プログラミング

アーカイブのディスクリプションを管理画面で設定する方法【SEOに強いWordPressブログ・サイト作り】

PHP SEO WordPress
アーカイブのディスクリプションを管理画面で設定する方法【SEOに強いWordPressブログ・サイト作り】

 

WordPressで作ったサイトやブログはSEO対策がしやすいという利点があり、より検索に強いサイトへ仕上げることができます。

ですが、SEO対策に特化しているテーマでもアーカイブページのディスクリプション設定ができないものは多く、別で設定する必要があるものがほとんどです。

 

今回は、より検索で強くメンテナンス性を重視したWordPressのサイトを作るための「アーカイブページにディスクリプション設定する方法」について解説します。

 

 

カテゴリページのディスクリプション

 

まずは、カテゴリページへの設定方法をご紹介します。

カテゴリ(ターム)ページまではディスクリプションの設定をせず、noindex,nofollowで対応する人も多いですが、せっかくなので各カテゴリにも設定してSEO対策で役立てるほうが良いです。

そうするためにも、カテゴリはある程度洗練して数を絞り、大量にディスクリプション設定が必要になるようなことは避けておくほうが良いでしょう。

 

 

説明を有効活用

 

PHPファイルに直接記述してディスクリプションを設定することは可能ですが、せっかくWordPressを使用しているのであれば管理画面上から設定ができるに越したことはありませんね。

SEO対策に特化しているテーマを使用すれば既に設定されているものも多い方法になりますが、カテゴリ設定の説明欄をディスクリプションとして使用する方法が一般的で、メンテナンスの面から見ても良いです。

 

自作のテーマを使用している人や、現在使用しているテーマでカテゴリの説明に保存されている文章がディスクリプションに設定されていない場合は、以下のwordpress関数を使用することで取得できます。

category_description();

 

引数にカテゴリIDを指定することで、対象カテゴリのディスクリプションを取得できますが、省略することで現在のカテゴリを対象としてくれるため、問題なく取得できます。

 

カスタムタクソノミー等と併用して使用する場合は、以下のようにis_categoryis_taxを使って分岐させてディスクリプションを取得するようにしてください。 

if(is_category() || is_tax()){

              echo '<meta name="description" content="'.category_description().'">';

}

 

 

アーカイブページのディスクリプション

 

カテゴリページに関しては多くのテーマでも上手く活用されていますが、最初にも説明したようにアーカイブページのディスクリプション設定は標準ではされていないものが多いです。

また、カテゴリと違ってアーカイブページ用の設定画面というもの事態が用意されていないため、phpファイルへの直接記述で管理したり、noindex,nofollowで対応する場合も多いです。

 

ですがせっかくのWordPressなので、カテゴリと同様に管理画面から設定できる方法をご紹介します。

 

 

投稿設定にカスタムフィールドを追加

 

アーカイブページの設定画面は用意されていないので、今回ご紹介する方法では設定→投稿設定カスタムフィールドを作成して登録する方法をご紹介します。

 

設定ページにカスタムフィールドを作成するには、functions.phpに以下の記述をします。

# アーカイブのディスクリプション入力用

function addArchiveDescriptionForm(){

              add_settings_field( 'post_description', 'ブログのディスクリプション', 'exArchiveDescriptionForm', 'writing');
              register_setting( 'writing', 'post_description' );

}

add_filter( 'admin_init', 'addArchiveDescriptionForm' );

function exArchiveDescriptionForm() {

              $val = get_option( 'post_description' );
              ?>
              <textarea name="post_description" id="post_description" rows="8" cols="80" class="regular-text"><?php echo esc_html($val); ?></textarea>
              <?php

}

 

 

これで、ブログのアーカイブページ用のディスクリプション入力フォームを管理画面へ準備することができました。

ページ上へ出力するにはget_optionを使用します。

echo '<meta name="description" content="'.get_option('post_description').'">';

  

もしカスタム投稿タイプが複数ある場合は、必要数入力フォームを準備します。関数をコピペしてnameを変更するだけですが、ループで記述することもできるのでサンプルコードを載せておきます。

# アーカイブのディスクリプション入力用

function addArchiveDescriptionForm(){

              $post_types = [
                            'post' => 'ブログ',
                            'movie' => '動画',
                            'recommended' => '本棚',
              ];

              foreach($post_types as $key => $val){
                            add_settings_field( $key.'_description', $val.'のディスクリプション', 'exArchiveDescriptionForm', 'writing', 'default',  [$key]);
                            register_setting( 'writing', $key.'_description' );

              }

}

add_filter( 'admin_init', 'addArchiveDescriptionForm' );

function exArchiveDescriptionForm($args) {

              $key = $args[0].'_description';
              $val = get_option( $key );
              ?>
              <textarea name="<?=$key?>" id="<?=$key?>" rows="8" cols="80" class="regular-text"><?php echo esc_html($val); ?></textarea>
              <?php

}

 

当ブログではブログ、動画、本棚の3つの投稿タイプがあるため、上記のようなループで入力フォームを作成しています。

 

is_archive()を使用して分岐させると以下のような出力方法になります。

if(is_archive()){

              echo '<meta name="description" content="'.get_option(get_query_var('post_type').'_description').'">';

}

 

header.phpheadタグ内へ記述することで、アーカイブページ用のディスクリプションを出力することができます。

 

このように、WordPressの特性を活かして管理画面を最大限活用すれば、よりSEOに強いブログやサイトを作り上げることができます

もしアーカイブページやカテゴリページにディスクリプションの設定がされていない場合は独自で設定してみるのをオススメします。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は「アーカイブページにディスクリプション設定する方法」についてを解説しました。

All in One SEO Packというプラグインを使用しても、アーカイブページへディスクリプションの設定をすることはできません。だからと言ってnoindex,nofollowとしてしまうのはあまりにももったいないと言えます。

より全てのページを有効活用することで、より検索で強いブログやサイトが作れるので、WordPressを使用している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

注目の記事

独立するならWordPress理解しておけばOK!プログラミングでフリーランスはこれ一つで成り立ちます
プログラミング
PHP,WordPress,フリーランス,独立
独立するならWordPress理解しておけばOK!プログラミングでフリーランスはこれ一つで成り立ちます

  プログラミングでフリーランスを目指すには、どの言語始めればいいの?   プログラミングの学習を始めたのに、それをどう活かせばよいか分からず、いざフリーランスで活動しようと思ってもイメージできずに断念してしまう人は多いです。 言語にも向き不向きがあるため、フリーランスとして活動するために向...

PHPポケモン「バトルシステム実装編〜ダメージ計算〜」20
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「バトルシステム実装編〜ダメージ計算〜」20

バトルシステムの実装  今回はバトルシステムの中でもメインとなるダメージ計算と、命中判定の部分を実装していきます。   ダメージ計算  ポケモンのダメージ計算は初代から現在までそこまで大きな変化はありません。最新世代ではダメージに関係する要素(アイテム等)が多く、それにより補正値の修正はあります...

わざマシン編 習得 PHPポケモン105
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
わざマシン編 習得 PHPポケモン105

わざマシンによる技習得 前回、わざマシンのアイテムクラスを作成したので、今回は実際に使用するまでの処理を作成していきます。 まずは、アイテムクラスに使用時の処理(effectsメソッド)を増設しましょう。   わざマシン01(/Classes/Item/ItemTM01.php) <?php require_once(root_path('Classes').'...

PHPポケモン「UI(Bootstrap4の導入)編」コード配布・デモ有り 13
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「UI(Bootstrap4の導入)編」コード配布・デモ有り 13

  第13回のPHPポケモンは「UI編」ということで、CSSの大人気フレームワークBootstrapさんにお手伝いいただきます。 また、前回実装したレスポンス機能により進化のアクションに一部不具合が出ていたので、このあたりも合わせて修正をしながら進めていきましょう。   Bootstrapを導入するにあたり、今までin...

パーティー実装編 トレーナーの作成 PHPポケモン 63
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
パーティー実装編 トレーナーの作成 PHPポケモン 63

パーティーとは ポケモンでは、ゲーム・アニメ共に最大6匹のパートナーポケモンと旅をすることができます。7匹以上は持ち歩くことができず、ボックスに転送されてしまうという仕組みです。そして、その6匹のパートナーポケモンの構成をパーティーと呼んでいます。 現在のPHPポケモンでは1匹のポケモンしか管理で...

【Laravel7】既存makeテンプレートのカスタマイズ Requestサンプル有り
プログラミング
Laravel,Linux,PHP
【Laravel7】既存makeテンプレートのカスタマイズ Requestサンプル有り

  Laravel7では新しい機能が様々導入されており、Webアプリケーションの開発がよりスムーズなものとなってきています。その中でも、もどかしい場所へ手を届いたと感じさせてくれたのが、既存makeコマンドのstubを簡単にカスタマイズできるようになったことです。   今回は既存make用stubの取得コマンドと、リ...

初心者向けのブログで稼ぐ方法【アフィリエイト編:Google AdSense】
SEO対策
Google AdSense,アフィリエイト,クリック単価,クリック数,ブログ,広告収入
初心者向けのブログで稼ぐ方法【アフィリエイト編:Google AdSense】

  ブログを始めたほとんどの人が アフィリエイトで稼ぎたい   という強い思いを持っているのではないでしょうか。しかし現実は厳しく、広告の審査さえ通らず挫折してしまうといったことは多いです。 中には審査が通っているが、全然広告収入が得られないという人もいるでしょう。 毎日ブログを書いているの...

お金を生む仕組みを理解しよう【知っておきたい3つのポイント】
マーケティング
お金を生む仕組みを理解しよう【知っておきたい3つのポイント】

  どんなビジネスが儲かるのか・・・   一度はこういった悩みを持ったことがあるのではないでしょうか。 それを知るためには、どういった要素がお金を生むために作用しているのかを理解しておく必要があります。 今回は「お金を生む仕組み」について、知っておいてためになる基礎的な部分をわかりやすく...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力