プログラミング

放物線アニメーション編 PHPポケモン 81

PHP PHPポケモン ポケモン
放物線アニメーション編 PHPポケモン 81

ボールアニメーション

前回までに作成した捕獲判定処理を使って、ボールのアニメーションを作成します。

捕獲演出は以下の通りです。 

  1. 味方側から相手に向かってボールを投げる
  2. 相手ポケモンの前でボールを開く
  3. 捕獲判定で算出した揺れ回数分ボールを揺らす

 

捕まえた際は、ボールの揺れをストップさせて完了メッセージ、失敗時には再度ボールを開くという分岐を作ります。

それでは、必要な処理と素材について見ていきましょう。

 

ボールを開く

ボールを開くにもいろんな演出があります。今回は初代のボール使用時の演出に似せたgif画像を使用します。

3種類の大中小の丸を作成、大・中は破線にして3フレーム並べたgifアニメーションです。

相手ポケモンにボールがヒットした際にこのgif画像を表示、失敗時にも同じようにポケモンの上で再生することで、初代のような演出を再現していきます。

 

こちらは必要な際に自由に呼び出せるよう、ボールと同じくtemplateタグとして用意します。

 

effect用テンプレート(Resources/Partials/Layouts/Templates/template-effects.php
<template id="template-effect-ball">
    <img src="" alt="ボール" class="capture-ball">
</template>
<template id="template-effect-ball-open">
  <img src="/Assets/img/animation/ball/ball-open.gif" alt="ボール オープン" class="capture-ball open">
</template>

 

ボールには、レスポンスで返すパスを当てはめて使います。テンプレートとして用意するメリットとして、必要なタイミングでパーツを呼び出すことができ、コード自体の視認性も良くなるという点が挙げられます。

 

放物線を描く

モンスターボールを投げる軌道は放物線を描く必要があります。ボール自体はabsolute、バトルフィールドをrelativeでそれぞれポジション設定をしておき、ボールのtopとleftの値をキーフレームアニメーションで動かしていきます。

 

バトル画面用メッセージjs(/Public/Assets/js/Battle/message.js)
// ==============================================
// 捕獲処理 =====================================
/**
* @param integer
* @return Promise
**/
var doAnimateCapture = function (param){
    return new Promise ((resolve, reject) => {
        // ボール画像を取得
        var ball = $($('#template-effect-ball').html());
        ball.attr('src', param.src);
        $('#battle-field').prepend(ball);
        // キーフレームの用意
        var l = 25;
        var t = 15;
        var keyframes  = {
            name: 'throw-ball'
        };
        for (var i = 0; i <= 100; i++) {
            var left = l + (i / 2);                          // x座標
            var top = t + 100 ** ((100 - i + 1) / 100) / 2;  // y座標(累乗で山なりにする)
            var rotate = 3.6 * i * 1.5 - 180;                // 回転率
            var per = i + '%';
            keyframes[per] = {
                transform: 'translateY(-50%) translateX(-50%) rotate(' + rotate + 'deg)',
                left: left + '%',
                top: top + '%'
            };
            // 最後の基準Y値は、揺れ処理用に合わせて-100%にする
            if(i === 100){
                keyframes[per].transform = 'translateY(-100%) translateX(-50%) rotate(' + rotate + 'deg)';
            }
        }
        $.keyframe.define(keyframes);
        // ボールスローアニメーション
        ball.show();
        ball.playKeyframe({
            name: 'throw-ball',
            duration: '750ms',
            timingFunction: 'ease',
            delay: '0s',
            iterationCount: 1, // 繰り返し回数
            direction: 'normal',
            fillMode: 'forwards',
            complete: async function(){
                // ボールエフェクト
                ball.hide();
                $('#battle-field').append(
                    $($('#template-effect-ball-open').html())
                );
                await timer(500);
                // 相手ポケモンを非表示
                ball.show();
                $('img.capture-ball.open').hide();
                $('#enemy-pokemon-image').hide();
                // 揺れ演出
                await shakeBall(ball, param.shake);
                if(param.shake >= 4){
                    // 捕獲成功
                    resolve();
                }else{
                    // 捕獲失敗
                    // ボールエフェクト
                    ball.remove();
                    $('#battle-field').append(
                        $('#template-effect-ball-open').html()
                    );
                    // 相手ポケモンを表示
                    $('#enemy-pokemon-image').show();
                    await timer(500);
                    // 非表示
                    $('img.capture-ball.open').hide();
                    await timer(500);
                    resolve();
                }
            }
        });
    });
}

 

開始点がleft25%top65%の位置になります。放物線を描くためには、Y軸であるtop値がどんどん原則していくようにしなければならないため、回数に対して100―回数の100分の1の値を累乗、それを最終的な移動値(50)に変換するために割る2、を加算することで求めています。

※累乗でスピードの変化を算出できることはわかりましたが、無理やり式を作成して完成させた放物線式のため、もしもっときれいな計算式が組める人はぜひ挑戦してみてください。

また、ボールは投げられると回転しておくほうが自然のため、座標軸を中心においてrotateで1回転半させています。

  

ボールの揺れ

レスポンスでボールの揺れ回数を返却しているため、この値を使ってボールの揺れアニメーションを作成します。

/**
* 揺れアニメーション
* @param ball:element
* @param count:integer
* @return Promise
**/
var shakeBall = function(ball, count){
    return new Promise ((resolve, reject) => {
        $.keyframe.define({
            name: 'shake-ball',
            '0%': {
                transform: 'translateY(-100%) translateX(-50%) rotate(0deg)'
            },
            '30%': {
                transform: 'translateY(-100%) translateX(-50%) rotate(45deg)'
            },
            '60%': {
                transform: 'translateY(-100%) translateX(-50%) rotate(-45deg)'
            },
            '90%': {
                transform: 'translateY(-100%) translateX(-50%) rotate(0deg)'
            },
        });
        ball.playKeyframe({
            name: 'shake-ball',
            duration: '500ms',
            timingFunction: 'ease',
            delay: '500ms',
            iterationCount: count, // 繰り返し回数
            direction: 'normal',
            fillMode: 'forwards',
            complete: function(){
                setTimeout(function() {
                    resolve();
                }, 500);
            }
        });
    });
}

 

揺れを自然にするため、ボールの軸点は画像下中央として、45度ずつ左右へ揺らしています。もし回数が4回以上であれば捕獲完了だということが判定できるので、そのままアニメーションを終了、3回以下であればボールを再度開いてポケモンを再表示させています。

 

それでは、捕獲アニメーション一連の流れを見てみましょう。

 

失敗、成功どちらも正常に表示されました。細かなアニメーション演出には修正が必要ですが、大本はこれで完成です。

  

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンではボール使用時の演出をご紹介しました。

プログラミングやゲームづくりに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

注目の記事

PHPポケモン「タイプ実装編」15
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「タイプ実装編」15

ポケモンのタイプについて  2020年剣盾シリーズでのポケモンでは、全18タイプが実装されています。初代では15タイプ(あく、はがね、フェアリーを除く)からスタートして、たった3つのタイプしか増えていない、と感じる方もいるかも知れませんが、この追加に関してもバトルの歴史を大きく動かしてきたのです...

「発想と企画を量産する」第3回 朝活のまとめ
イベント
三宮,朝活,神戸
「発想と企画を量産する」第3回 朝活のまとめ

  第3回朝活を実施しました。   この記事では、その中で取り上げられた内容について具体的な考え方や内容をまとめていますので、ぜひ興味を持たれた方は次回朝活へお越しください。   今回の朝活のサブタイトルは「発想と企画を量産する」になります。      「話のネタが無い」は禁物   ブログで...

戦闘用アイテム編 プラスパワー PHPポケモン96
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
戦闘用アイテム編 プラスパワー PHPポケモン96

戦闘用アイテムとは バトル中に使用できるアイテムはいくつかありますが、その中でも「バトル専用」のアイテムがあります。それが戦闘用アイテムであり、主にドーピングと呼ばれるものです。 アイテムカテゴリとして、プレイヤー対象(スプレーなど)、敵ポケモン対象(ボール類)、味方対象(キズぐすり)の3つに...

get_template_partで引数を渡す方法(WordPress5.5以降)
プログラミング
PHP,WordPress
get_template_partで引数を渡す方法(WordPress5.5以降)

WordPress5.5へのバージョンアップで、大きく機能が追加されました。中には変更に戸惑っている人もいるかも知れませんが、個人的にはエンジニアの要望を大きく取り入れて自由度がアップした印象があります。 今回はその中でも、多くの方が待ち望んでいた「get_template_part」の変更点についてご紹介します。 ge...

引き継ぎ考慮のメッセージID重複回避編 PHPポケモン 58
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
引き継ぎ考慮のメッセージID重複回避編 PHPポケモン 58

今回のPHPポケモンでは内部の作り込みをしていきます。見た目への反映は無いので、プレイを楽しみにしている人や、ポケモンが好きで毎日チェックしてくれているような人は、ブラウザをバックしてもらって問題ありません。   それでは、前々回辺りから保留にしていた「メッセージIDに重複回避対策」についてです。 &...

定数と静的変数 ピカチュウとイーブイで学ぶオブジェクト指向
プログラミング
PHP,PHPポケモン,イーブイ,オブジェクト指向,ピカチュウ,ポケモン
定数と静的変数 ピカチュウとイーブイで学ぶオブジェクト指向

PHPポケモンも順調に開発が進んでいると思いきや、ふとした気づきが自分の理解力を思い知らせることとなった今日このごろです。 プログラミングは奥が深く、しっかりと段階を追って理解を進めていけば、「これ・・・便利やんけ!」ってなることがかなり多いということがわかります。   それでは、かの有名な黄色い...

捕獲処理実装編 PHPポケモン 80
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
捕獲処理実装編 PHPポケモン 80

捕獲処理の作成 前回モンスターボールのクラスを作成したので、今回は捕獲判定までの一連の処理を仕上げていきます。サービス自体は他のアイテムと一緒にするためItemServiceを呼び出し、その中で使用されたアイテムを判断して分岐を作ります。   バトル中のアイテムサービス(/App/Services/Battle/ItemService.ph...

いかり編 PHPポケモン 42
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
いかり編 PHPポケモン 42

いかり(技)とは 2020年10月段階での最新シリーズである「ソード・シールド」では、今まであった技が使用不可能になっているものが数多くあります。その1つが「いかり」という技です。 いかり(ポケモンwiki) https://wiki.ポケモン.com/wiki/いかり   使えなくなっている技の中には、世代を経...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力