {
        return $this->name;
    }
 
    /**==================================================================
    * おこづかい
    ==================================================================**/
    /**
    * おこづかいの増加
    * @param money:integer
    * @return void
    */
    public function addMoney($money)
    {
        $this->money += $money;
    }
 
    /**
    * おこづかいの消費
    * @param money:integer
    * @return void
    */
    public function subMoney($money)
    {
        $this->money -= $money;
    }
 
    /**
    * おこづかいの取得
    * @return void
    */
    public function getMoney()
    {
        return $this->money;
    }
 
    /**==================================================================
    * ジムバッジ
    ==================================================================**/
 
    /**
    * ジムバッジの確認
    * @param key:string
    * @return boolean
    */
    public function isBadge(string $key) :bool
    {
        return $this->badges[$key];
    }
 
    /**
    * ジムバッジの全取得
    * @return array
    */
    public function getBadges()
    {
        return $this->badges;
    }
 
    /**
    * ジムバッジの取得
    * @param key:string
    * @return void
    */
    public function setBadge(string $key)
    {
        $this->badges[$key] = true;
    }
 
}

 

トレーナー情報には名前が必須です。なので、クラス作成時のコンストラクタで名前を受け取り、そのままnameプロパティにセットしています。

おこづかいは、初期値を2000円として取得・追加・消費のメ3ソッドを用意しました。

ジムバッジについては、初期配列としてそれぞれを用意して、取得したらtrueをセットするという単純な形式です。初代は色名がバッジ名になっているのですが、公式wikiを参考にしたところ、英語表記では色名では無いということが発覚しました。数も少なく使用頻度も少ないので、そのまま英語表記を採用しています。

 

ジムバッジに関しては、すべて取得するメソッドと、セット(trueに変更)するメソッド、指定のバッジを持っているかどうかを確認するメソッドの3つを作成しています。

 

名前の設定

では、引数で追加した名前の設定についてです。

プレイヤー名は1度決定すれば変更することができません。なので、最初のポケモンを選ぶ初期画面でのみ、名前の入力ができるようにしておきましょう。

 

初期画面(/Resources/Pages/Initial.php
<?php
$root_path = __DIR__.'/../..';
require_once($root_path.'/Resources/Partials/Layouts/Head/initial.php');
?>
<!DOCTYPE html>
<html lang="jp" dir="ltr">
<head>
    <?php
    # metaの読み込み
    include($root_path.'/Resources/Partials/Layouts/Head/meta.php');
    # cssの読み込み
    include($root_path.'/Resources/Partials/Layouts/Head/css.php');
    ?>
</head>
<body>
    <?php
    # headerの読み込み
    include($root_path.'/Resources/Partials/Layouts/Head/header.php');
    ?>
    <main>
        <div class="container">
            <section>
                <div class="row">
                    <div class="col-4 text-center">
                        <img src="/Assets/img/player/red/large/front.gif" alt="トレーナー">
                    </div>
                    <div class="col-8">
                        <div class="input-group input-group-sm mb-3">
                            <div class="input-group-prepend">
                                <span class="input-group-text" id="name-addon">名前</span>
                            </div>
                            <input type="text" id="player-name" class="form-control" aria-label="名前" placeholder="5文字以内" aria-describedby="name-addon" value="レッド">
                        </div>
                    </div>
                </div>
            </section>
            <hr>
            <section>
                <h3 class="mb-3 h5">一緒に旅をするポケモンを選んでください</h3>
                <div class="row">
                    <?php foreach($controller->getPokemonList() as $key => $name): ?>
                        <div class="col-6 col-sm-3">
                            <figure class="first-pokemon">
                                <img src="/Assets/img/ball/monster_ball.png" alt="<?=$name?>" data-toggle="modal" data-target="#<?=$key?>-modal">
                            </figure>
                        </div>
                    <?php endforeach; ?>
                </div>
                <?php if($messages): ?>
                    <div class="row">
                        <?php foreach($messages as list($message)): ?>
                            <div class="col-12">
                                <p class="text-danger"><?=$message?></p>
                            </div>
                        <?php endforeach; ?>
                    </div>
                <?php endif; ?>
            </section>
            <?php
            # お知らせ
            include($root_path.'/Resources/Partials/Common/notice.php');
            ?>
        </div>
    </main>
    <?php
    # footerの読み込み
    include($root_path.'/Resources/Partials/Layouts/Foot/footer.php');
    # モーダルの読み込み
    include($root_path.'/Resources/Partials/Initial/Modals/pokemon.php');
    # JSの読み込み
    include($root_path.'/Resources/Partials/Layouts/Foot/js.php');
    ?>
    <script src="/Assets/js/Initial/initial.js" type="text/javascript" defer></script>
</body>
</html>

 

 

初期値として「レッド」を設定しています。初代再現ということもあり、最大5文字の制限を設けました。

 

ただ、現状ではポケモン選択のフォームはモーダル内に個別で用意しているため、プレイヤー名は送ることができません

なので、こちらはjQueryを使って遠隔でフォームにセットします。

 

初期画面用js/Public/Assets/js/Initial/initial.js
/*----------------------------------------------------------
// 初期化する関数
----------------------------------------------------------*/
 
/**
* 技テーブルクリック時の関数
* @function click
* @return void
**/
var submitInit = function(){
    $('form').submit(function(){
        var name = $('#player-name').val();
        $(this).find('[name="name"]').val(name);
    });
}
 
/*----------------------------------------------------------
// 初期化
----------------------------------------------------------*/
jQuery(function($){
    submitInit();
});

 

上記の処理に合わせて、各ポケモン選択用フォーム内にnameinputhiddenタイプで用意しておけば、名前とポケモン番号を送信することができます。

 

次に、コントローラーの処理を見てみましょう。

 

初期画面用コントローラー(/App/Controllers/Initial/InitialController.php
/**
* アクションに合わせた分岐
* @return void
*/
private function branch()
{
    switch ($this->request('action') ?? '') {
        /**
        * ポケモンの選択
        */
        case 'select_pokemon':
        // トレーナー名の確認
        if(!$this->request('name')){
            setMessage('トレーナーの名前を入力してください');
            break;
        }
        if(mb_strlen($this->request('name') > 5)){
            setMessage('トレーナーの名前は5文字以内です');
            break;
        }
        // ポケモンを生成して引き継ぎデータをセッションに格納
        $class = $this->request('pokemon');
        // バリデーション
        if(!isset($this->pokemon_list[$class])){
            setMessage('選択されたポケモンは選ぶことが出来ません');
            break;
        }
        $pokemon = new $class(5);
        $pokemon->setPosition();
        // 親クラスでリダイレクト前にサニタイズして格納させる
        $this->party[] = $pokemon;
        $this->player = new Player($this->request('name'));
        // ホーム画面へ移管
        $_SESSION['__route'] = 'home';
        // 画面移管
        $this->redirect();
        break;
        /**
        * アクション未選択 or 実装されていないアクション
        */
        default:
        // 初期化
        $_SESSION = [];
        $_SESSION['__token'] = bin2hex(openssl_random_pseudo_bytes(32));
        break;
    }
}

 

名前を5文字以内でバリデーションにかけ、もし全ての条件をクリアすればプレイヤーのインスタンスを作成、ホーム画面へリダイレクトさせています。

 

ジムバッジの取得状況

ホーム画面のメニューからはプレイヤー情報が見られるようになっています。合わせて、ジムバッチの取得状況も見られるようにしておきたいので、こちらは前回作成したconfigを使って表示させていきましょう。

 

プレイヤー情報モーダル(/Resources/Partials/Home/Modales/player.php
<!-- Modal -->
<div class="modal fade" id="player-modal" tabindex="-1" role="dialog" aria-labelledby="player-modal-title" aria-hidden="true">
    <div class="modal-dialog modal-dialog-centered" role="document">
        <div class="modal-content">
            <div class="modal-header">
                <h5 class="modal-title" id="player-modal-title"><?=$player->getName()?></h5>
                <button type="button" class="close" data-dismiss="modal" aria-label="Close">
                    <span aria-hidden="true">×</span>
                </button>
            </div>
            <div class="modal-body">
                <div class="form-group row">
                    <label class="col-4 col-form-label font-weight-bolder">おこづかい</label>
                    <div class="col-8">
                        <p class="form-control-plaintext"><?=$player->getMoney()?>円</p>
                    </div>
                </div>
                <hr>
                <div class="row">
                    <?php foreach(config('gym') as $num => list($gym, $badge, $leader)): ?>
                        <div class="col-4 col-sm-3">
                            <h6>
                                <span class="badge badge-orange"><?=$num+1?></span>
                                <?=transJp($leader)?>
                            </h6>
                            <figure class="text-center">
                                <?php if($player->isBadge($badge)): ?>
                                    <img src="/Assets/img/badge/<?=$badge?>.png" alt="<?=$badge?>">
                                <?php else: ?>
                                    <i class="fas fa-minus text-secondary"></i>
                                <?php endif; ?>
                            </figure>
                        </div>
                    <?php endforeach; ?>
                </div>
            </div>
        </div>
    </div>
</div>

 

 

バッジの非表示と表示の2パターンです。現在はバッジを取得するためのイベントが実装されていなので、その変化を楽しむことはできませんが、ジム(トレーナーとの戦い)を実装すればこちらも楽しむことができます。順調に開発が進めばいずれは遊べる日が来るでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンでは「プレイヤー情報の実装方法」をご紹介しました。

プログラミング学習に取り組んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

注目の記事

捕獲処理実装編 PHPポケモン 80
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
捕獲処理実装編 PHPポケモン 80

捕獲処理の作成 前回モンスターボールのクラスを作成したので、今回は捕獲判定までの一連の処理を仕上げていきます。サービス自体は他のアイテムと一緒にするためItemServiceを呼び出し、その中で使用されたアイテムを判断して分岐を作ります。   バトル中のアイテムサービス(/App/Services/Battle/ItemService.ph...

HTMLの基本設計「よくわかるSEO対策」構造化(マークアップ)編
SEO対策
HTML,SEO,マークアップ
HTMLの基本設計「よくわかるSEO対策」構造化(マークアップ)編

  HTML5がリリースされて随分経ちました。 それにより多くのタグが増え、それにより今までデザインを目的と使用されていたものが「構造化」という本来の役割を持たされるようになりました。    構造化は、目に見えにくい部分です   それぞれの役割を理解していなければ、せっかくきれいなサ...

レベニューシェアとは?利益報酬・共同事業に潜む罠
フリーランス
レベニューシェアとは?利益報酬・共同事業に潜む罠

  レベニューシェアという言葉を聞いたことがありますか?   ビジネスの世界にいる人なら、意味は知らなくてもやったことがある方が意外と多いはずです。特にフリーランスの人や、プログラミングやデザインといったスキルを持っている人はレベニューシェアでは重宝されるため多い傾向があります。ここ最近...

XserverにSequel ProでSSH接続する方法を4ステップでわかりやすく解説
ネットワーク
phpMyAdmin,Sequel Pro,SSH,Xserver,データベース,公開鍵,秘密鍵
XserverにSequel ProでSSH接続する方法を4ステップでわかりやすく解説

  AWSなどが注目される中、Xserver(エックスサーバー)は操作やセットアップが簡単で、ポートフォリオや業務、個人ブログ(WordPess)で使用している方に需要が高いサービスです。 そしてMacのPCを使っている方はデータベースの管理ツールとして、無料で使えるSequel Proが人気があり、多くのユーザーが使用し...

ポケモン預かりシステム編 PHPポケモン 85
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
ポケモン預かりシステム編 PHPポケモン 85

ポケモン預かりシステムとは ポケモンは手持ち(パーティー)に6匹しか入れることができません。そのため、ポケモンを捕まえた際にその上限に達していれば、ボックスへ転送するという仕組みをPHPポケモンでも実装していきます。これが、ポケモン預かりシステムです。 今回は前段階であるボックスの仕様決めをメイン...

独立するならWordPress理解しておけばOK!プログラミングでフリーランスはこれ一つで成り立ちます
プログラミング
PHP,WordPress,フリーランス,独立
独立するならWordPress理解しておけばOK!プログラミングでフリーランスはこれ一つで成り立ちます

  プログラミングでフリーランスを目指すには、どの言語始めればいいの?   プログラミングの学習を始めたのに、それをどう活かせばよいか分からず、いざフリーランスで活動しようと思ってもイメージできずに断念してしまう人は多いです。 言語にも向き不向きがあるため、フリーランスとして活動するために向...

アウトプットのための3つの習慣【3対7を成立させよう】
雑記
アウトプットのための3つの習慣【3対7を成立させよう】

  インプットとアウトプットの比率は3対7がベストだと言われています。 しかし、簡単にできるインプットに比べて、アウトプットは習慣化させておくことが大切です。それができていない人の多くが、膨大に本を読んだり学習に取り組んでも身につかず、趣味のレベルで終わってしまうのです。   今回は、そんな...

バトル状態のクラス化編 PHPポケモン 67
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
バトル状態のクラス化編 PHPポケモン 67

バトルの状態 PHPポケモンでも様々な技を再現してきましたが、まだまだ未実装のものはたくさんあります。そのほとんどがイレギュラー処理の必要なものだったりします。 それらをしっかりと解決していくためにも、今回は「バトル状態」をひとまとめに管理できるようにシステムの見直しを行います。   ひとまとめに...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力