プログラミング

放物線アニメーション編 PHPポケモン 81

PHP PHPポケモン ポケモン
放物線アニメーション編 PHPポケモン 81

ボールアニメーション

前回までに作成した捕獲判定処理を使って、ボールのアニメーションを作成します。

捕獲演出は以下の通りです。 

  1. 味方側から相手に向かってボールを投げる
  2. 相手ポケモンの前でボールを開く
  3. 捕獲判定で算出した揺れ回数分ボールを揺らす

 

捕まえた際は、ボールの揺れをストップさせて完了メッセージ、失敗時には再度ボールを開くという分岐を作ります。

それでは、必要な処理と素材について見ていきましょう。

 

ボールを開く

ボールを開くにもいろんな演出があります。今回は初代のボール使用時の演出に似せたgif画像を使用します。

3種類の大中小の丸を作成、大・中は破線にして3フレーム並べたgifアニメーションです。

相手ポケモンにボールがヒットした際にこのgif画像を表示、失敗時にも同じようにポケモンの上で再生することで、初代のような演出を再現していきます。

 

こちらは必要な際に自由に呼び出せるよう、ボールと同じくtemplateタグとして用意します。

 

effect用テンプレート(Resources/Partials/Layouts/Templates/template-effects.php
<template id="template-effect-ball">
    <img src="" alt="ボール" class="capture-ball">
</template>
<template id="template-effect-ball-open">
  <img src="/Assets/img/animation/ball/ball-open.gif" alt="ボール オープン" class="capture-ball open">
</template>

 

ボールには、レスポンスで返すパスを当てはめて使います。テンプレートとして用意するメリットとして、必要なタイミングでパーツを呼び出すことができ、コード自体の視認性も良くなるという点が挙げられます。

 

放物線を描く

モンスターボールを投げる軌道は放物線を描く必要があります。ボール自体はabsolute、バトルフィールドをrelativeでそれぞれポジション設定をしておき、ボールのtopとleftの値をキーフレームアニメーションで動かしていきます。

 

バトル画面用メッセージjs(/Public/Assets/js/Battle/message.js)
// ==============================================
// 捕獲処理 =====================================
/**
* @param integer
* @return Promise
**/
var doAnimateCapture = function (param){
    return new Promise ((resolve, reject) => {
        // ボール画像を取得
        var ball = $($('#template-effect-ball').html());
        ball.attr('src', param.src);
        $('#battle-field').prepend(ball);
        // キーフレームの用意
        var l = 25;
        var t = 15;
        var keyframes  = {
            name: 'throw-ball'
        };
        for (var i = 0; i <= 100; i++) {
            var left = l + (i / 2);                          // x座標
            var top = t + 100 ** ((100 - i + 1) / 100) / 2;  // y座標(累乗で山なりにする)
            var rotate = 3.6 * i * 1.5 - 180;                // 回転率
            var per = i + '%';
            keyframes[per] = {
                transform: 'translateY(-50%) translateX(-50%) rotate(' + rotate + 'deg)',
                left: left + '%',
                top: top + '%'
            };
            // 最後の基準Y値は、揺れ処理用に合わせて-100%にする
            if(i === 100){
                keyframes[per].transform = 'translateY(-100%) translateX(-50%) rotate(' + rotate + 'deg)';
            }
        }
        $.keyframe.define(keyframes);
        // ボールスローアニメーション
        ball.show();
        ball.playKeyframe({
            name: 'throw-ball',
            duration: '750ms',
            timingFunction: 'ease',
            delay: '0s',
            iterationCount: 1, // 繰り返し回数
            direction: 'normal',
            fillMode: 'forwards',
            complete: async function(){
                // ボールエフェクト
                ball.hide();
                $('#battle-field').append(
                    $($('#template-effect-ball-open').html())
                );
                await timer(500);
                // 相手ポケモンを非表示
                ball.show();
                $('img.capture-ball.open').hide();
                $('#enemy-pokemon-image').hide();
                // 揺れ演出
                await shakeBall(ball, param.shake);
                if(param.shake >= 4){
                    // 捕獲成功
                    resolve();
                }else{
                    // 捕獲失敗
                    // ボールエフェクト
                    ball.remove();
                    $('#battle-field').append(
                        $('#template-effect-ball-open').html()
                    );
                    // 相手ポケモンを表示
                    $('#enemy-pokemon-image').show();
                    await timer(500);
                    // 非表示
                    $('img.capture-ball.open').hide();
                    await timer(500);
                    resolve();
                }
            }
        });
    });
}

 

開始点がleft25%top65%の位置になります。放物線を描くためには、Y軸であるtop値がどんどん原則していくようにしなければならないため、回数に対して100―回数の100分の1の値を累乗、それを最終的な移動値(50)に変換するために割る2、を加算することで求めています。

※累乗でスピードの変化を算出できることはわかりましたが、無理やり式を作成して完成させた放物線式のため、もしもっときれいな計算式が組める人はぜひ挑戦してみてください。

また、ボールは投げられると回転しておくほうが自然のため、座標軸を中心においてrotateで1回転半させています。

  

ボールの揺れ

レスポンスでボールの揺れ回数を返却しているため、この値を使ってボールの揺れアニメーションを作成します。

/**
* 揺れアニメーション
* @param ball:element
* @param count:integer
* @return Promise
**/
var shakeBall = function(ball, count){
    return new Promise ((resolve, reject) => {
        $.keyframe.define({
            name: 'shake-ball',
            '0%': {
                transform: 'translateY(-100%) translateX(-50%) rotate(0deg)'
            },
            '30%': {
                transform: 'translateY(-100%) translateX(-50%) rotate(45deg)'
            },
            '60%': {
                transform: 'translateY(-100%) translateX(-50%) rotate(-45deg)'
            },
            '90%': {
                transform: 'translateY(-100%) translateX(-50%) rotate(0deg)'
            },
        });
        ball.playKeyframe({
            name: 'shake-ball',
            duration: '500ms',
            timingFunction: 'ease',
            delay: '500ms',
            iterationCount: count, // 繰り返し回数
            direction: 'normal',
            fillMode: 'forwards',
            complete: function(){
                setTimeout(function() {
                    resolve();
                }, 500);
            }
        });
    });
}

 

揺れを自然にするため、ボールの軸点は画像下中央として、45度ずつ左右へ揺らしています。もし回数が4回以上であれば捕獲完了だということが判定できるので、そのままアニメーションを終了、3回以下であればボールを再度開いてポケモンを再表示させています。

 

それでは、捕獲アニメーション一連の流れを見てみましょう。

 

失敗、成功どちらも正常に表示されました。細かなアニメーション演出には修正が必要ですが、大本はこれで完成です。

  

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンではボール使用時の演出をご紹介しました。

プログラミングやゲームづくりに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

注目の記事

PHPポケモン「タイプ実装編」15
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「タイプ実装編」15

ポケモンのタイプについて  2020年剣盾シリーズでのポケモンでは、全18タイプが実装されています。初代では15タイプ(あく、はがね、フェアリーを除く)からスタートして、たった3つのタイプしか増えていない、と感じる方もいるかも知れませんが、この追加に関してもバトルの歴史を大きく動かしてきたのです...

トークン認証とサニタイズ編 PHPポケモン 38 コード配布あり
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
トークン認証とサニタイズ編 PHPポケモン 38 コード配布あり

構成の見直し PHPポケモンも38回となり、大分作り込みが出来てきました。ここ最近はコードの説明ばかりでデモページなども準備出来ていませんでしたが、それには內部側の問題点が多かったためです。今回はその辺りをキレイに解決できるよう、本格的な構成の見直しをします。   ちなみにですが、どれぐらいの見直...

PHPポケモン「野生ポケモン遭遇編」18
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「野生ポケモン遭遇編」18

  PHPポケモンが第18回にしていよいよバトルの第一歩、野生ポケモンとの遭遇編に突入です。 新しいコントローラーの作成と、バトル画面の作成、そしてポケモンデータの受け渡しなどを中心にご紹介します。   バトル画面の実装  ポケモンのゲームでも、野生ポケモンが現れるとバトル画面へ移管し...

へんしん編 PHPポケモン 74
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
へんしん編 PHPポケモン 74

へんしんとは 今回はサムネイルに合わせて、特別技の1つ「へんしん」を実装します。  へんしん https://wiki.ポケモン.com/wiki/へんしん   へんしんを使うことで、相手ポケモンをコピーすることができますが、その全てをコピーするわけではありません。コピーできる項目とそうでない項目は以下の通りで...

ポケモンセンター編 PHPポケモン 37
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
ポケモンセンター編 PHPポケモン 37

ポケモンセンター  バトルシステムを作る関係上、どうしてもダメージを受けることが多くなってきたので、そろそろポケモンセンターを建設(作成)します。 とは言っても、ポケモンセンターに行って交換やらボックス整理などができるわけではなく、ただ回復ポイントを設置するだけの簡単な処理です。   HPの回復 ...

PHPポケモン「バトルシステム実装編〜ダメージ計算〜」20
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「バトルシステム実装編〜ダメージ計算〜」20

バトルシステムの実装  今回はバトルシステムの中でもメインとなるダメージ計算と、命中判定の部分を実装していきます。   ダメージ計算  ポケモンのダメージ計算は初代から現在までそこまで大きな変化はありません。最新世代ではダメージに関係する要素(アイテム等)が多く、それにより補正値の修正はあります...

ビジュアル作り込み編(序) PHPポケモン66
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
ビジュアル作り込み編(序) PHPポケモン66

ビジュアルの作り込み 最近は内部の作り込みが多かったので、今回のPHPポケモンでは見た目を少しだけ作り込んでいきます。とはいっても、機能自体がそこまで揃っていないため、あくまで仮の見た目となります。 ある程度見た目が整っていると、プレイする側のモチベーションや楽しみも増えると思ったので、こちらは並...

フリーランス必見!良質案件を獲得するための3つのプロセス
フリーランス
フリーランス必見!良質案件を獲得するための3つのプロセス

  「良い案件に巡り会えない」 「なかなか仕事が受注できない」   駆け出しフリーランスや、これから独立しようと考えている人が直面する大きな悩みの1つですね。 ですが、意外にも自分でその案件自体を制限していたり、良質だった案件を自らで質を下げてしまっているというケースは少なくありません。...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach fortify function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jetstream jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 認証 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力