プログラミング

ゆびをふる編 PHPポケモン 69

PHP PHPポケモン ポケモン
ゆびをふる編 PHPポケモン 69

ゆびをふるとは

今回PHPポケモンで実装する技は「ゆびをふる」です。 

ゆびをふる(ポケモンwiki

 

「ゆびをふる大会」というゆびをふるのみを使った大会なども開催されているということもあり、ポケモンの技の中でも初代から長く愛されてきた1つです。ですが、他の技とは違って通常の追加効果処理では実装できないため、前回に引き続き特別処理を加えながら実装していきます。

 

技のランダム選出

ゆびをふるといえば、使用することでランダムで技が選出されるという変化技です。覚えていない技はもちろん、一度も使ったことの無いような技が選出されることもあります。

技の実装方法としては、現在作成されている技クラスをランダムで選出することで、自分の技として使えるようにしていきます。

 

対象外の技

ランダム選出されるといっても、全技が対象というわけではありません。例えば、ゆびをふるを使って「ゆびをふる」が選出されることはありませんし、前回実装した相手の技をコピーする「オウムがえし」が繰り出されることもありません。

 

対象外の技(第1世代)は以下の通りです。

オウムがえし、カウンター、へんしん、ものまね、ゆびをふる、わるあがき

 

では、ゆびをふるの技クラスを作成していきましょう。

 

ゆびをふる(/Classes/Move/MoveMetronome.php
<?php
$root_path = __DIR__.'/../..';
require_once($root_path.'/Classes/Move.php');
 
// ゆびをふる
class MoveMetronome extends Move
{
 
    /**
    * 正式名称
    * @var string
    */
    protected $name = 'ゆびをふる';
 
    /**
    * 説明文
    * @var string
    */
    protected $description = 'わざのどれかをランダムで繰り出す。';
 
    /**
    * タイプ
    * @var string
    */
    protected $type = 'TypeNormal';
 
    /**
    * 分類
    * @var string(physical:物理|special:特殊|status:変化)
    */
    protected $species = 'status';
 
    /**
    * 威力
    * @var integer|null
    */
    protected $power = null;
 
    /**
    * 命中率
    * @var integer
    */
    protected $accuracy = null;
 
    /**
    * 使用回数
    * @var integer|null
    */
    protected $pp = 10;
 
    /**
    * 対象
    * @var string
    */
    protected $target = 'friend';
 
    /**
    * ゆびをふる 特殊効果
    * @return object::Move
    */
    public function exMetronome() :object
    {
        // ブラックリスト
        $black_list = [
            // ゆびをふる・オウム返し・わるあがき・ものまね・カウンター・へんしん
            get_class(), 'MoveMirrorMove', 'MoveStruggle', 'MoveMimic', 'MoveCounter', 'MoveTransform'
        ];
        // 技クラスをランダムで取得
        $move_list = glob(__DIR__.'/*.php');
        // クラス名部分のみを抽出した配列に変換
        $move_list = array_map(function($path){
            return preg_replace('/\.php$/', '', basename($path));
        }, $move_list);
        // ブラックリストに登録されたクラスを弾く
        $move_list = array_filter($move_list, function($class) use($black_list){
            return !in_array($class, $black_list, true);
        });
        // リストからランダムにキーを抽出
        $key = array_rand($move_list);
        // 技クラスを返却
        return new $move_list[$key];
    }
 
}

 

ゆびをふるも、技を書き換える特殊な処理が必要になるので、専用のexMetronomeというメソッドを作成しました。

まず処理の初めに、ブラックリストとして例外技を配列で用意します。次に、既に用意されている技クラスを取得するためにglob関数を使います。 

glob(__DIR__.'/*.php');

 

引数として、技クラスが格納されているディレクトリのphpファイルをアスタリスクを使って指定しています。返り値は配列で一致したファイルのパスが値として格納されているので、array_mappreg_replaceの正規表現を使ってファイル名(拡張子を除く)の配列に変換します。

array_map(function($path){
    return preg_replace('/\.php$/', '', basename($path));
}, $move_list);

 

更に、ブラックリストに登録された技を対象外とするため、array_filterを使って取り除いていきます。

array_filter($move_list, function($class) use($black_list){
    return !in_array($class, $black_list, true);
});

 

これで候補技クラスを格納した配列が出来上がったので、array_randでランダム選出してインスタンス化して返却します。

// リストからランダムにキーを抽出
$key = array_rand($move_list);
// 技クラスを返却
return new $move_list[$key];

 

これでゆびをふるのランダム選出処理が完成しました。

 

使用時の特別判定

それでは、攻撃処理の中にゆびをふるの判定を追加しましょう。オウムがえしと同じく技を変化させる処理のため、特別判定を加えつつあばれるとチャージ技が選出された際のループ回避処理も追加します。

 

攻撃用トレイト(/App/Traits/Service/Battle/ServiceBattleAttackTrait.php
/**
* 攻撃
* (攻撃→ダメージ計算→ひんし判定)
*
* @param atk_pokemon:object::Pokemon
* @param def_pokemon:object::Pokemon
* @param move:object::Move
* @return object::Move
*/
protected function attack(object $atk_pokemon, object $def_pokemon, object $move) :object
{
    // 補正値の初期化
    $this->m = 1;
    // 行動チェック(状態異常・状態変化)
    if(
        !$this->checkBeforeSa($atk_pokemon) ||
        !$this->checkBeforeSc($atk_pokemon)
    ){
        // 行動失敗
        return $move;
    }
    // 「わるあがき」の確認とPP消費処理
    if(!$this->checkEnabledMove($move, $atk_pokemon)){
        setMessage($atk_pokemon->getPrefixName().'は出すことのできる技がない');
    }
    // 「オウムがえし」の特別処理
    if(get_class($move) === 'MoveMirrorMove'){
        $mirror_move = $this->exMirrorMove($atk_pokemon, $def_pokemon, $move);
        if(!$mirror_move){
            // 技失敗
            setMessage('しかし上手く決まらなかった');
            return $move;
        }else{
            // ミラー技をセット
            $move = $mirror_move;
        }
    }
    // 「ゆびをふる」の特別処理
    if(get_class($move) === 'MoveMetronome'){
        $move = $this->exMetronome($atk_pokemon, $move);
    }
    // チャージチェック
    $charge = $move->charge($atk_pokemon);
    if($charge){
        // チャージターンなら行動終了
        setMessage($charge);
        return $move;
    }

 

記述量も増えてきたので、特別処理のexMetronomuメソッドはトレイト分けしました。

 

攻撃特別処理用トレイト(/App/Traits/Service/Battle/ServiceBattleExTrait.php
<?php
// 特別処理
trait ServiceBattleExTrait
{
    /**
    * オウムがえしの特別処理
    *
    * @param atk:object::Pokemon
    * @param def:object::Pokemon
    * @param move:object::Move
    * @return mixed::Move|false
    */
    protected function exMirrorMove(object $atk, object $def, object $move)
    {
        // チャージ・あばれる技の確認
        $wait_move = $this->exGetWaitingMove($atk);
        if(is_object($wait_move)){
            return $wait_move;
        }else{
            // 「オウムがえし」の発動メッセージ
            setMessage($atk->getPrefixName().'は'.$move->getName().'を使った!');
            return $move->exMirrorMove($def, $this->battle_state);
        }
    }
 
    /**
    * ゆびをふるの特別処理
    *
    * @param atk:object::Pokemon
    * @param move:object::Move
    * @return object::Move
    */
    protected function exMetronome(object $atk, object $move) :object
    {
        // チャージ・あばれる技の確認
        $wait_move = $this->exGetWaitingMove($atk);
        if(is_object($wait_move)){
            return $wait_move;
        }else{
            // 「ゆびをふる」の発動メッセージ
            setMessage($atk->getPrefixName().'は'.$move->getName().'を使った!');
            return $move->exMetronome();
        }
    }
 
    /**
    * 特別処理時の待機技(チャージorあばれる)の取得
    *
    * @param atk:object::Pokemon
    * @return mixed::Move|false
    */
    protected function exGetWaitingMove(object $atk)
    {
        //「チャージ状態」になっているかどうかを確認
        $charge = $atk->getChargeMove();
        if($charge){
            return new $charge;
        }
        //「あばれる状態」になっているかどうかを確認
        $thrash = $atk->getThrashMove();
        if($thrash){
            return new $thrash;
        }
        return false;
    }
 
}

 

ゆびをふるでは、技選出が失敗することは無いので技オブジェクトを返却で統一させています。

 

では実際にバトルで使用してみましょう。

 

使用するたびにランダムで技が選出されることが確認できました。これでゆびをふるの実装は完了です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンでは「ゆびをふる」の実装方法をご紹介しました。

ゲームづくりに興味がある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

注目の記事

戦闘不能による交代編 PHPポケモン84
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
戦闘不能による交代編 PHPポケモン84

戦闘不能による交代 ポケモンが戦闘不能になった際、もし手持ちに戦える状態のポケモンが残っていれば「交代」か「逃げる」の2択になります。今までは手持ちポケモンが1匹のみで判定を行っていたので、今回は交代の選択肢も含めて勝負の判定の見直しをしていきます。   パーティーを含めた勝負判定 味方または...

ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜レベルシステム導入編〜 3
プログラミング
PHP,PHPポケモン,オブジェクト指向,ポケモン
ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜レベルシステム導入編〜 3

  大人気?シリーズ「ピカチュウから学ぶオブジェクト指向」、今回はレベルシステムの導入編です。   第1回(基礎編)、第2回(クラス継承編)で作成したPokemonとPikachuのクラスを使用するので、最初から学習したい人はぜひご参考ください。      レベルシステムの導入   ポケモンのゲ...

ポケモンプロパティ編(全国図鑑No・捕捉率・重さ) PHPポケモン 77
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
ポケモンプロパティ編(全国図鑑No・捕捉率・重さ) PHPポケモン 77

PHPポケモン記事も記念すべき第77回を迎えることができ、これもひとえに皆様のお力があってのことです。いろんな方のご協力もあり(ドット絵とかドット絵とかドット絵とか)見た目はかなりゲームらしくなってきました。 しかし、肝心のゲーム要素が本家と比べればまだまだ機能も少なく未実装の項目も多いので、これ...

PHPポケモン「行動順判定+敵ポケモン攻撃編」25
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「行動順判定+敵ポケモン攻撃編」25

行動順の判定 ポケモンの行動順は以下の通りです。 技の優先度 すばやさの実数値(補正有り) 同速の場合は50%の乱数   この順番で比較を行い、先行後攻を決めます。ただし、これは両者ともに攻撃を選択した場合のみです。アイテムの使用や交代は技よりも優先されますし(※一部技を除く)、にげる...

PHPポケモン「オートロード編(修正版)」17 おまけ:日本語化
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「オートロード編(修正版)」17 おまけ:日本語化

  前回実装したオートローダーの使い方が盛大に間違っていたので、今回その間違いの説明をしながら、正しい実装方法をご紹介します。 申し訳ありません。(誠意)    オートロードについて(再)  必要なタイミングで必要なファイルをrequireまたはincludeするあれです。   前回spl_autoload_reg...

ポケモンセンター編 PHPポケモン 37
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
ポケモンセンター編 PHPポケモン 37

ポケモンセンター  バトルシステムを作る関係上、どうしてもダメージを受けることが多くなってきたので、そろそろポケモンセンターを建設(作成)します。 とは言っても、ポケモンセンターに行って交換やらボックス整理などができるわけではなく、ただ回復ポイントを設置するだけの簡単な処理です。   HPの回復 ...

ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜レベルアップ編〜 5
プログラミング
PHP,PHPポケモン,オブジェクト指向,ポケモン
ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜レベルアップ編〜 5

  第3回でレベルシステムを導入し、第4回では経験値システムの導入をしたので、今回はそれを合わせたレベルアップのシステムを導入します。 第1回から作成しているコードを使用しているので、もし最初から学習したい人は第1回の入門編をご覧ください。     レベルアップシステムの導入   レベル...

【Laravel】論理削除対応型existsバリデーションの実装方法
プログラミング
Laravel,PHP
【Laravel】論理削除対応型existsバリデーションの実装方法

  Laravelでは多くのバリデーションが提供されていますが、論理削除を使用している場合はそのままでは使えないものが複数あります。 今回は紐付けをする際に存在チェックで使用するexistsのソフトデリート対応のバリデーションを実装する方法をご紹介します。     カスタムバリデーションの追加   存...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力