賢い集客でボロ儲け!?仕事や案件に困らない基本戦略・3選
2020年7月14日 (最終更新日:2020/7/14 20:22)

賢い集客でボロ儲け!?仕事や案件に困らない基本戦略・3選

 

「仕事はどうすればもらえるの?」

「集客って何すればいいかわからない」

「告知ってどんな媒体をどう使えばいいの?」

 

フリーランスで仕事の取り方がわからず苦戦している人や、サービスや商品は作ったものの集客の方法がわからず悩んでいる人のほとんどが、集客のテクニックばかりに目線がいってしまい、大きく見てどういった方法があるのかわかっていないことがあります。

引いて見れば以外にもできることは多く、その中で自分に合った方法が見つけられれば、一気に案件が増えたり、悪い状況を打破できるような突破口となる可能性もあるのです。

 

今回は、そんな悩みを抱えた方へ向けて「賢い集客でボロ儲け!?仕事や案件に困らない基本戦略・3選」をご紹介します。

 

 

自分で集める

 

最もお金がかからずコンバージョン率が高いのが、家族や知り合いへ話を持ちかけたり自らの足で訪問や営業活動をするという方法です。

より多くのターゲットを巻き込むという拡散力においては、最も効率悪く地道な作業ですが、ユーザーの選定が細かくできたり隠れたニーズへいち早く気付くこともできるというメリットがあるため、まだ右も左もわかっていないような状態であれば、ここからスタートを切ってみるのがリスクの回避にも繋がります。

 

 

仕事をアピールする

 

もし同窓会や友人の集まりなどがあれば、積極的に参加すべきです。最近、特に若い人に多い傾向として、それが仕事につながる可能性がないと判断したり、面倒だといって参加しないというケースは多いのですが、実はそんなことはありません。

確かに、本来仕事を目的としていない集まりで仕事色を濃く表せば逆に懸念されてしまいます。なので、仕事を取りに行くという感覚は一旦捨ててしまい、自分が現在何をしているのかをアピールすることに徹するのです。

 

案件がなく困っているフリーランスや、副業または本業で仕事がとれないと悩んでいる人は多くいますが、仕事を頼みたいと考えている人もそれと同等またはそれ以上に存在しています。それらが結びつかない最大の理由は、どんな仕事を抱えているのか、どんなことができるのかという互いのニーズが見えていないからです。

特に案件が欲しいと考えている立場であれば、出会いの場所や方法がどんな形であったとしても、自分がどういったことができるのかということは、より多くの人へ伝えなければなりません。そこでニーズが合致することで、始めて仕事の依頼へと繋がります。そのチャンスを逃さないためにも、アピールすることは常日頃から心がけておかなければなりません

 

また、露骨なアピールは逆効果となってしまいますので、あくまでその場を楽しむことを主軸にしておくようにしましょう。何事も控えめ程度が、最も高い効果が得られるのです。

 

 

名刺本来の役割

 

常日頃から名刺を持ち歩いている方は、その本来の役割を考えてみてください。

バリバリの営業現場からフリーランスになった方や、現在社会人で営業をしている人からすれば、名刺を常に持ち歩いているということは最早当然のことかも知れません。

ですが、名刺そのものを常備していることに、実はあまり意味がありません

 

一歩自宅から出れば、どんな出会いが生まれるかわかりません。もし仕事の話へ発展すれば、そこで名刺を渡すかどうかで大きな分岐点となる可能性があるからです。

ですがこれは、名刺に連絡先が書いているからに過ぎません

翌日、出会った人に仕事を頼みたいと思ってもらえた場合、名刺を渡していれば連絡が来るかも知れませんし、名刺を振り返った時に業種が現在抱えている仕事の内容に一致すれば、声がかかる可能性もあります。但し、これは出会いそのものに良い印象があり、その人になら仕事を頼みたいと思ってもらえなければ起こり得ないのです。

 

もし名刺そのものに営業力があれば、高層ビルから業種と連絡先の書いたものをばら撒く方が効率が良いはずです。ですが、そんなことをしている人はいませんね。

あくまで、その人に対して好印象であったり、期待があってこそ仕事を頼むのです。なので、もし十分なアピールができなければ、名刺を渡すだけではプラスは生まれません。もし十分にアピールができていれば、名刺でなくても千切った紙に連絡先を書いて渡すだけでも仕事へと派生する可能性は十分にありますし、その場でLINEやメールアドレスを交換するといった別の手段をとっても良いでしょう。

 

名刺を意識的に持ち歩いていることは素晴らしいことです。もしできるのであれば心がけて置くほうがよいでしょう。ですが、本質が見抜けていなければ、それは全く意味がないということも理解しておかなければならないのです。

 

 

他人の力を借りる

 

マーケティングを極めれば、それだけでかなりの収益を上げることができます。もちろんそれだけ極めるのが難しい分野であるということと、時代の流れによって変化しており常に新たなノウハウを生み出し続けなければならないということでもあります。

 

そのため、自分の力だけであれば集客に限界があると感じた場合は、他人の力を借りるという方法も視野にいれてみると良いでしょう。

 

 

プロに任せる

 

マーケティングのプロを見極めるというのは非常に難しいことです。実績を残している人に頼むのがセオリーですが、その手法が古いものであれば、時代の流れについてこれておらずに効果が望めないということも考えられます

その業界で有名な人や、ここ最近に有名な実績を残している人へ頼めば良いと考えるかも知れませんが、基本的にはそれ相応の費用が発生すると考えておかなければなりません。

 

インフルエンサーと呼ばれるような人へ依頼するというのもそれなりに反響が得られるかも知れません。自分が提供する商品やサービスにより近い情報を発信している人が見つけられれば、それだけ高い効果を望めます。ただし、これもその道のプロということには変わりないので、それ相応の費用が発生します。

 

もちろん仲間や知り合いでグループを組み、担当を割り振って集客するという方法もあります。コストを最小限にするということを考えれば良いかも知れませんが、結果出すためにはそれなりに時間と労力がかかることを想定しておいた方が良いでしょう。ですが、成功すればそのノウハウも身につけることができるため、デメリットだけが先行するわけでもありません。

 

 

拡散しやすい取り組み

 

他人の力を借りるというのは、誰かを名指しして頼むという方法だけしかないわけではありません。他人の力を利用して拡散するという手段を使えば、費用やリスクを最小限に抑えながら集客へ繋げることができます

 

飲食店でInstagramQRコードを置いている店が増えましたね。これこそ他人の力を利用して拡散するという方法の代表的な一つです。人に直接頼むのではなく、あくまで満足感を与えて自発的に拡散するように誘導しているため、継続的にコストが発生しません。

但し、その人を抱え込むというリスクがない分バイアスがかかって拡散されてしまったり、悪評というマイナスイメージが広まるということは想定しておかなければなりません

 

飲食店であれば、インスタ映えと呼ばれるような拡散したくなるようなメニューの提供をしたり、意外性を付いたものやサービス、演出を取り入れたりしています。ブログやサイトであれば、良質なコンテンツを作ったり、最近のトレンドを取り入れることで別のサイト運営者やメディアに対するアピールをします。

どんな業界であっても、方法次第では拡散ポイントを作り出すことは可能でしょう。ですが、見栄えや意外性だけを突いて品質という中身が伴っていなければ、それをきっかけに崩れてしまいかねないため、安易な取り組みは命取りになります。

 

 

集まるところへ行く

 

短期的に爆発力を求めるのであれば、ニーズの集まるところへ行くという方法があります。これはオンライン上はもちろん、現実世界でも置き換えることができます。

 

 

SNSというたまり場

 

オンライン上でのユーザーが集まっている場所といえば、やはりSNSです。ですが、簡単に利用ができることと、ユーザー数が多すぎるという点で、ただ告知したり紹介するだけでは十分な反応は得られません

これには戦略が必要ということもありますが、それ以上に多くの人が理解できていないのは、大きな土俵で戦い過ぎているということです。

 

 

カテゴライズされた地点を探す

 

Facebookであれば、ただ自分の投稿として告知するだけでは拡散力は限られています。ですが、Facebookグループというそのテーマに対するユーザーが集まっているようなところへ出せば、何倍もの反響が得られます

Twitterであれば、そのままツイートをするのではなく、タグ付けによってターゲットから絞り込みされた際にヒットするような仕掛けが該当します。

 

もちろんこれらも、一般的に主流かつ多くの人が取り組んでいる方法ではありますが、より細分化していくことで得られる反応は変わります。より潜在ユーザーがアクティブな場所へ投下すれば、それだけ大きな反響は得られますし、タグに関してもその頻度や競合を分析すればブルーオーシャンが見つかるかも知れません。

 

また、商品やサービスの内容によっては、それ専用のSNSが存在することがあります。私が現在行っているプロジェクトの1つでは言語学習のコンテンツを配信していますが、Twitterを使うよりも、言語学習用SNSで告知した方が明らかに反響が得られています。

このように、ニーズに沿ったサービスを見つけ出すことができれば、かなりのブーストがかかるのです。

 

一般的な方法の中にも、深くまで入っていけばカテゴライズされたポイントがありますし、ツールそのものが存在しているケースもあります自ら囲いを作って限られた中で戦わないという視点の切り替えこそが突破口になるでしょう。

 

 

セミナー・勉強会

 

SNSというたまり場ではデジタルの数値を集めることを中心にご紹介しましたので、最後は現実世界での案件や仕事につながるケースを例にご紹介します。

Zoomなどを用いたオンラインのものも増えてきましたが、やはりセミナーや勉強会といったイベントごとは上手く活用すべきです。

 

こういった集まりに参加する人の多くが、前向きに何かへ取り組みを検討しています。そのため、良いマッチングになれば仕事へ派生したり、こちらから何かを頼むという選択肢が生まれる可能性もでてきます。

「自分で集める」という項目でも説明しましたが、良いアプローチができなければただ名刺を配るだけの会になってしまいますので注意してください。

 

中にはこれを利用して保険営業をかけてきたりネットワークビジネスを持ちかけて来る人もいます。興味がなければ完全シャットアウトという方法も1つですが、その人たちが抱える人脈を利用するということもできるので、上手に立ち回れば芋づる式に仕事へと繋がることもあります。

 

 

ミニ自主イベント

 

「自分で集める」にも該当しますが、自らでイベントを開催して集まる場所を作るという方法もあります。

大金を投資して企画や場所を確保するのではなく、カフェなどで座談会といった小イベントをするぐらいであれば、ほとんどコストも掛かりませんし、リスクを抑えることができます。

休日の朝や仕事終わりの夜に集まって喋るということは、意外とニーズがあります。自分に興味のあることをテーマに話しても構いませんし、本をテーマに読書会を開催している方もいます。参加者ではなく主催者という立場であれば、より自分に発言力をもたせられるということがメリットです。

 

もちろん、これにも集客力がなければ開催しても人を集められないということになってしまいますが、コストをかけない方法でやればマーケティングのシミュレーションにもなって学びと実益を兼ねることができるため、興味があればぜひ取り組んでみてください。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は「賢い集客でボロ儲け!?仕事や案件に困らない基本戦略・3選」について集客・マーケティングについての基本的な視点やその方法についてご紹介しました。

現在集客で苦戦していたり、まず何をすれば良いかわからないといった人や、フリーランスで案件獲得に奮起している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Copyright © 2016-2020 YQUAL All Rights Reserved.