Laravel7系でTraitのmakeコマンドを作成する方法
2020年7月19日 (最終更新日:2020/7/27 22:26)

Laravel7系でTraitのmakeコマンドを作成する方法

Laravel7がリリースされて、さっそくそれを使った開発の機会がやってきましたので、使用頻度の高いものをまとめていきたいと思います。

5系や6系の情報は多く出回っていますが、6系がLTSということもあって7系の情報は少なめですね。

 

今回は「Laravel7系でTraitのmakeコマンドを作成する方法」をご紹介します。

 

 

  

Traitジェネレーターの作成

 

Traitジェネレーターを作成するためには、以下の3ステップで行います。

  1. コマンドの準備
  2. テンプレート(.stub)の準備
  3. Traitの作成

 

では手順に沿って説明していきます。

 

 

コマンドの準備

 

コントローラーやリクエストと同じようにmakeコマンドでトレイトを作成するためには、トレイト用のmakeコマンドを作成しなければいけません。

まずはCommandクラスを用意するために、Laravelディレクトリで以下のコマンドを実行してください。

$ php artisan make:command TraitMakeCommand

 

これで、以下のディレクトリにTraitMakeCommand.phpが作成されます。

app/Console/Commands
<?php

namespace App\Console\Commands;

use Illuminate\Console\Command;

class TraitMakeCommand extends Command
{
    /**
     * The name and signature of the console command.
     *
     * @var string
     */
    protected $signature = 'command:name';

    /**
     * The console command description.
     *
     * @var string
     */
    protected $description = 'Command description';

    /**
     * Create a new command instance.
     *
     * @return void
     */
    public function __construct()
    {
        parent::__construct();
    }

    /**
     * Execute the console command.
     *
     * @return mixed
     */
    public function handle()
    {
        //
    }
}

 

コマンド実行直後のTraitMakeCommand.phpは上記のような内容になっていますので、以下のように書き換えてください

<?php

namespace App\Console\Commands;

use Illuminate\Console\GeneratorCommand as Command;

class TraitMakeCommand extends Command
{
              /**
              * The name and signature of the console command.
              *
              * @var string
              */
              protected $signature = 'make:trait {name}';

              /**
              * The console command description.
              *
              * @var string
              */
              protected $description = 'Create a new trait';

              /**
              * The type of class being generated.
              *
              * @var string
              */
              protected $type = 'Trait';

              /**
              * Get the stub file for the generator.
              *
              * @return string
              */
              protected function getStub()
              {
                            base_path('/stubs/trait.stub');
              }

              /**
              * Get the default namespace for the class.
              *
              * @param  string  $rootNamespace
              * @return string
              */
              protected function getDefaultNamespace($rootNamespace)
              {
                            return $rootNamespace.'\Traits';
              }
}

 ※Laravel5〜6系では$signatureに入れているコマンド名の{name}が不要だったのですが、こちらが抜けているとmake:traitを実行しても「The “name” argument does not exist.」のエラーを吐かれたので7系では追加しました

 

 

テンプレート(.stub)の準備

 

書き換えたTraitMakeCommand.php内に記述しているように、テンプレート(.stub)のファイルを以下のディレクトリへ用意します。

Laravelルート/stubs

※Laravel7系からはphp artisan stub:publishでRequestやControllerなど標準で搭載されているmakeコマンド用のstubがカスタムできるようになったため、その格納先と同じくLaravel直下のstubsディレクトリを保存先としています

 

trait.stubというファイル名で作成し、以下のように記述してください。

<?php

namespace {{ namespace }};

trait {{ class }}
{
    //
}

 

これでテンプレートファイルの準備は完了です。

 

 

Traitの作成

 

コマンドとテンプレートが準備できれば、正常にコマンドが登録されているか、listコマンドを使って確認してみてください。

$ php artisan list | grep make
make
  make:channel                    Create a new channel class
  make:command                    Create a new Artisan command
  make:controller                 Create a new controller class
  make:event                      Create a new event class
  make:exception                  Create a new custom exception class
  make:factory                    Create a new model factory
  make:job                        Create a new job class
  make:listener                   Create a new event listener class
  make:mail                       Create a new email class
  make:middleware                 Create a new middleware class
  make:migration                  Create a new migration file
  make:model                      Create a new Eloquent model class
  make:notification               Create a new notification class
  make:observer                   Create a new observer class
  make:policy                     Create a new policy class
  make:provider                   Create a new service provider class
  make:request                    Create a new form request class
  make:resource                   Create a new resource
  make:rule                       Create a new validation rule
  make:seeder                     Create a new seeder class
  make:test                       Create a new test class
  make:trait                       Create a new trait

 

最終行にmake:traitという記述があれば正常に作成されています

コマンドが作成されたら、make:traitを使ってトレイトを作成します。

$php artisan make:trait TestTrait

 

正常に終了すれば、TestTrait.phpが追加されているはずです。

app/Traits/TestTrait.php
<?php

namespace App\Traits;

trait TestTrait
{
    //
}

 

これでLaravel7系でトレイト用のmakeコマンドを作成することができました

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は「Laravel7系でTraitのmakeコマンドを作成する方法」をご紹介しました。

他にも自作でmakeコマンドを作成したい人は、同じやり方でできますので試してみてください。

 

Laravel7系の情報は5や6と比べるとまだまだ少ないですので、もしこれからLaravel7系を使った開発を考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

Copyright © 2016-2020 YQUAL All Rights Reserved.