プログラミング

SNS拡散力アップ!PHPでOG画像付きリッチURLを自作する方法【Curl → Opengraph】

PHP WordPress
SNS拡散力アップ!PHPでOG画像付きリッチURLを自作する方法【Curl → Opengraph】

 

ブログやHPにサイトのURLをただ貼り付けても、どんなページなのか一目でわからないのでなかなか思うようにアクセスに繋がりません

ですが、毎回のようにURL先の画像を準備したり、説明文を設定するのも大変ですし、ページタイトルや画像が差し替わってしまうことも考えられます。

 

今回はそういった手間を簡略化したいと考えている人へ向けて、URLからOG情報を取得してリッチURLを作成する方法をご紹介します。

 

 

ライブラリ「Opengraph」を読み込む

 

URLから取得したOG情報を配列へパースするために、今回はOpengraphというライブラリを使用します。

githubで配布されているので、以下URLよりダウンロードしてください。

 

 

 

ダウンロード後、src内にOpengraphというフォルダがあるので、こちらを導入したいサイトに設置します。

 

設置したら、必要ファイルを読み込むために以下のように記述してください。今回はOG画像付きURLを生成する関数を作成するので、その関数を作るPHPファイルへ記述します。

もしWordPressへ導入する場合はfunctions.phpへ記述することで使用できます。

 

<?php

require_once dirname( __FILE__ ).'/Opengraph/Meta.php';
require_once dirname( __FILE__ ).'/Opengraph/Opengraph.php';
require_once dirname( __FILE__ ).'/Opengraph/Reader.php';

?>

 dirname( __FILE__ )以降は、そのファイルから見たパスを記述してください

 

これでライブラリの準備は完了です。

 

 

URLからページ情報を取得

 

ページ情報を取得するために、URLを引数とした関数を作成します。 

<?php

require_once dirname( __FILE__ ).'/Opengraph/Meta.php';
require_once dirname( __FILE__ ).'/Opengraph/Opengraph.php';
require_once dirname( __FILE__ ).'/Opengraph/Reader.php';

function createOgLink($url){

         # curlを使用
         $option = [
                   CURLOPT_RETURNTRANSFER => true, //文字列として返す
                   CURLOPT_TIMEOUT        => 3, // タイムアウト時間
         ];

         $ch = curl_init($url);
         curl_setopt_array($ch, $option);

         $json    = curl_exec($ch);
         $info    = curl_getinfo($ch);
         $errorNo = curl_errno($ch);

         // OK以外はエラーなので空白配列を返す
         if ($errorNo !== CURLE_OK) {
                   // 詳しくエラーハンドリングしたい場合はerrorNoで確認
                   // タイムアウトの場合はCURLE_OPERATION_TIMEDOUT
                   $json = [];
         }

         // 200以外のステータスコードは失敗とみなし空配列を返す
         if ($info['http_code'] !== 200) {
                   $json = [];

         }

         $reader = new Opengraph\Reader();
         $reader->parse($json);
         $content = $reader->getArrayCopy();

         echo '<pre>';
         print_r($content);
         echo '</pre>';

}

createOgLink('https://s-yqual.com/blog/655');

?>

 

今回はcreateOgLinkという自作関数を作成しました。

どういった情報が返ってくるのか確認するために、print_rpreタグで囲って出力しています。

 

返却データは以下の通りです。 

Array
(
    [og:site_name] => 読んで楽しいプログラミング -YQUAL-ワイコール
    [og:locale] => ja_JP
    [og:url] => https://s-yqual.com/blog/655
    [og:title] => 今からできる!ブログのアクセスを爆UPさせる3大SNS活用法 - YQUAL -ワイコール-
    [og:type] => article
    [og:description] => 集客するならSNSマーケティングは、現代では必須とまで言われるぐらいになりました。フェイスブックやツイッター、インスタグラムをどのように運用すればブログのアクセス数を伸ばすことが出来るのか。素人の方でも実践できる方法とタイトルやサムネイル、ディスクリプションの重要さ、収益化するための実用的な運用方法を公開します。
    [og:image] => Array
        (
            [0] => Array
                (
                    [og:image:url] => https://s-yqual.com/yqual/wp-content/uploads/2020/06/20200621-768x432.jpg
                )
        )
)

 

curlでアクセスしてOpengraphを使ってパースすることで、配列の状態で情報を取得することができました。

後は必要なものを取り出して、タグで出力するだけです。

 

 

タイムアウトの設定

 

注意点をいくつかご紹介します。

urlを投げて情報を取得するだけなら、file_get_contentsを使っても可能です。ですが、それだとエラーやタイムアウトへの対応がしづらくなるため、今回はcurlを使用して取得しています。

ユーザーの接続環境が悪いと、タイムアウトの設定がされていなければ接続に時間がかかってしまい、ページを表示する前に離脱してしまうことが懸念されます。

なので、必ずタイムアウトの設定はしておきましょう

 

 

取得できなかった場合を想定

 

タイムアウトしたり、URL先にOG情報が設定されていない場合、出力時にエラーが発生します。

そのため、curlで取得したjsonデータが空だった場合は、その時点で中断してそのままURLのみで返却します。

 

なので、$reader = new Opengraph\Reader(); の前に以下のコードを追加します。

if(empty($json)){
         ?>
         <a href="<?=$url?>"><?=$url?></a>
         <?php
         return;
}

 

これで、余分な処理が行われる前にURLのみのタグを返却することができます。

もし、こちらに装飾をしたい場合は、書き出したいタグやクラスを指定してください。

 

 

画像付きURLの作成

 

配列を準備できれば、後は展開するだけです。

今回は画像とタイトルとディスクリプションをaタグで囲うだけの単純な出力をします。

<?php

require_once dirname( __FILE__ ).'/Opengraph/Meta.php';
require_once dirname( __FILE__ ).'/Opengraph/Opengraph.php';
require_once dirname( __FILE__ ).'/Opengraph/Reader.php';

function createOgLink($url){

         # curlを使用
         $option = [
                   CURLOPT_RETURNTRANSFER => true, //文字列として返す
                   CURLOPT_TIMEOUT        => 3, // タイムアウト時間
         ];

         $ch = curl_init($url);
         curl_setopt_array($ch, $option);

         $json    = curl_exec($ch);
         $info    = curl_getinfo($ch);
         $errorNo = curl_errno($ch);

         // OK以外はエラーなので空白配列を返す
         if ($errorNo !== CURLE_OK) {
                   // 詳しくエラーハンドリングしたい場合はerrorNoで確認
                   // タイムアウトの場合はCURLE_OPERATION_TIMEDOUT
                   $json = [];
         }

         // 200以外のステータスコードは失敗とみなし空配列を返す
         if ($info['http_code'] !== 200) {
                   $json = [];
         }

         # 返却値が空であれば、og無しのURLを返却
         if(empty($json)){
                   ?>
                   <a href="<?=$url?>"><?=$url?></a>
                   <?php
                   return;
         }

         $reader = new Opengraph\Reader();
         $reader->parse($json);
         $content = $reader->getArrayCopy();

         ?>
         <a href="<?=$url?>">
                   <img src="<?=$content['og:image'][0]['og:image:url']?>">
                   <h3><?=$content['og:title']?></h3>
                   <p><?=$content['og:description']?></p>
         </a>
         <?php

}

createOgLink('https://s-yqual.com/blog/655');

?>

 

出力結果は以下のようになります。 サイトのデザインに応じて、タグを追加したりCSSで装飾をするようにしてください。

 

 

パーツ不足を想定

 

サイトによっては、画像の設定がされていなかったりディスクリプションが抜けているなどというケースも考えられます。

エラーやレイアウト崩れを回避するためにも、しっかりと分岐させて出力をするようにしておきましょう 

<a href="<?=$url?>">

         <?php if(isset($content['og:image'][0]['og:image:url']) && $content['og:image'][0]['og:image:url']): ?>
                   <img src="<?=$content['og:image'][0]['og:image:url']?>">
         <?php endif; ?>

         <?php if(isset($content['og:title']) && $content['og:title']): ?>
                   <h3><?=$content['og:title']?></h3>
         <?php endif; ?>

         <?php if(isset($content['og:description']) && $content['og:description']): ?>
                   <p><?=$content['og:description']?></p>
         <?php endif; ?>

</a>

 

空出力されてもレイアウト崩れしない場合は、issetのみで分岐しても構いません。もしターゲットを指定する場合、第2引数で指定することもできるので、実際の運用に合わせて追加してください。

 

以下が最終コードです。

<?php

require_once dirname( __FILE__ ).'/Opengraph/Meta.php';
require_once dirname( __FILE__ ).'/Opengraph/Opengraph.php';
require_once dirname( __FILE__ ).'/Opengraph/Reader.php';

function createOgLink($url){

         # curlを使用
         $option = [
                   CURLOPT_RETURNTRANSFER => true, //文字列として返す
                   CURLOPT_TIMEOUT        => 3, // タイムアウト時間
         ];
 
         $ch = curl_init($url);
         curl_setopt_array($ch, $option);

         $json    = curl_exec($ch);
         $info    = curl_getinfo($ch);
         $errorNo = curl_errno($ch);

         // OK以外はエラーなので空白配列を返す
         if ($errorNo !== CURLE_OK) {
                   // 詳しくエラーハンドリングしたい場合はerrorNoで確認
                   // タイムアウトの場合はCURLE_OPERATION_TIMEDOUT
                   $json = [];
         }

         // 200以外のステータスコードは失敗とみなし空配列を返す
         if ($info['http_code'] !== 200) {
                   $json = [];
         }

         # 返却値が空であれば、og無しのURLを返却
         if(empty($json)){
                   ?>
                   <a href="<?=$url?>"><?=$url?></a>
                   <?php
                   return;
         } 

         $reader = new Opengraph\Reader();
         $reader->parse($json);
         $content = $reader->getArrayCopy(); 

         echo '<pre>';
         print_r($content);
         echo '</pre>';

         ?>
         <a href="<?=$url?>">

                   <?php if(isset($content['og:image'][0]['og:image:url']) && $content['og:image'][0]['og:image:url']): ?>
                            <img src="<?=$content['og:image'][0]['og:image:url']?>">
                   <?php endif; ?>

                   <?php if(isset($content['og:title']) && $content['og:title']): ?>
                            <h3><?=$content['og:title']?></h3>
                   <?php endif; ?>

                   <?php if(isset($content['og:description']) && $content['og:description']): ?>
                            <p><?=$content['og:description']?></p>
                   <?php endif; ?>

         </a>
         <?php

}

createOgLink('https://s-yqual.com/blog/655');

?>

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

ページ内リンクをさせてPV数を上げる場合、ただURLを貼り付けるだけではなく、こういった押したくなるような仕掛けがあると格段に効果はアップします

また、ブログの場合は記事内で画像がくれば、それだけページのクオリティは高く感じられるため、外部リンクで使用する場合も効果的です。なので、サイト作りやブログ運営をしている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

注目の記事

定数と静的変数 ピカチュウとイーブイで学ぶオブジェクト指向
プログラミング
PHP,PHPポケモン,イーブイ,オブジェクト指向,ピカチュウ,ポケモン
定数と静的変数 ピカチュウとイーブイで学ぶオブジェクト指向

PHPポケモンも順調に開発が進んでいると思いきや、ふとした気づきが自分の理解力を思い知らせることとなった今日このごろです。 プログラミングは奥が深く、しっかりと段階を追って理解を進めていけば、「これ・・・便利やんけ!」ってなることがかなり多いということがわかります。   それでは、かの有名な黄色い...

ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜ステータス導入編〜 6
プログラミング
PHP,PHPポケモン,オブジェクト指向,ポケモン
ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜ステータス導入編〜 6

  PHPをピカチュウ(ポケモン)から学ぶ大人気コーナー、第6回目は「ステータス機能の導入編」です。   前回(第5回)で終了段階でのサンプルコードを公開しているので、もし本記事から始める人はぜひそちらを参考にしてください。    ※お詫び   調べたところによると、ポケモンの経験...

プログラミングで躓く人必見!一人前になるためのSDCとは
プログラミング
プログラミング学習
プログラミングで躓く人必見!一人前になるためのSDCとは

  「プログラミング学習を始めたけど中々身につかない」 「挑戦したいけど何から始めればいいかわからない」   プログラミング教育が始まるとともに、プログラミング学習のニーズも日々高まってきています。ですが、興味はあっても中々挑戦までは至らなかったり、始めたは良いものの現実は厳しく躓いてし...

戦闘用アイテム編 プラスパワー PHPポケモン96
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
戦闘用アイテム編 プラスパワー PHPポケモン96

戦闘用アイテムとは バトル中に使用できるアイテムはいくつかありますが、その中でも「バトル専用」のアイテムがあります。それが戦闘用アイテムであり、主にドーピングと呼ばれるものです。 アイテムカテゴリとして、プレイヤー対象(スプレーなど)、敵ポケモン対象(ボール類)、味方対象(キズぐすり)の3つに...

WordPressのJSファイル読み込みで覚えておきたい便利ワザを2つ紹介します
プログラミング
jQuery,PHP,WordPress
WordPressのJSファイル読み込みで覚えておきたい便利ワザを2つ紹介します

  JSファイルを読み込むときに、deferやasyncを付与したい・・・ get_template_directory_uri()をJSファイル内で使用したい・・・   WordPressには便利な関数が沢山用意されていますが、その全てが万能だということはありません。 今回はSEO対策でも必要になるdeferやasyncをスクリプトタグに付与させる...

【Laravel7】バリデーションメッセージの日本語化【6系対応】
プログラミング
Laravel,Linux,PHP
【Laravel7】バリデーションメッセージの日本語化【6系対応】

  Laravelのバリデーションメッセージは標準だと英語で返ってきてしまいますね。 1つずつ変更する方法もありますが、言語ファイルを作成して一括変更するほうが開発時間の短縮に繋がります。   今回は「Laravel7のバリデーションメッセージを日本語化する方法」をご紹介します。Laravel6系でも同じ方法ででき...

プログラミングでフリーランスを目指す人にPHP学習をオススメする3つの理由
プログラミング
Laravel,PHP,SEO,WordPress
プログラミングでフリーランスを目指す人にPHP学習をオススメする3つの理由

  「フリーランスになるためにプログラミングを身に着けたい」 「セカンドキャリアで技術を習得したい」 「副業でパソコン1台で稼げるものに挑戦したい」   終身雇用が危ぶまれている現在、スキルを身に着けて転職やフリーランスとして活躍したいと考える人が増え、プログラミングの需要は年々高まってきて...

非公開ディレクトリ画像表示編 PHPポケモン 91
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
非公開ディレクトリ画像表示編 PHPポケモン 91

非公開ディレクトリの画像を表示する 今回は、β版に向けての取り組みの1つとして、表示させる画像のアクセス先を非公開ディレクトリに変更します。 現在は公開ディレクトリ(Public)内のAssetsフォルダ内に配置していますが、これをルート直下においているStorageに移動させるのが目的となります。   gifのbas...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力