【Laravel7】バリデーションメッセージの日本語化【6系対応】
2020年8月1日 (最終更新日:2020/8/15 13:13)

【Laravel7】バリデーションメッセージの日本語化【6系対応】

 

Laravelのバリデーションメッセージは標準だと英語で返ってきてしまいますね

1つずつ変更する方法もありますが、言語ファイルを作成して一括変更するほうが開発時間の短縮に繋がります。

 

今回は「Laravel7のバリデーションメッセージを日本語化する方法」をご紹介します。Laravel6系でも同じ方法でできるので、ぜひ参考にしてください。

 

 

【Laravel7】バリデーションメッセージの日本語化【6系対応】

バリデーションメッセージの日本語化

 

前述しましたが、バリデーションメッセージは標準だと英語で返ってきます。Laravelでは日本語の言語ファイルは準備されていないため、一括変更するためには、言語ファイルを作成する必要があります

 

 

言語設定

 

configフォルダ内のapp.phpの80〜90行辺りlocaleで言語を設定する箇所があるので、そこをenからjaに変更します。

config/app.php
/*
    |--------------------------------------------------------------------------
    | Application Locale Configuration
    |--------------------------------------------------------------------------
    |
    | The application locale determines the default locale that will be used
    | by the translation service provider. You are free to set this value
    | to any of the locales which will be supported by the application.
    |
    */

    'locale' => 'ja',

 

これで言語設定は完了です。次に、jaの言語ファイルを準備します。

 

 

日本語ファイルの作成

 

言語ファイルはresoucesに配置します。標準では英語しか準備されていないため、enのディレクトリをそのままコピーして名称をjaに変更してください。

 

言語ファイルの場所
resources/lang

 

enを同階層にコピーしてjaへ変更
resources/lang/ja/auth.php
resources/lang/ja/pagination.php
resources/lang/ja/passwords.php
resources/lang/ja/validation.php

 

 

validation.phpの書き換え

 

今回はバリデーションメッセージを日本語化するので、validation.phpに設定されているメッセージをすべて日本語に変更します。以下の内容をコピペしてください。

resources/lang/ja/validation.php

 

<?php

return [

    /*
    |--------------------------------------------------------------------------
    | Validation Language Lines
    |--------------------------------------------------------------------------
    |
    | The following language lines contain the default error messages used by
    | the validator class. Some of these rules have multiple versions such
    | as the size rules. Feel free to tweak each of these messages here.
    |
    */

    'accepted'        => ':attributeを承認してください。',
    'active_url'      => ':attributeは、有効なURLではありません。',
    'after'           => ':attributeには、:dateより後の日付を指定してください。',
    'after_or_equal'  => ':attributeには、:date以降の日付を指定してください。',
    'alpha'           => ':attributeには、アルファベッドのみ使用できます。',
    'alpha_dash'      => ":attributeには、英数字('A-Z','a-z','0-9')とハイフンと下線('-','_')が使用できます。",
    'alpha_num'       => ":attributeには、英数字('A-Z','a-z','0-9')が使用できます。",
    'array'           => ':attributeには、配列を指定してください。',
    'before'          => ':attributeには、:dateより前の日付を指定してください。',
    'before_or_equal' => ':attributeには、:date以前の日付を指定してください。',
    'between'         => [
        'numeric' => ':attributeには、:minから、:maxまでの数字を指定してください。',
        'file'    => ':attributeには、:min KBから:max KBまでのサイズのファイルを指定してください。',
        'string'  => ':attributeは、:min文字から:max文字にしてください。',
        'array'   => ':attributeの項目は、:min個から:max個にしてください。',
    ],
    'boolean'              => ":attributeには、'true'か'false'を指定してください。",
    'confirmed'            => ':attributeと:attribute確認が一致しません。',
    'date'                 => ':attributeは、正しい日付ではありません。',
    'date_equals'          => ':attributeは:dateに等しい日付でなければなりません。',
    'date_format'          => ":attributeの形式は、':format'と合いません。",
    'different'            => ':attributeと:otherには、異なるものを指定してください。',
    'digits'               => ':attributeは、:digits桁にしてください。',
    'digits_between'       => ':attributeは、:min桁から:max桁にしてください。',
    'dimensions'           => ':attributeの画像サイズが無効です',
    'distinct'             => ':attributeの値が重複しています。',
    'email'                => ':attributeは、有効なメールアドレス形式で指定してください。',
    'ends_with'            => 'The :attribute must end with one of the following: :values',
    'exists'               => '選択された:attributeは、有効ではありません。',
    'file'                 => ':attributeはファイルでなければいけません。',
    'filled'               => ':attributeは必須です。',
    'gt'                   => [
        'numeric' => ':attributeは、:valueより大きくなければなりません。',
        'file'    => ':attributeは、:value KBより大きくなければなりません。',
        'string'  => ':attributeは、:value文字より大きくなければなりません。',
        'array'   => ':attributeの項目数は、:value個より大きくなければなりません。',
    ],
    'gte'                  => [
        'numeric' => ':attributeは、:value以上でなければなりません。',
        'file'    => ':attributeは、:value KB以上でなければなりません。',
        'string'  => ':attributeは、:value文字以上でなければなりません。',
        'array'   => ':attributeの項目数は、:value個以上でなければなりません。',
    ],
    'image'                => ':attributeには、画像を指定してください。',
    'in'                   => '選択された:attributeは、有効ではありません。',
    'in_array'             => ':attributeが:otherに存在しません。',
    'integer'              => ':attributeには、整数を指定してください。',
    'ip'                   => ':attributeには、有効なIPアドレスを指定してください。',
    'ipv4'                 => ':attributeはIPv4アドレスを指定してください。',
    'ipv6'                 => ':attributeはIPv6アドレスを指定してください。',
    'json'                 => ':attributeには、有効なJSON文字列を指定してください。',
    'lt'                   => [
        'numeric' => ':attributeは、:valueより小さくなければなりません。',
        'file'    => ':attributeは、:value KBより小さくなければなりません。',
        'string'  => ':attributeは、:value文字より小さくなければなりません。',
        'array'   => ':attributeの項目数は、:value個より小さくなければなりません。',
    ],
    'lte'                  => [
        'numeric' => ':attributeは、:value以下でなければなりません。',
        'file'    => ':attributeは、:value KB以下でなければなりません。',
        'string'  => ':attributeは、:value文字以下でなければなりません。',
        'array'   => ':attributeの項目数は、:value個以下でなければなりません。',
    ],
    'max'                  => [
        'numeric' => ':attributeには、:max以下の数字を指定してください。',
        'file'    => ':attributeには、:max KB以下のファイルを指定してください。',
        'string'  => ':attributeは、:max文字以下にしてください。',
        'array'   => ':attributeの項目は、:max個以下にしてください。',
    ],
    'mimes'                => ':attributeには、:valuesタイプのファイルを指定してください。',
    'mimetypes'            => ':attributeには、:valuesタイプのファイルを指定してください。',
    'min'                  => [
        'numeric' => ':attributeには、:min以上の数字を指定してください。',
        'file'    => ':attributeには、:min KB以上のファイルを指定してください。',
        'string'  => ':attributeは、:min文字以上にしてください。',
        'array'   => ':attributeの項目は、:min個以上にしてください。',
    ],
    'not_in'               => '選択された:attributeは、有効ではありません。',
    'not_regex'            => ':attributeの形式が無効です。',
    'numeric'              => ':attributeには、数字を指定してください。',
    'password'             => ':attributeが間違っています',
    'present'              => ':attributeが存在している必要があります。',
    'regex'                => ':attributeには、有効な正規表現を指定してください。',
    'required'             => ':attributeは、必ず指定してください。',
    'required_if'          => ':otherが:valueの場合、:attributeを指定してください。',
    'required_unless'      => ':otherが:values以外の場合、:attributeを指定してください。',
    'required_with'        => ':valuesが指定されている場合、:attributeも指定してください。',
    'required_with_all'    => ':valuesが全て指定されている場合、:attributeも指定してください。',
    'required_without'     => ':valuesが指定されていない場合、:attributeを指定してください。',
    'required_without_all' => ':valuesが全て指定されていない場合、:attributeを指定してください。',
    'same'                 => ':attributeと:otherが一致しません。',
    'size'                 => [
        'numeric' => ':attributeには、:sizeを指定してください。',
        'file'    => ':attributeには、:size KBのファイルを指定してください。',
        'string'  => ':attributeは、:size文字にしてください。',
        'array'   => ':attributeの項目は、:size個にしてください。',
    ],
    'starts_with'          => ':attributeは、次のいずれかで始まる必要があります。:values',
    'string'               => ':attributeには、文字を指定してください。',
    'timezone'             => ':attributeには、有効なタイムゾーンを指定してください。',
    'unique'               => '指定の:attributeは既に使用されています。',
    'uploaded'             => ':attributeのアップロードに失敗しました。',
    'url'                  => ':attributeは、有効なURL形式で指定してください。',
    'uuid'                 => ':attributeは、有効なUUIDでなければなりません。',

    /*
    |--------------------------------------------------------------------------
    | Custom Validation Language Lines
    |--------------------------------------------------------------------------
    |
    | Here you may specify custom validation messages for attributes using the
    | convention "attribute.rule" to name the lines. This makes it quick to
    | specify a specific custom language line for a given attribute rule.
    |
    */

    'custom' => [
        'attribute-name' => [
            'rule-name' => 'custom-message',
        ],
    ],

    /*
    |--------------------------------------------------------------------------
    | Custom Validation Attributes
    |--------------------------------------------------------------------------
    |
    | The following language lines are used to swap our attribute placeholder
    | with something more reader friendly such as "E-Mail Address" instead
    | of "email". This simply helps us make our message more expressive.
    |
    */
 
    'attributes' => [],
 
];

※passwordのバリデーションがLaravel6系から追加されました

 

 

config:cacheコマンドの実行

 

言語ファイルの作成と設定が終われば、キャッシュ削除のコマンドを実行しましょう。

$ php artisan config:cache

 

以上でLaravel7系のバリデーションメッセージの日本語化は完了です。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は「Laravel7のバリデーションメッセージを日本語化する方法」をご紹介しました。

日本語メッセージのvalidation.phpはコピペでOKです。5系以前とは一部異なる部分がありますので、Laravel6以上をお使いの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

Copyright © 2016-2020 YQUAL All Rights Reserved.