プログラミング

わざマシン編 忘れさせる技の選択 PHPポケモン106

PHP PHPポケモン ポケモン
わざマシン編 忘れさせる技の選択 PHPポケモン106

忘れさせる技の選択

わざマシンによる技習得処理を作成しましたが、既に覚えている技が4つあると、モーダルが表示されて選択をしても習得することができません。これは、技習得用のサービスがホーム画面には用意されていないからです。

なので今回は、わざマシンを使った際の技の入れ替え処理を実装していきましょう。

 

サービスの作成

では、技習得用のサービスを作成していきましょう。こちらはバトル画面や進化画面で使っている「LearmMoveService.php」とほとんど同じ内容になります。

 

技習得用サービス(/App/Services/Home/LearnMoveService.php
<?php
// 親クラス
require_once(app_path('Services').'Service.php');
 
/**
* 技の習得処理
*/
class LearnMoveService extends Service
{
 
    /**
    * @var array
    */
    protected $before_responses;
    protected $before_messages;
    protected $before_modals;
 
    /**
    * @param integer
    * @param before_response:array
    * @param before_messages:array
    * @param before_modals:array
    * @return void
    */
    public function __construct($before_responses, $before_messages, $before_modals)
    {
        $this->before_responses = unserializeObject($before_responses);
        $this->before_messages = $before_messages;
        $this->before_modals = unserializeObject($before_modals);
    }
 
    /**
    * @return void
    */
    public function execute()
    {
        // 技の置き換え
        $this->replaceMove();
        // レスポンスの引き継ぎ
        response()->setResponse(
            $this->getUntreatedResponses($this->before_responses)
        );
        // メッセージの引き継ぎ
        response()->setMessage(
            $this->getUntreatedResponses($this->before_messages, 'message')
        );
        // モーダルの引き継ぎ
        response()->setModal(
            $this->getUntreatedResponses($this->before_modals, 'modal'), true
        );
    }
 
    /**
    * 技の置き換え
    * @return void
    */
    private function replaceMove()
    {
        // 技を習得する対象のポケモンのIDを旧レスポンスから取得
        $pokemon = player()->getPartner(
            $this->before_responses[request('param.id')]['pokemon_id'], 'id'
        );
        // 忘れる技を取得
        $forget_move = $pokemon->getMove(request('param.forget'))['class'];
        // 覚えさせる技を旧レスポンスから取得
        $new_move = $this->before_responses[request('param.id')]['move'];
        // 技を覚えさせる
        $pokemon->setMove($new_move, request('param.forget'));
        // メッセージの返却
        response()->setMessage('1 2の ……ポカン!');
        response()->setMessage($pokemon->getNickname().'は、'.$forget_move::NAME.'の使い方をキレイに忘れた!そして......');
        response()->setMessage($pokemon->getNickname().'は新しく、'.$new_move::NAME.'を覚えた!');
    }
 
    /**
    * 未処理レスポンス・メッセージ・モーダルの引き継ぎ処理
    * @param response:array
    * @param param:string::response|message|modal
    * @return array
    */
    private function getUntreatedResponses(array $responses, string $param='response'): array
    {
        $cnt = 1;
        switch ($param) {
            /********
            * メッセージの引き継ぎ
            */
            case 'message':
            $key = array_search(
                request('param.id'),
                array_column($responses, 1), # メッセージIDの位置は1番目
                true
            );
            // 対象メッセージを含め3つ目までを削除
            $cnt = 3;
            break;
            /********
            * モーダルの引き継ぎ
            */
            case 'modal':
            $key = array_search(
                request('param.id'),
                array_column($responses, 0), # メッセージIDの位置は0番目
                true
            );
            break;
            /********
            * レスポンスの引き継ぎ
            */
            default:
            // メッセージIDのレスポンスが入った位置を取得
            $key = array_search(
                request('param.id'),
                array_keys($responses),
                true
            );
            break;
        }
        // 未処理だけを切り出して返却
        return array_splice($responses, $key + $cnt);
    }
 
}

 

内容はほぼ同じですが、新しくファイルを作成しました。サービスはコントローラーから分岐後の処理の根幹になるため、別コントローラー上では共通化をせずに作成しています。

ただ、処理によっては共通化できるものがあるので、それらは必要に応じてトレイトを作成してひとまとめにすると、管理が楽になります

 

ホーム画面ではポケモンの描画処理が必要ないため、現在のポケモンは特定する必要がありません。

では、技習得サービスへ分岐させるための分岐を、ホームコントローラーに追加しましょう。

 

ホームコントローラー(/App/Controllers/Home/HomeController.php
// ブランチメソッド内
/******************************************
* 技の習得
*/
case 'learn_move':
// サービス実行
$service = new LearnMoveService(
    $_SESSION['__data']['before_responses'],
    $_SESSION['__data']['before_messages'],
    $_SESSION['__data']['before_modals']
);
$service->execute();
break;

 

習得技とポケモン情報の取得 

技を習得させるポケモンや、忘れさせる技を特定するためには、post値を使用せずに旧レスポンスから値を取り出して使用しています。

こうすることで、ノードを直接変更して「フシギダネ」に「メガトンパンチ」などを覚えさせるなどの状態を回避しています。

 

では実際に作成したサービスを使って、技を4つ習得しているポケモンにわざマシンを使用してみましょう。

 

無事技の置き換えができましたね。

これでわざマシンの一連の流れが完成しました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンでは「わざマシンによる技選択」の方法についてご紹介しました。

プログラミングに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

注目の記事

PHPポケモン「バトルシステム編〜状態異常1〜」30
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「バトルシステム編〜状態異常1〜」30

状態異常チェック 今回は少し先延ばししていた状態異常判定を一部作成していきましょう。 状態異常では「行動前」と「行動後」に判定するものに分けることができます。 行動前 まひ、ねむり、こおり  行動後 どく、もうどく、やけど   まずは簡単な行動前から実装していきます。行動前に判...

PHPポケモン「バトルシステム実装編〜補正値計算・乱数・急所〜」21
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「バトルシステム実装編〜補正値計算・乱数・急所〜」21

バトルシステムの実装  今回は「急所」と「乱数」と「タイプ一致」の判定と補正を実装していきます。 ちなみにですが、ポケモンwikiを熟読したところ、補正値の計算にも順番があり、計算後に小数点の切り捨てや五捨五超入をするなど、そこそこ複雑な計算順序がありましたが、今回はそこまで精密に再現せず、補正値(...

フリーランスの仕事の取り方教えます!この3つを押さえておけばOKです【企業も応用可】
フリーランス
フリーランス,独立,起業
フリーランスの仕事の取り方教えます!この3つを押さえておけばOKです【企業も応用可】

  仕事ってどうやってとればいいの?   独立したい、起業したいと考えている人の多くが、仕事はどうやってとればいいのかと悩んで足踏みしています。 実は、基本的な3つのポイントさえ知っていれば、継続して仕事を受注することは簡単です。 今回は自分が実際にやっていることを例に「フリーランスなら...

プレイヤー情報作成編 PHPポケモン72
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
プレイヤー情報作成編 PHPポケモン72

プレイヤー情報の作成 少し前よりプレイヤーをホーム画面に表示させるようにしましたが、ただイメージとして配置しただけでプレイヤー情報自体は設定していませんでした。なので、今回はプレイヤーとして持たせる必要のある情報を作成していきましょう。   クラスの作成 初代ポケモンではプレイヤー情報として閲...

フリーランスなら心がけておきたい3つのルール【仕事と遊びは両立させろ】
フリーランス
フリーランス,独立
フリーランスなら心がけておきたい3つのルール【仕事と遊びは両立させろ】

  フリーランスになっても不安がいっぱい   会社というものに縛られないというのは楽なイメージがありますが、それ相応の不安がついてまわります。 その結果、会社員へと舞い戻ってしまうと再度そこから抜け出すことは非常に困難です。   今回は、現在活動している人や、これから独立しようとしている...

フィールド効果技編(しろいきり) PHPポケモン 50
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
フィールド効果技編(しろいきり) PHPポケモン 50

フィールド効果技とは ポケモンの技の中には、ポケモンに対して状態変化や異常を与えるもの以外に、フィールド自体に効果を持たせるものがいくつかあります。PHPポケモンでは未実装ですが、そういったフィールド効果技はポケモンを交代したとしても場に効果が残り続けます。  場の状態(ポケモンwiki) https:/...

【JavaScript】ESLint下でToastr(グローバル変数)を使用する方法
プログラミング
ESLint,JavaScript,jQuery,Toastr
【JavaScript】ESLint下でToastr(グローバル変数)を使用する方法

  ESLintはシステム全体で見れば便利なツールと言えますが、ライブラリなどを読み込む際に通常紹介されているような方法では使えなかったり、慣れていない人からするとどうしても躓くポイントが多くなるのも事実です。 ですが使いこなせるようになれば、開発がスムーズになることはもちろん、保守性やコードの...

フォームはもう古い?サイトのCVRを高くするチャットシステムとは
マーケティング
CVR,ECショップ
フォームはもう古い?サイトのCVRを高くするチャットシステムとは

  サイトのコンバージョン率を上げたい お問い合わせフォームから連絡が来ない   ちょっとWebサイトやネットショップを立ち上げても中々思うような結果につながらない時代になりました。数多くのサイトが出回っていることはもちろん、ユーザーの閲覧頻度が増えて目が肥えているというのも大きな理由の1...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力