プログラミング

WordPressをローカルと本番環境で同じ状態にするために理解しておきたい3つのポイントを徹底解説

PHP phpMyAdmin WordPress
WordPressをローカルと本番環境で同じ状態にするために理解しておきたい3つのポイントを徹底解説

 

WordPressで作ったサイトは通常のサイトと違い、DBが絡んでくるためローカル環境と本番環境を同一の状態で稼働させるには設定や更新されるディレクトリの知識が必要になります。

今回は、WordPressを使ったサイトを作成している人や、開発に挑戦しようとしている人に向けて、ローカルで作ったWordPressのサイトを本番環境と同じ状態で保つために押さえておかなければならない3つのポイントを紹介します。

 

 

MySQL設定の分岐

 

WordPressはデータベースに必要情報が格納されているので、本番環境であれば本番環境の、ローカル環境であればローカル環境のMySQLへ接続する必要があります。

 

基本的に設定が必要な情報は次の5項目です。 

  1. WordPress のためのデータベース名
  2. MySQL データベースのユーザー名
  3. MySQL データベースのパスワード
  4. MySQL のホスト名
  5. データベースの文字セット

 

文字セットに関しては、基本的にどの環境でも同じ値が設定されるため、変更しなければならない箇所は上4つです。

もし、これがローカルと本番環境で同じ場合は分岐する必要はありませんが、使っているデータベースによってはそうはいかない人も多いでしょう。

 

MySQL設定はWordPressファイルの最上部にあるwp-config.phpで設定します。

以下、サンプルコードです。27行目ぐらいからMySQLの設定です。

※wp-config.phpファイルに不備があると接続できなくなってしまうことがあるので、編集する際は念の為ファイルのバックアップを取っておきましょう

if (@$_SERVER['SERVER_NAME'] === 'ローカル環境のドメイン') {  

              // ローカル環境 ========================

              /** WordPress のためのデータベース名 */
              define( 'DB_NAME', 'データベース名' );

              /** MySQL データベースのユーザー名 */
              define( 'DB_USER', 'ユーザー名' );

              /** MySQL データベースのパスワード */
              define( 'DB_PASSWORD', 'パスワード' );

              /** MySQL のホスト名 */
              define( 'DB_HOST', 'ホスト名' );
             
} else if(@$_SERVER['SERVER_NAME'] === '本番環境のドメイン') {
             
              // 本番環境 ========================

              /** WordPress のためのデータベース名 */
              define( 'DB_NAME', 'データベース名' );

              /** MySQL データベースのユーザー名 */
              define( 'DB_USER', 'ユーザー名' );

              /** MySQL データベースのパスワード */
              define( 'DB_PASSWORD', 'パスワード' );

              /** MySQL のホスト名 */
              define( 'DB_HOST', 'ホスト名' );

}

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースの文字セット */
define( 'DB_CHARSET', 'utf8mb4' );

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define( 'DB_COLLATE', '' );

 

設定する環境が2つなので、if文で分岐させています。ドメインで判定しているので、$_SERVER[‘SERVER_NAME’]でドメイン名を取得して比較しています。

本番環境でelse ifを使っていますが、elseにしても問題ありません。

ローカル、本番以外にもテスト環境が欲しい人は、更にelse ifを追加してください。それ以上に増える場合はswitchで分岐させても良いでしょう。

 

こうしていれば、ローカル環境でWordPressを使って作成したサイトを本番環境へそのままアップロードしても、環境分岐されているためwp-config.phpを編集する手間がなくミスも減り便利です。

 

 

データベース内のドメイン変更

 

ローカル環境で記事の更新や、設定の変更をすればデータベース内の情報が書き換わります。

その場合、ローカル環境のsqlをエクスポートして本番環境へインポートすることになりますが、そのままだと本番環境では正しく稼働しません

※もし本番環境で更新して、ローカル環境へ同じ内容を反映させたい場合は、逆を行ってください

 

WordPressで使用しているデータベース内にwp_optionsというテーブルがあるので、その1行目と2行目を変更しましょう。

 

ローカルのデータベースであれば、1、2行目がローカルのドメインになってます。そのままだと、本番環境のURLへアクセスしてもローカルへリダイレクトされてしまうので、外部の人からだと見えないということが起こってしまいます。

 

余談ですが、WordPressの設定を変更して管理画面へログインできなくなった人の多くは、このURL指定が間違っていることが原因です。

 

SQLをインポート、エクスポートしたあとに、この2箇所のドメインをそれぞれの環境に合わせて変更すればデータベース情報を共有することができます

※データベースを更新する前には必ず、更新前のSQLのバックアップをとるようにしておきましょう

 

データベースの操作はphpMyAdminSequel Proを使用すると簡単です。

もしXserverSequel Proで接続したい場合は、その方法をまとめていますので、参考にしてください。

XserverにSequel ProでSSH接続する方法を4ステップでわかりやすく解説 XserverにSequel ProでSSH接続する方法を4ステップでわかりやすく解説

  AWSなどが注目される中、Xserver(エックスサーバー)は操作やセットアップが簡単で、ポートフォリオや業務、個人ブログ(WordPess)で使用している方に需要が高いサービスです。 そしてMacのPCを使っている方はデータベースの管理ツールとして、無料で使えるSequel Proが人気があり、多くのユーザーが使用し...

 

 

更新されたファイルの共有

 

最後にファイルの共有についてです。WordPressでは基本的にテーマファイル以外は更新しないので、テーマファイルだけを共有しておけば良いと考えてしまいがちですが、実はそれだけでは同じ状態を保つことはできません。

なので、以下の4ディレクトリを押さえておきましょう。

  1. wordpressディレクトリ/wp-content/themes/使用しているテーマ
  2. wordpressディレクトリ/wp-content/uploads
  3. wordpressディレクトリ/wp-content/plugins
  4. wordpressディレクトリ/wp-content/languages

 

 

テーマディレクトリ 

 

1つ目はテーマディレクトリです。もし子テーマを使用している場合は複数更新する必要があるので、themesそのものをFTPソフトを使用して更新しても良いでしょう。ただ、使用していないテーマが多い場合はそれだけで膨大な時間と通信量がかかってしまうので注意が必要です。

 

 

アップロードディレクトリ

 

2つ目のuploadsは画像等のアップロードディレクトリです。

もし、ローカル環境で画像やPDFファイルなどのアップロードを管理画面から行った場合データベース情報をインポートするのと同時にこの中のフォルダもFTPソフトを使用してアップするようにしておきましょう。

中は2020/05といったように年月でフォルダ分けされているので、更新されているフォルダだけ上げるようにすれば、余計な時間もかかりません。

※過去の記事を編集中に画像等をアップロードすれば、その記事の年月フォルダに画像がアップされたりするので、新しい年月フォルダだけを監視しておけば良いというわけではありません

 

 

プラグインディレクトリ

 

3つ目のpluginsプラグインのファイルが格納されているディレクトリです。

もしローカル環境でプラグインをダウンロードしたのであれば、このフォルダに新しく追加されているので、FTPソフトを使用してアップしておきましょう。

 

 

言語ファイルディレクトリ

 

4つ目のlanguages言語ファイル用のディレクトリです。

こちらは見逃されやすいですが、プラグインの日本語化ファイルなどが格納されているため、もしプラグインをローカル環境でダウンロードして本番環境へ移した場合は、こちらも合わせてアップロードするようにしておきましょう。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回ご紹介した3つのポイントを押さえていればローカルと本番どちらでも同じ状態にしておくことができます

 

今回のポイントを元に、ローカルで作ったサイトを本番環境へ移行させる方法と、ローカルで更新時に本番環境へ反映させる方法を簡単にまとめておきます。

  

・ローカルで作ったサイトを本番環境へ移行 
  1. wp-config.phpに設定情報の分岐を追加
  2. FTPソフトで全ファイルをアップロード
  3. ローカルのDBSQLをエクスポートして、本番のDBへインポート
  4. DBwp_optionsテーブルの1、2行目のドメインを本番ドメインに変更

  

・ローカルで更新時に本番環境へ反映
  1. FTPソフトで更新されたテーマ、アップロード、プラグイン、言語フォルダをアップロード
  2. ローカルのDBSQLをエクスポートして、本番のDBへインポート
  3. DBwp_optionsテーブルの1、2行目のドメインを本番ドメインに変更

 

※もし本番環境で記事更新などを行った場合は、本番環境のデータをローカルへダウンロードするようにしましょう

 

 

これを押さえていれば、快適なWordPressを使ったサイト制作、開発ができるようになります。

これからWordPressについて学ぼうとしている人や、現在使っているけどいまいち理解できていないような人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

注目の記事

知らなきゃ損!表記ゆれに強いSEO対策とは「オーガニック検索ユーザーを増やそう」
SEO対策
description,keyword,meta,title
知らなきゃ損!表記ゆれに強いSEO対策とは「オーガニック検索ユーザーを増やそう」

  「なかなかオーガニック検索の割合が増えない」 「どういったSEO対策をすればいいかわからない」   ブログやサイト運営者の方で、思うように成果が出ないと悩んでいる人は、まだまだSEO対策が十分ではない可能性があります。そして、SEO対策の中でも知らないと損する一つが「表記ゆれ」への対応です。 ...

戦闘不能による交代編 PHPポケモン84
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
戦闘不能による交代編 PHPポケモン84

戦闘不能による交代 ポケモンが戦闘不能になった際、もし手持ちに戦える状態のポケモンが残っていれば「交代」か「逃げる」の2択になります。今までは手持ちポケモンが1匹のみで判定を行っていたので、今回は交代の選択肢も含めて勝負の判定の見直しをしていきます。   パーティーを含めた勝負判定 味方または...

AIが人類にもたらす驚異!深層学習が与える影響とは
ネットワーク
AI,ディープフェイク,深層学習
AIが人類にもたらす驚異!深層学習が与える影響とは

  海外の記事でAIについて記述した興味深いものが掲載されました。   今回は「AIが人類にもたらす驚異!深層学習が与える影響とは」について、上記サイトを参考にまとめましたのでご紹介します。 ※直訳ではありません、あくまで記事の内容を参考にして自らの考えを記述したものです     AIの驚異と...

レビューがアフィになる!?SNS式ECサイトとは【ビジネス企画書】
ビジネスモデル
ECショップ,SNS
レビューがアフィになる!?SNS式ECサイトとは【ビジネス企画書】

  多くの人が利用しているSNS 副業やフリーランスに人気なアフィリエイト   それぞれの良い点を上手く利用すれば、完成するビジネスはないか?と考えて思い浮かんだ企画です。 今回は「レビューがアフィになる!?SNS式ECサイトとは」について、新時代のショッピングモール式ネットショップの企画をご紹...

連続攻撃技と一撃必殺技編 PHPポケモン39
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
連続攻撃技と一撃必殺技編 PHPポケモン39

連続攻撃技とは 追加効果だけでは処理できない技が、初代に限定していても数多くあります。その一つが「連続攻撃技」です。  連続攻撃技 https://wiki.ポケモン.com/wiki/連続攻撃技 連続攻撃技はさらに4パターンに分かれる。 攻撃回数が2回固定であるもの 攻撃回数が3回固定であるもの 攻撃回...

忘れさせる技選択 後編(新しい技を習得) PHPポケモン 56
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
忘れさせる技選択 後編(新しい技を習得) PHPポケモン 56

新しい技を習得 前編に続き、技習得時の処理分岐を作成していきましょう。今回は「新しい技を習得する」です。 前回は覚えようとしている技を諦めるだけだったので、ポケモンのオブジェクトを書き換える必要がありませんでしたね。ですが、新しく覚えようとしている技を既に覚えている技と置き換える場合は、ポケモ...

フリーランスの仕事の取り方教えます!この3つを押さえておけばOKです【企業も応用可】
フリーランス
フリーランス,独立,起業
フリーランスの仕事の取り方教えます!この3つを押さえておけばOKです【企業も応用可】

  仕事ってどうやってとればいいの?   独立したい、起業したいと考えている人の多くが、仕事はどうやってとればいいのかと悩んで足踏みしています。 実は、基本的な3つのポイントさえ知っていれば、継続して仕事を受注することは簡単です。 今回は自分が実際にやっていることを例に「フリーランスなら...

PHPポケモン(α)攻略wiki「最初のポケモン」
雑記
PHPポケモン,wiki,ポケモン
PHPポケモン(α)攻略wiki「最初のポケモン」

リリースから一ヶ月、遂にPHPポケモン(α)の攻略Wiki(仮)が公開です!   というのは大嘘で、内部の大幅変更の関係上、今回はPHPポケモンをプレイするにあたってのオススメなどをまとめて見た次第です。 ちなみに、バトルシステム自体は本家に沿って作成しているので、種族値や技性能に精通している人はブラウザ...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力