プログラミング

パーティーの並び替え編 PHPポケモン 82

PHP PHPポケモン ポケモン
パーティーの並び替え編 PHPポケモン 82

パーティーの並び替え

ポケモンをバトルに選出する際に欠かせないのが「パーティーの並び替え」です。パーティーの先頭(ひんし状態でない)がポケモンでは自動的に選択されるため、戦闘前に並び替えをしておく必要があります。

ゲーム上では簡単に見える処理ですが、これがPHPで行うとなれば少し厄介な問題が出てきます。なので、PHPポケモン独自の仕様で組み上げていきます。

 

sortableの活用

並び替えの方法については、直感的に行えるようにjQuery UIのプラグイン、sortableを使用します。

sortablejQuery UI

 

これは、並び替えしたい要素を囲っている要素を指定することで、ドラッグすることで自由に並び替えすることができるようになります。要素を判別するために、パーティーのモーダルにdata属性を付与しましょう。

 

パーティーモーダル(/Resources/Partials/Common/Modals/Party/party.php
<div class="modal-body py-0" data-list="party">
    <?php foreach(player()->getParty() as $order => $party): ?>
        <div class="row py-2 bg-hover-light" data-toggle="modal" data-dubble_modal="true" data-target="#pokemon<?=$order?>-details-modal" data-order="<?=$order?>">
            <div class="col-3 text-center">
                <img src="/Assets/img/pokemon/dots/mini/<?=get_class($party)?>.gif" alt="<?=$party->getName()?>">
            </div>
            <div class="col-9">
                <div class="row">
                    <div class="col-12">
                        <?=$party->getNickname()?>
                    </div>
                </div>
                <div class="row">
                    <div class="col-10">
                        <div class="progress" style="height:4px;">
                            <div class="progress-bar bg-<?=$party->getRemainingHp('color')?>"
                                role="progressbar"
                                style="width:<?=$party->getRemainingHp('per')?>%;"
                                aria-valuenow="<?=$party->getRemainingHp()?>"
                                aria-valuemin="0"
                                aria-valuemax="<?=$party->getStats('HP')?>">
                            </div>
                        </div>
                    </div>
                </div>
                <div class="row">
                    <div class="col-8">
                        <?=$party->getRemainingHp()?> / <?=$party->getStats('HP')?>
                    </div>
                    <div class="col-4">
                        Lv.<?=$party->getLevel()?>
                    </div>
                </div>
            </div>
        </div>
    <?php endforeach; ?>
</div>
<?php # フッター(ホーム画面のみ) ?>
<?php if(getPageName() === 'home'): ?>
    <div class="modal-footer">
        <form id="party-order-sort-form" method="post">
            <input type="hidden" name="action" value="sort_party">
            <input type="hidden" name="orders" value=''>
            <?php input_token(); ?>
            <button type="submit" class="btn btn-sm btn-secondary" disabled>並び替え</button>
        </form>
    </div>
<?php endif; ?>

 

ポケモンの行を囲っている要素に対してdata-list=”party”を付与して、行に対してはdata-orderにそれぞれのポケモン番号を持たせました。data-listについては、クラスやIDを使って判別しても構いません。

 

並び替えただけでは、セッション内の並び順までは変更できません。なので、変更をした際には並び替え確定用のsubmitを有効化させ、送信処理がされて初めて並び替えを確定させます。

※並び替えと同時に更新するのが理想ですが、そうなると更新後に再度モーダルを開いた状態を作らなければなりません。ajaxなどを使用する方法もありますが、今回は最終的に確定させるという仕様で組み上げていきます

 

次に、sortableの起動から送信までの処理を行うjsについてです。

 

パーティーモーダル用JS/Public/Assets/js/Home/party.js
/*----------------------------------------------------------
// 初期化する関数
----------------------------------------------------------*/
/**
* パーティーの並び替え
* @function sortable
* @return void
**/
var sortPartyInit = function(){
    $('[data-list="party"]').sortable({
        // 並び替え完了後に並び替えボタンを有効家
        update: function(){
            var submit = $('form#party-order-sort-form button[type="submit"]');
            submit.prop('disabled', false)
            .removeClass('btn-secondary')
            .addClass('btn-primary');
        }
    });
}
 
/**
* パーティーの並び替え情報を送信
* @function submit
* @return void
**/
var submitPartyOrderSortInit = function(){
    $('form#party-order-sort-form').submit(function(){
        // 並び順を配列で取得
        var orders = [];
        $('[data-list="party"] > .row[data-order]').each(function(){
            orders.push(
                $(this).data('order')
            );
        });
        // 並び順配列のJSONをセット
        $(this).find('[name="orders"]')
        .val(
            JSON.stringify(orders)
        );
    });
}
 
/*----------------------------------------------------------
// 初期化
----------------------------------------------------------*/
jQuery(function($){
    sortPartyInit();
    submitPartyOrderSortInit();
});

 

まず、data-list=”party”に対してsortableを起動、updateのコールバック関数として、変更後には並び替えボタンを有効化させました。

 

並び替えの送信ボタンが押された際には、ポケモンの行にセットしたポケモン番号を上から順番に配列へ格納していき、json形式でpostしています。

これで、フロント側の処理は完成です。

 

並び替え処理

次に、配列内の要素の並び替えについてです。新しくSortPartyServiceを作成し、ホームコントローラー内の分岐に追加しましょう。

 

パーティーの並び替え(/App/Services/Home/SortPartyService.php
<?php
$root_path = __DIR__.'/../../..';
// 親クラス
require_once($root_path.'/App/Services/Service.php');
 
/**
* パーティーの並び替え
*/
class SortPartyService extends Service
{
 
    /**
    * @return void
    */
    public function __construct()
    {
        //
    }
 
    /**
    * @return void
    */
    public function execute()
    {
        // 並び替え処理
        $this->sortOrders();
    }
 
    /**
    * パーティーの並び替え
    * @return void
    */
    private function sortOrders(): void
    {
        // 送られてきた並び順を一意にする
        $orders = array_unique(
            json_decode(request('orders'))
        );
        // 並び替えの実行
        if(player()->sortParty($orders)){
            setMessage('ポケモンの並び替えをしました');
        }else{
            setMessage('並び替えに失敗しました');
        }
    }
 
}

もし、並び順が直接入力された場合、ポケモンのデータが消えてしまったり、増えてしまう可能性があります。それを防ぐためにも、まずは並び順の重複回避としてarray_uniqueを使って送信された値をチェックしています。

 

並び替え処理自体は、partyプロパティそのものを置き換えることになるので、プレイヤークラス内で行います。

 

パーティー操作用トレイト(/App/Traits/Class/Player/ClassPlayerPartyTrait.php
/**
* パーティーの並び替え
* @param orders:array
* @return boolean
*/
public function sortParty($orders): bool
{
    // 並び順と現在のポケモン番号を比較
    if(
        array_diff(array_keys($this->party), $orders) ||   # 差分チェック
        count($this->party) !== count($orders)              # 数チェック
    ){
        return false;
    }
    // 並び替え後のパーティーを生成
    $this->party = array_map(function($order){
        return $this->party[$order];
    }, $orders);
    // 結果を返却
    return true;
}

 

もし引数で受け取った並び順の配列が、パーティーより少なければ、含まれていない番号のポケモンは消失してしまいます。それを避けるためにも、まずarray_diffでパーティーの添字と並び替え番号の差分を取得します。ここでもし、添字の番号が並び替え番号に含まれていないものがあれば、配列として抽出されるので、並び替えが中止されます。

 

次に、ポケモンの増加を避けるための処理として、並び数の要素数を比較しています。

パーティーに3匹(0,,2)に対して、並び順(0,,,3)が投げられると、一回のarray_diffでは検出できません。なので、要素数を比較することで回避しています。もし事前にarray_uniqueが行われていなかったとしても、この2重フィルターで回避することができます。

 

肝心な並び替えの処理自体は、並び順に対してarray_mapを使用して、新しく作成された配列をpartyへセットすることで、並び替えをしています。

 

それでは、実際の動きを見てみましょう。

 

sortableによる並び替え順が反映されていることがわかりますね。

これで、パーティーの並び替え処理は完成です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンでは「パーティーの並び替え処理」についてご紹介しました。

sortableはいろいろな場面で活躍するので、ぜひwebアプリケーションを作る際には参考にしてみてくださいね。

 

注目の記事

パーティー実装編 戦闘に参加するポケモン PHPポケモン64
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
パーティー実装編 戦闘に参加するポケモン PHPポケモン64

先頭のポケモンを選出 前回パーティーのプロパティを準備して、複数(6匹)のポケモンを持ち歩けるようにすることを想定しました。 今回は、そこからバトル画面への連動をさせる部分までを作り込んでいきましょう。   複数のポケモンを所有している場合、戦闘が始まって繰り出されるのは「ひんし状態を除く一番上...

食に関する考察 自炊と節約は成立するのか?
雑記
食に関する考察 自炊と節約は成立するのか?

スキル関係の記事が多めの当ブログですが、今回は「食」をテーマに触れていきます。突き詰めていけば食も立派なスキルであり、奥が深いものです。更に、生活の基盤となるため多くの人がこの問題に直面することであり、健康とも直結するため仕事などにおけるパフォーマンスにも大きく関係します。   これから一人暮ら...

PHPポケモン「レスポンス機能編」メッセージの返却 12
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「レスポンス機能編」メッセージの返却 12

  第12回PHPポケモンは「レスポンス機能編」です。 メッセージやデータのやり取り部分を、よりシステム風に作成していきます。   第1回はコチラ   レスポンス(Response)の実装  今までは結果(メッセージ等)はechoを使って出力していましたが処理が行われたタイミングで出力されてしまうため...

ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜進化編〜 7
プログラミング
PHP,PHPポケモン,オブジェクト指向,ポケモン
ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜進化編〜 7

  ※前回(第6回)で意味不明な場所に空変数が入っており、ステータスが一部しか出力できないという問題がありました。修正しています。犯人は「$stats = [];」です。(GetTrait.php)   今回はポケモンのゲームでは欠かせない、楽しみの一つとなる「進化システム」を導入していきます。これからPHPポ...

売れるECサイトになるために必要な3つの戦略
マーケティング
ECショップ,コンサルティング
売れるECサイトになるために必要な3つの戦略

  ECサイトで全く売れない・・・   ネットショップのオープンが手軽で安価になり、クレジット決済も主流の今ECサイトを立ち上げるお店も増えてきました。 しかし期待感とは裏腹に、思ったような売上が出なかったり、お客さんが1人も獲得できていないケースも少なくありません。   今回はそういった「...

データ軽量化編 β版へ向けて  PHPポケモン 90
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
データ軽量化編 β版へ向けて PHPポケモン 90

β版の実装に向けて 大型アップデートにより、ある程度機能改善や実装箇所も増えてきましたが、それと同時に次の段階への移行が本格的に見えてきました。それがβ版です。   PHPポケモンは2020年12月現在α版となっており、完全な試作段階のWEBアプリケーションです。セーブ機能はなく、セッションの有効期...

【Laravel】論理削除対応型existsバリデーションの実装方法
プログラミング
Laravel,PHP
【Laravel】論理削除対応型existsバリデーションの実装方法

  Laravelでは多くのバリデーションが提供されていますが、論理削除を使用している場合はそのままでは使えないものが複数あります。 今回は紐付けをする際に存在チェックで使用するexistsのソフトデリート対応のバリデーションを実装する方法をご紹介します。     カスタムバリデーションの追加   存...

短期間でライティングスキルを高める虎の巻!7日間集中トレーニング法
ライティング
ブロガー,ブログ
短期間でライティングスキルを高める虎の巻!7日間集中トレーニング法

  毎日のんびり続けていると、気づけば結果につながっている   そんな幸せな理想を多くの人は抱いてしまいますが、そう甘いものではありません。ブログ収益化などコンテンツ配信業におけるライティングスキルを高めるためにも、夏合宿のような集中トレーニング法が存在し、一定期間で本格的な結果を求める...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力