プログラミング

トレーナー戦編 バトルシステムへの追加 PHPポケモン 98

PHP PHPポケモン ポケモン
トレーナー戦編 バトルシステムへの追加 PHPポケモン 98

トレーナー戦闘の追加

前回トレーナー情報を作成したので、今回はその情報をバトルシステムへ組み込んでいきます。

現在、野生ポケモンとの戦闘では「battle」という値actionの値で受け取っています。同じサービス内で分岐を作ると複雑になってしまうので、battle_trainerという新しい分岐を使ってサービス分けをしましょう。

 

ホームコントローラー(/App/Controllers/Home/HomeController.php
// branchメソッド
/******************************************
* トレーナー戦
*/
case 'battle_trainer':
// バトル開始可能な状態かを確認
if($this->validationBattleTrainer()){
    $_SESSION['__route'] = 'battle';
    // バトルコントローラーへaction値をpostするためにトークンをセット
    $_SESSION['__token'] = $_POST['__token'];
    // 画面移管
    $this->redirect();
}
break;

 

バトルコントローラー(/App/Controllers/Battle/BattleController.php
// branchメソッド
/******************************************
* トレーナー戦 開始
*/
case 'battle_trainer':
// サービス実行
$service = new StartTrainerService;
$service->execute();
response()->setResponse(true, 'battle-start');
break;

 

ホームコントローラーで行なっているバリデーションメソッド(validationBattleTrainer)では、フィールド選択と同様に、トレーナー情報が現在のプレイヤーレベルに達しているかどうかを検証しています。

 

ホームコントローラー用トレイト(/App/Traits/Controller/HomeControllerTrait.php
/**
* バトル開始(トレーナー)の検証
* @return boolean
*/
protected function validationBattleTrainer(): bool
{
    // バトル開始可能な状態かを確認
    if(!player()->isFightParty()){
        response()->setMessage('バトルに参加できるポケモンがいないので、戦えません');
        return false;
    }
    // フィールド情報・プレイヤーレベルの確認
    if(
        empty(config('trainer.'.request('trainer'))) ||
        player()->getLevel() < config('trainer.'.request('trainer').'.level')
    ){
        response()->setMessage('プレイヤーレベルが足りていません');
        return false;
    }
    return true;
}

 

次に、battle_trainerの呼び出し先であるサービスを見てみましょう。

 

トレーナー戦開始用サービス(/App/Services/Battle/StartTrainerService.php
<?php
// 親クラス
require_once(app_path('Services').'Service.php');
// クラス
require_once(root_path('Classes').'Trainer.php');
 
/**
* バトル開始(トレーナー戦)
*/
class StartTrainerService extends Service
{
 
    /**
    * @return void
    */
    public function __construct()
    {
        // バトル状態の初期化
        initBattleState('trainer');
    }
 
    /**
    * @return void
    */
    public function execute()
    {
        // 味方の選出
        $this->electionFriend();
        // トレーナーの情報の作成とポケモンの選出
        $this->createTrainer();
        // ポケモン図鑑への登録確認(発見)
        $this->checkPokedex();
        // 前ターン状態を格納
        battle_state()->setBefore();
        // 返却値をセット
        response()->setMessage(
            trainer()->getPrefixName().'が勝負を仕掛けてきた'
        );
        $msg_id1 = response()->issueMsgId();
        response()->setMessage('相手は、'.enemy('NAME').'を繰り出してきた', $msg_id1);
        response()->setResponse([
            'action' => 'start',
            'target' => 'enemy'
        ], $msg_id1);
        $msg_id2 = response()->issueMsgId();
        response()->setMessage('ゆけっ!'.friend()->getNickName().'!', $msg_id2);
        response()->setResponse([
            'action' => 'start',
            'target' => 'friend'
        ], $msg_id2);
    }
 
    /**
    * 味方を選出する処理
    * @return void
    */
    private function electionFriend(): void
    {
        // 味方ポケモンの選出
        $friend = battle_state()->setFightPokemonOrder();
        battle_state()->setFriend($friend);
    }
 
    /**
    * トレーナー情報の作成
    * @return void
    */
    private function createTrainer(): void
    {
        // 選択されたトレーナーレベルからランダム取得
        $list = glob(storage_path('Database/Trainer/'.request('trainer')).'/*.php');
        $key = array_rand($list);
        // トレーナーのインスタンスを作成
        $trainer = new Trainer(
            include($list[$key]), request('trainer')
        );
        battle_state()->setTrainer($trainer);
    }
 
    /**
    * ポケモン図鑑への登録確認
    * @return void
    */
    private function checkPokedex(): void
    {
        if(
            !player()->pokedex()
            ->isRegisted(enemy('NUMBER'))
        ){
            // 未登録→発見
            player()->pokedex()
            ->discovery(enemy());
        }
    }
 
}

 

選択されたトレーナーからランダムにトレーナー情報を取得、includeで配列取得した値を使ってトレーナーのインスタンスを作成することで、バトル開始状態へ移行させています。ポケモンインスタンスの生成は、前回の記事のトレーナークラスを参考にしてください。

  

バトル状態への格納

野生ポケモンと同様に、相手トレーナーの情報はどこかへ格納しておく必要があります。なので、バトル時専用のクラスであるBattleStateへ保管していきます。

 

バトル状態クラス用トレーナー管理トレイト(/App/Traits/Class/BattleState/ClassBattleStateTrainerTrait.php
<?php
/**==================================================================
* トレーナー情報
==================================================================**/
trait ClassBattleStateTrainerTrait
{
 
    /**
    * トレーナー
    * @var array
    */
    private $trainer;
 
    /**
    * トレーナーが選択中のポケモン番号
    * @var integer
    */
    private $trainer_order = 0;
 
    /**
    * トレーナー情報の取得
    * @return object
    */
    public function getTrainer(): object
    {
        return $this->trainer;
    }
 
    /**
    * トレーナー情報の格納
    * @param trainer:object::Trainer
    * @return void
    */
    public function setTrainer(object $trainer): void
    {
        $this->trainer = $trainer;
        // 相手が持つ最初のポケモンを選出して格納
        $this->setEnemy(
            $trainer->getPartner($this->trainer_order)
        );
    }
 
    /**
    * トレーナー情報の取得
    * @return integer
    */
    public function getTrainerOrder(): int
    {
        return $this->trainer_order;
    }
 
    /**
    * 次のポケモンへ
    * @return boolean
    */
    public function nextOrder(): bool
    {
        // 戦闘可能なパーティーを取得
        $party = array_filter(trainer()->getParty(), function($pokemon){
            return $pokemon->isFight();
        });
        if(empty($party)){
            // 全滅
            return false;
        }else{
            // 戦闘可能な最初のポケモンを取得
            $next = array_key_first($party);
        }
        // 次のポケモンをセットしてtrueを返却
        $this->setEnemy(
            $this->trainer->getPartner($next)
        );
        $this->trainer_order = $next;
        return true;
    }
 
}

 

次のポケモンを選出する方法は、戦闘可能状態のポケモンを配列で取得、そこから一番上のポケモンを選択しています。現段階ではポケモンを交代するAIは入れていないため、戦闘可能なポケモンがいれば順番に選出するだけとなります。

味方と同様で、ページ移管するとパーティー内のインスタンスとバトル中のポケモンのインスタンスがリンク切れしてしまいます。それを防ぐためにも、バトル開始時には再セットするようにしておきましょう。

 

バトルコントローラー用トレイト(/App/Traits/Controller/BattleControllerTrait.php
/**
* バトルコントローラー用トレイト
*/
trait BattleControllerTrait
{
 
    /**
    * 引き継ぎ処理
    * @return void
    */
    protected function inheritance()
    {
        // バトル状態の引き継ぎ
        if(isset($_SESSION['__data']['battle_state'])){
            // グローバルにセット
            setBattleState(
                unserializeObject($_SESSION['__data']['battle_state'])
            );
            // ターン最初の状態へ初期化
            battle_state()->turnInit();
            // 描画用ポケモンをセット(味方・敵)
            battle_state()->setBefore();
            // シリアライズでリンク切れしているため、味方のオブジェクトを再セット
            $order = battle_state()->getOrder();
            battle_state()->setFriend(
                player()->getPartner($order)
            );
            // もしトレーナー戦であれば、相手のオブジェクトも再セット
            if(battle_state()->isMode('trainer')){
                $trainer_order = battle_state()->getTrainerOrder();
                battle_state()->setEnemy(
                    trainer()->getPartner($trainer_order)
                );
            }
        }
    }

 

バトル判定の分岐

バトルシステム自体は、enemyにポケモンをセットできれば既存の処理で動いてくれます。ですが、判定では残りのポケモン情報までは参照してくれないため、判定時に分岐を入れることで、戦闘可能なポケモンがいれば選出されるようにします。

 

バトルコントローラー用トレイト(/App/Traits/Controller/BattleControllerTrait.php
/**
* バトル結果(勝ち)
* @return void
*/
private function judgmentWin()
{
    $party = player()->getParty();
    // 経験値がもらえるポケモンに経験値を割り振り
    $orders = battle_state()->getEntitledExpOrders();
    foreach($orders as $order){
        // 経験値の計算
        $exp = $this->calExp($party[$order], enemy(), count($orders));
        // 経験値をポケモンにセット
        $party[$order]->setExp($exp);
        // 努力値を獲得
        $party[$order]->setEv(enemy('REWARD_EV'));
    }
    // トレーナー戦の場合は、次のポケモンを選出
    if(battle_state()->isMode('trainer')){
        $msg_id = response()->issueMsgId();
        if(battle_state()->nextOrder()){
            response()->setMessage(trainer()->getPrefixName().'は、'.enemy('NAME').'を繰り出してきた', $msg_id);
            response()->setResponse([
                'action' => 'change-out',
                'target' => 'enemy',
                'param' => json_encode([
                    'base64' => enemy()->base64(),
                    'name' => enemy('NAME'),
                    'level' => enemy()->getLevel(),
                    'hp_max' => enemy()->getStats('H'),
                    'hp_now' => enemy()->getRemainingHp(),
                    'hp_per' => enemy()->getRemainingHp('per'),
                    'hp_color' => enemy()->getRemainingHp('color'),
                    'sa' => enemy()->getSaName(),
                    'sa_color' => enemy()->getSaColor(),
                    'exp' => enemy()->getPerCompNexExp(),
                ])
            ], $msg_id);
            // 次のポケモンのバトル状態を初期化
            enemy()->initBattleStats();
            battle_state()->changeInit('enemy');
            // 行動選択へ
            response()->setEmptyMessage();
        }else{
            response()->setMessage(trainer()->getPrefixName().'との勝負に勝った', $msg_id);
            response()->setResponse([
                'action' => 'show-trainer',
                'target' => 'enemy',
            ], $msg_id);
            response()->setMessage(trainer()->getLine('lose'));
            // 勝利時の最終処理
            $this->judgmentWinLast();
        }
    }else{
        // 勝利時の最終処理
        $this->judgmentWinLast();
    }
}

 

現段階では賞金の分配機能や、敗北時のお小遣いマイナスは未実装です。

 

トレーナーの表示

せっかくトレーナー戦を実装するので、バトル開始時のトレーナー演出は見れる方が良いですね。なので、こちらは先程実装したレスポンス等を使いながらバトル画面へ設置していきましょう。

 

バトル画面フィールド(/Resources/Partials/Battle/field.php
<?php # 敵ポケモン詳細 ?>
<div class="col-6 position-relative">
    <div id="enemy-pokemon-parameter" class="<?php if(response()->getResponse('battle-start') || $before_enemy->isFainting()) echo 'opacity-0'; ?>">
        <p>
            <span class="mr-2" id="name-enemy"><?=$before_enemy->getNickName()?></span>
            <span class="mr-2">Lv:<span id="level-enemy"><?=$before_enemy->getLevel()?></span></span>
            <span class="mr-2 badge badge-<?=$before_enemy->getSaColor(false)?>" id="sa-enemy">
                <?=$before_enemy->getSaName(false)?>
            </span>
        </p>
        <div class="form-group">
            <div class="progress rounded-pill bg-gray" style="height:12px;">
                <div id="hpbar-enemy"
                class="progress-bar bg-success"
                role="progressbar"
                style="width:<?=$before_enemy->getRemainingHp('per')?>%;"
                aria-valuenow="<?=$before_enemy->getRemainingHp()?>"
                aria-valuemin="0"
                aria-valuemax="<?=$before_enemy->getStats('H')?>"></div>
            </div>
        </div>
    </div>
    <?php # トレーナー戦(ポケモンの所有数) ?>
    <?php if(battle_state()->isMode('trainer')): ?>
        <div id="enemy-trainer-parameter" class="border-bottom p-2 <?php if(!response()->getResponse('battle-start')) echo 'd-soft-none' ?>">
            <div class="d-flex justify-content-end">
                <?php # 空き枠 ?>
                <?php for($i=0;$i<trainer()->getPartyEmptyCount();$i++): ?>
                    <span class="icon-party-ball empty"></span>
                <?php endfor; ?>
                <?php # 所有数 ?>
                <?php for($i=0;$i<trainer()->getPartyCount();$i++): ?>
                    <span class="icon-party-ball"></span>
                <?php endfor; ?>
            </div>
        </div>
    <?php endif; ?>
</div>
<div class="col-6 text-center position-relative">
    <?php # ポケモン画像 ?>
    <input type="image"
    id="enemy-pokemon-image"
    class="action-img-btn <?php if($before_enemy->isFainting() || (battle_state()->isMode('trainer') && response()->getResponse('battle-start'))) echo 'opacity-0'; ?>"
    src="<?=$before_enemy->base64('front', true)?>"
    alt="<?=$before_enemy::NAME?>"
    data-toggle="modal"
    data-target="#enemy-battle-state-modal" />
    <?php # トレーナー戦(トレーナー画像) ?>
    <?php if(battle_state()->isMode('trainer')): ?>
        <img src="/Assets/img/npc/front/<?=trainer()->getCategory()?>.gif"
        id="enemy-trainer-image"
        class="<?php if(!response()->getResponse('battle-start')) echo 'd-soft-none' ?>"
        alt="<?=trainer()->getCategoryName()?>" />
    <?php endif; ?>
</div>

 

バトル開始時のみ、トレーナー画像と所有ポケモン数は表示させています。トレーナー画像は戦闘終了時にも再度表示させたいので、ノード自体を無くすのではなく非表示で設置しています。

 

では実際に、トレーナーとの対戦を見てみましょう。

 

無事、相手に設定した手持ち3体と戦うことができましたね。

これでトレーナー戦の大筋は完成です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンでは「トレーナー戦」の実装方法についてご紹介しました。

ポケモンに興味がある方、プログラミングに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

注目の記事

SNSだけじゃダメ!PV数アップのためにSEO対策する理由とは
SEO対策
Twitter
SNSだけじゃダメ!PV数アップのためにSEO対策する理由とは

  「SNSで集客しているけど中々伸びなくなってきた」 「たまにPV数がアップするけど安定しない」 「本当に月何十万も稼げるぐらいPVは伸びるの?」   PV数を稼ぐためにSNSを駆使したり、中には広告を使って集客しているサイトもあるでしょう。ですが、それだけでは疲弊しながらユーザーを獲得しているに...

ビジネス系次世代ブログ!?無料で企画書が読める「机上の空論」とは
ビジネスモデル
ビジネス系次世代ブログ!?無料で企画書が読める「机上の空論」とは

  この記事は、私の考えたビジネスモデルを紹介するコーナーです。考えるだけで辞めたものや、コストやリスクを考えて断念したもの、そこまでニーズがないと判断したものなど様々なので、読んだ方は自分なりの見解や根拠を踏まえて判断したり、各自ビジネスの参考資料としてご活用ください。   このブ...

【無料】早起きをして神戸へ行こう!「為になる雑談朝活」
イベント
三宮,朝活,神戸
【無料】早起きをして神戸へ行こう!「為になる雑談朝活」

  朝活を実施することになりましたので、その目的な概要をまとめました。 神戸三宮での開催を予定しておりますので、もしお近くにお住まいの方で日時が会いましたらご参加ください。 土日祝辺りで週1日程度の不定期開催を予定しています。学びにつながる、けど参加しやすい雑談形式ということを主としています...

get_template_partで引数を渡す方法(WordPress5.5以降)
プログラミング
PHP,WordPress
get_template_partで引数を渡す方法(WordPress5.5以降)

WordPress5.5へのバージョンアップで、大きく機能が追加されました。中には変更に戸惑っている人もいるかも知れませんが、個人的にはエンジニアの要望を大きく取り入れて自由度がアップした印象があります。 今回はその中でも、多くの方が待ち望んでいた「get_template_part」の変更点についてご紹介します。 ge...

投稿タイトルを自動生成する方法【WordPressを便利にカスタマイズ】
プログラミング
PHP,WordPress
投稿タイトルを自動生成する方法【WordPressを便利にカスタマイズ】

  カスタムフィールドを含む投稿の場合、わざわざタイトルを設定する必要がないものもあります。 そういったときに、カスタムフィールド値を使ってタイトルを自動生成してくれると楽ですし、一覧で見てもわかりやすい状態にすることができます。   今回はWordPressで「投稿タイトルを自動生成する方法」につ...

CSSとの意外な関係「よくわかるSEO対策」スタイルシート編
SEO対策
CSS,スタイルシート,レンダリング
CSSとの意外な関係「よくわかるSEO対策」スタイルシート編

   今回の「よくわかるSEO対策」はスタイルシート(CSS)編です。   多くの人が 「SEO対策なのに、CSSの説明をするの?」 と思うかも知れませんが、これには意外な関係性があったのです。   現在CSSを学んでいる人、そしてCSSの書き方ならマスターしているといった人でも、SEOのことまでを考慮した記述ができて...

PHPポケモン「コントローラー編」〜POSTとSESSIONの活用〜 10
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「コントローラー編」〜POSTとSESSIONの活用〜 10

  今回のPHPポケモンでは、今まで作った機能用のコントローラーになるインターフェースを作成します。ポケモンやメソッドを選択できるようにして、よりゲーム性の高いアプリケーションを実装しましょう。   第1回から学習したい方はコチラ     コントローラーの実装   それでは実装したアクション...

ポケモン預かりシステム編 システムの実装 PHPポケモン 87
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
ポケモン預かりシステム編 システムの実装 PHPポケモン 87

ポケモン預かりシステムの実装 システムの仕様とクラスも整ってきたので、いざ実装をしていきましょう。 前回までに作成した項目で、いくつか変更になったものがあるので、まずはじめに挙げておきます。   シャットダウン機能 ボックスの選択を解除するというものでしたが、こちらを不採用にしました。ボックスは...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力