プログラミング

わざマシン編 習得 PHPポケモン105

PHP PHPポケモン ポケモン
わざマシン編 習得 PHPポケモン105

わざマシンによる技習得

前回、わざマシンのアイテムクラスを作成したので、今回は実際に使用するまでの処理を作成していきます。

まずは、アイテムクラスに使用時の処理(effectsメソッド)を増設しましょう。

 

わざマシン01(/Classes/Item/ItemTM01.php
<?php
require_once(root_path('Classes').'Item.php');
 
/**
* わざマシン01
*/
class ItemTM01 extends Item
{
 
    /**
    * 正式名称
    * @var string
    */
    public const NAME = 'わざマシン01';
 
    /**
    * 説明文
    * @var string
    */
    public const DESCRIPTION = '';
 
    /**
    * カテゴリ
    * @var string::general|health|ball|important|machine
    */
    public const CATEGORY = 'machine';
 
    /**
    * 技(わざマシンのみ)
    * @var string
    */
    public const MOVE = 'MoveMegaPunch';
 
    /**
    * 最大所有数
    * @var integer
    */
    public const MAX = 1;
 
    /**
    * 買値
    * @var integer
    */
    public const BID_PRICE = 3000;
 
    /**
    * 売値
    * @var integer
    */
    public const SELL_PRICE = 1500;
 
    /**
    * 対象
    * @var string::friend|enemy|player|friend_battle
    */
    public const TARGET = 'friend';
 
    /**
    * 使用できるタイミング
    * @var array
    */
    public const TIMING = ['home'];
 
    /**
    * 使用できるポケモン
    * @var string
    */
    public const POKEMON = 'tm.MoveMegaPunch';
 
    /**
    * アイテム効果
    * @return object:Pokemon
    */
    public static function effects(Pokemon $pokemon)
    {
        // 使用不可
        if(!in_array(get_class($pokemon), static::getUsePokemon(), true)){
            return [
                'message' => $pokemon->getNickname().'は、'.static::NAME.'との相性が悪かった',
                'result' => false,
            ];
        }
        // 技を覚えさせる
        return [
            'result' => $pokemon->isLearnMachineMove(get_class()),
        ];
    }
 
}

 

引数で使用するポケモンを受け取り、対象ポケモンのリストに入っているかどうかをチェックしています。

もしリスト内に存在していなければ失敗、存在していればポケモンクラスのわざマシンによる習得メソッドを呼び出しています。この流れは全わざマシン共通となるので、わざマシン専用のメソッドを親クラスに用意しても良さそうです。

  

技マシンとの相性判定

では、技を習得させるためのisLearnMachineMoveメソッドを見てみましょう。

 

ポケモン用確認関係トレイト(/App/Traits/Class/Pokemon/ClassPokemonIsTrait.php
<?php
trait ClassPokemonIsTrait
{
 
    /**
    * 現在のレベルで覚えられる技があるか確認する処理
    * @return void
    */
    public function isLevelMove()
    {
        // レベルアップして覚えられる技があれば習得する
        $level_move_keys = array_keys(
            array_column(static::LEVEL_MOVE, 0),
            $this->level
        );
        foreach($level_move_keys as $key){
            $move = static::LEVEL_MOVE[$key][1];
            // 技習得処理
            $this->actionLearnMove($move);
        }
    }
 
    /**
    * 技マシンで覚えられるかどうかの確認処理
    * @param item:string
    * @return boolean
    */
    public function isLearnMachineMove(string $item): bool
    {
        // アイテムクラスの存在チェック
        if(
            !class_exists($item) ||
            $item::CATEGORY !== 'machine' ||
            !defined($item.'::MOVE') ||
            !class_exists($item::MOVE)
        ){
            return false;
        }
        // 技の習得処理
        return $this->actionLearnMove($item::MOVE);
    }

 

使用されたわざマシンが、本当に使えるかものかどうかを厳格にチェックして、もし不正なものであればfalse、有効なものであれば更に技習得メソッドへとつなぎました。

  

習得処理の呼び出し

技の習得処理は、isLevelMoveメソッドの中で行なっていた処理と同じになるため、処理を共通化させました。既存の処理をうまく活用しながら、機能拡張をしていきます。

 

ポケモン用アクション関係トレイト(/App/Traits/Class/Pokemon/ClassPokemonActionTrait.php
<?php
trait ClassPokemonActionTrait
{
 
    /**
    * 技習得処理
    * @param move:string
    * @return boolean
    */
    protected function actionLearnMove(string $move): bool
    {
        // 覚えようとしている技(クラス)が存在かつ重複していないか
        if(in_array($move, array_column($this->move, 'class'), true)){
            response()->setMessage($this->getNickname().'は、既に'.$move::NAME.'を覚えています');
            // 失敗
            return false;
        }
        // 習得処理
        if(count($this->move) < 4){
            /**
            * 技が4つ未満なら即習得
            */
            // 技クラスをセット
            $this->setMove($move);
            response()->setMessage($this->getNickname().'は、新しく'.$move::NAME.'を覚えた!');
        }else{
            /**
            * 技選択用モーダルの返却
            */
            // メッセージIDを生成
            $msg_id = response()->issueMsgId();
            // レベルアップメッセージ
            response()->setMessage($this->getNickname().'は、'.$move::NAME.'を覚えたい');
            response()->setMessage('しかし、技を4つ覚えるので精一杯だ');
            response()->setMessage($move::NAME.'の代わりに、他の技を忘れさせますか?', $msg_id);
            // レスポンスデータをセット
            response()->setResponse([
                'toggle' => 'modal',
                'target' => '#'.$msg_id.'-modal',
                'move' => $move,
                'pokemon_id' => $this->id
            ], $msg_id);
            // モーダル用のレスポンスをセット
            response()->setModal([
                'id' => $msg_id,
                'modal' => 'acquire-move',
                'new_move' => $move,
                'pokemon_id' => $this->id
            ]);
            // 諦めメッセージを事前に用意しておく
            response()->setMessage($this->getNickname().'は、'.$move::NAME.'を覚えるのを諦めた');
        }
        // 成功(確認状態も成功とみなす)
        return true;
    }
 
}

 

現在習得している技の中にあればfalse、覚えている技が4未満であれば新規に習得、既に4つ覚えていれば確認という3つの分岐を行なっています。

技習得チェックを通過すれば、trueを返しているため、そのまま返り値をアイテムクラスへ返却することで、アイテムの使用判定まで一貫することができます。

 

メッセージボックスの共通化

技習得の処理自体は呼び出せるようになったので、フロント画面の操作パネル(メッセージボックス)がホーム画面でも使用できるように共通化しましょう。

バトル画面専用、進化画面専用のパーツや不要なものもあるので、これらはgetPageName関数を使って判定しながら作成します。

 

メッセージボックス(/Resources/Partials/Common/message-box.php
<?php # data-controlsはバトル画面で不要 ?>
<div class="message-box border p-3" <?php if(getPageName() !== 'battle'): ?> data-controls="message-box" <?php endif; ?>>
    <?php # メッセージエリア ?>
    <?php foreach(response()->messages() as $key => list($msg, $status, $auto)): ?>
        <?php $class = $key === response()->getMessageFirstKey() ? 'active' : ''; ?>
        <?php $last_class = $key === response()->getMessageLastKey() ? 'last-message' : ''; ?>
        <p class="result-message <?=$class?> <?=$last_class?> <?=$status ?? ''?>"
            data-action='<?=response()->responses()[$status]['action'] ?? ''?>'
            data-target='<?=response()->responses()[$status]['target'] ?? ''?>'
            data-param='<?=response()->responses()[$status]['param'] ?? ''?>'
            data-toggle='<?=response()->responses()[$status]['toggle'] ?? ''?>'
            data-auto='<?=$auto ?? ''?>'>
            <?=$msg?>
        </p>
    <?php endforeach; ?>
    <i class="fas fa-hand-point-up fa-2x message-scroll-icon text-php-dark m-1"></i>
    <?php if(getPageName() === 'evolve'): ?>
        <button type="button" id="cancel-evolve" class="btn btn-sm btn-danger d-soft-none">
            進化させない
        </button>
    <?php endif; ?>
</div>

 

では実際に、わざマシン01を使用してみましょう。

 

ピカチュウがわざマシン01によってメガトンパンチを習得することができましたね。これで、技の習得処理は完成です。

  

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンでは「わざマシンを使った技習得」の実装方法をご紹介しました。

プログラミングやゲームづくりに興味がある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

注目の記事

【変数とは】初心者が最短でPHPを使えるようになるための実践的な学び方
プログラミング
HTML,PHP,プログラミング学習
【変数とは】初心者が最短でPHPを使えるようになるための実践的な学び方

  ※PHP初心者へ向けた内容となりますので、ある程度HTMLの知識がある方を対象とした内容になります。予めご了承ください。    Webプログラミングを学ぶ方はHTML、そしてCSSを学び、そしてJavascriptやPHPという順に学んでいくひとが多いでしょう。 私も実際に、似たような手順で学んでいきました。   ...

プレイヤーのグローバル化編 PHPポケモン 78
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
プレイヤーのグローバル化編 PHPポケモン 78

2日ほどwiki作成にいそいそと励んでいましたが、開発をお休みしていたわけではありません。追加機能を実装するに辺り、色々と改善点が挙がってきたので、このタイミングでしっかりと見直しをしました。   本格的なシステム開発では、最初に仕様書や設計書が作成され、それに沿って作成していくことになります...

状態異常演出編 PHPポケモン 62
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
状態異常演出編 PHPポケモン 62

状態異常の演出 今回は「状態異常」にかかった際の動的な変更、演出を実装していきます。 どく状態になれば、メッセージに合わせて「どく」を表記、まひ状態になれば、メッセージに合わせて「まひ」をセットするという単純なものです。   返り値の変更 それではまず、状態異常をセットしてメッセージを生成して...

【脱初心者向けプログラミング学習】処理を追え!「今、変数には何が入ってる?」
プログラミング
HTML,PHP,プログラミング学習
【脱初心者向けプログラミング学習】処理を追え!「今、変数には何が入ってる?」

  初心者から中々抜け出せない 1から処理をかけない   そんな悩みを抱えたプログラミング学習者に向けて、「脱初心者のためのプログラミング学習」についてPHPを例にまとめました。 やり方自体は同じですので、他の言語をメインとしている人は自分の環境に置き換えながら学習して、初心者から抜け出しましょ...

なぜ、お金を配るの?悪質メール・SNSを利用した詐欺的手法への対処法とは
ネットワーク
amazon,SNS,Twitter,お金配り,楽天,迷惑メール
なぜ、お金を配るの?悪質メール・SNSを利用した詐欺的手法への対処法とは

定期的に書きたくなるコラムのコーナー! 今回は、迷惑メールやSNSのDMを活用した悪質な勧誘、巷で流行っているお金配りを隠れ蓑のした巧妙な詐欺的手法などをいくつかご紹介、その対策・リクス回避の方法をまとめました。   まず結論からお伝えすると 「怪しいと思うなら手を出すな」 です。その詳細を知りたい...

SEが心がけるべき3つの習慣
プログラミング
Automator,JavaScript,エンジニア,システムエンジニア,プログラマー,プログラミング
SEが心がけるべき3つの習慣

  ネット社会、在宅ワークが主流になってきた今、SEという仕事に憧れを頂いている人は多くなりました。 単価の良さも、魅力の一つです。そして、技術が普及してきたことにあわせて、便利なソフトやアプリが簡単に手に入るようになり、一昔前と比べると技術の習得も容易になりました。   しかし、多くの人が...

人員配置計算機〜放課後等デイサービス・児童発達支援〜
プログラミング
JavaScript,児童デイ,児童発達支援,放課後等デイサービス,福祉,計算機
人員配置計算機〜放課後等デイサービス・児童発達支援〜

最近はずっとPHPポケモン開発にかかりっきりでしたが、そろそろ「役立つもの」を作りたくなったので、思いつきで作ってみました。 もちろん「汎用性」のあるものは、既に世の中に存在しているため、ありそうでなさそうなニッチなものを攻めてみます。   そんな中、今回挑んだのは「人員配置計算機」です。 ※実際に...

わざマシン編 習得 PHPポケモン105
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
わざマシン編 習得 PHPポケモン105

わざマシンによる技習得 前回、わざマシンのアイテムクラスを作成したので、今回は実際に使用するまでの処理を作成していきます。 まずは、アイテムクラスに使用時の処理(effectsメソッド)を増設しましょう。   わざマシン01(/Classes/Item/ItemTM01.php) <?php require_once(root_path('Classes').'...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力