Laravelで生成したCookie情報をjQueryで取得する方法【JavaScript】
2020年8月3日 (最終更新日:2020/8/15 13:13)

Laravelで生成したCookie情報をjQueryで取得する方法【JavaScript】

 

今回はLaravel開発備忘録です。

ajaxでapi認証してviewに記述したhtmlデータを取得するために、cookieを使ったapi_tokenの受け渡し手順をまとめてみました。

 

Laravelを使った開発をしている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

Laravelで生成したCookie情報をjQueryで取得する方法【JavaScript】

Laravel側の処理

 

まずはcookieにデータをセットする必要があります。大きく分けると方法は2つです。

  • ファザードを使った方法
  • メソッドを使った方法

Laravel公式 HTTPリクエスト

 

引数は基本的に同じなので、使用環境や状況に合わせて利用してください。今回はviewを返す際にcookieを付与する例を使って説明するので、メソッドを使った方法をご紹介します。

 

 

responseにcookieの付与

 

cookieのメソッドは以下の通りです。

cookie(‘name’, ‘value’, $minutes, $path, $domain, $secure, $httpOnly)

 

これをviewのメソッドに繋げることで、返却する際にcookie情報をセットすることができます。今回は管理者ホーム画面を想定してユーザー情報に格納されたapi_tokenを返却してみます。

// apiトークンを返却
return response()->view('admin.home')
        ->cookie('api_token', Auth::user()->api_token, 30);

 

名前に「api_token」値に「Auth::user()->api_token」cookieの有効時間を30分としました。実際にjsファイル側でクッキー情報の取得結果を確認してみましょう。

console.log($.cookie("api_token")); // undefined

 

これだけでは取得できませんね。問題はLaravel側にあります。

 

 

cookieの暗号化を解除する

 

Laravelでは生成したcookie情報を暗号化しているため、単純にcookieをセットするだけではLaravel内でしか使用できません。なので、暗号化を解除するための処理を加えます。

app/Http/Middleware/EncryptCookies.php
protected $except = [

        'api_token',

    ];

 

$exceptにcookieの名称を指定しておけば、セットしても暗号化されることはありません。もしEncryptCookies.phpのミドルウェアが有効になっていなければコメントアウトを解除しておきましょう。

app/Http/Kernel.php
/**
* The application's route middleware groups.
*
* @var array
*/
protected $middlewareGroups = [
     'web' => [
          \App\Http\Middleware\EncryptCookies::class,
     ];
];

 

これで暗号化されずにcookieへセットすることができます。jsファイルで取得結果を見てみましょう。 

console.log($.cookie("api_token")); // undefined

 

まだ駄目ですね。実はcookieの引数に問題があります。

jsファイルでcookieを取得するためには、controllerviewに連結させたcookieに第7引数までをセットしなければなりません

// apiトークンを返却
return response()->view('admin.home')
        ->cookie('api_token', Auth::user()->api_token, 30, null, null, false, false);

 

こうすることで、jsでも取得できるcookieをセットすることができます

console.log($.cookie("api_token")); // vqZcNw7SkqhJxrfh*************

 

無事取得することができましたね。これでLaravel側での処理は完了です。

 

 

JavaScript側の処理

 

Laravel側でcookieapi_tokenをセットしたら、次にjs側でセットされたcookie情報を取り出しますapi_tokenのやり取りができれば、ajaxを使ってapi認証ができるため、より動的なアプリケーション開発が行なえるようになります。

SPAであれば、vue.jsなどフレームワークを使った開発が主流ですが、部分的に動的な処理を入れるぐらいであれば、jQueryを使った方が簡易かつ開発時間の短縮にもつながるので便利です。そのためにも、cookieを使ったやり取りは覚えておいて損はありません。

 

 

jquery.cookie.jsの読み込み

 

JavaScriptでもcookieの処理は可能ですが、全cookieを文字列で取得してしまうため加工が面倒です。今回は配列で簡単に受け取ることができるようにjQueryのjquery.cookie.jsというプラグインを使用します。

<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/jquery-cookie/1.4.1/jquery.cookie.min.js"></script>

 

CDNを使用したくないのであれば、配布サイトでjsファイルをダウンロードしてresourcesに設置してください。 

 

 

cookieの取得

 

Laravelの処理でも少し登場しましたが、セットされたcookieを取得するには以下のように記述します。

$.cookie(name);

 

引数を指定しなければ、セットされているcookie情報すべてを配列で取得します。もし複数データを管理する場合はまとめて取得して、jsファイル内で展開するという方法もあります。

 

今回はapi_tokenにセットしたcookieを取得したいので、nameにはapi_tokenを指定します。 

var api_token = $.cookie("api_token");
console.log(api_token); // vqZcNw7SkqhJxrfh*************

 

 

おまけ

 

laravelapiajaxで接続する例をまとめておきます。  

// ajaxでhtmlのテンプレートを取得
var host = location.protocol + "//" + location.host;
var html = $.ajax({
        type: "GET",
        url: host + "/api/admin/html_template",
        async: false,
        headers: {
                Authorization: "Bearer " + $.cookie("api_token");
        },
        dataType: "html"
}).responseText;

 

こうすれば、viewなどでhtmlパーツを準備してjsファイル内で使用することができます。ajaxdataをもたせれば、Laravel上でリクエストデータとして扱えるので、比較的自由にやり取りができるようになります。

 

cookieを使いたくない人は、metaタグにapi_tokenをセットしてnameidを付与すればjQueryで簡単に取り出せますので、プラグインを使わずにapi_tokenのやり取りも可能です。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は「Laravelで生成したcookie情報をjQueryで取得する方法」をご紹介しました。

みなさんもWebアプリケーション開発を楽しみましょう。

 

Copyright © 2016-2020 YQUAL All Rights Reserved.