プログラミング

オブジェクト指向有効活用編 PHPポケモン 93

PHP PHPポケモン ポケモン
オブジェクト指向有効活用編 PHPポケモン 93

オブジェクト指向の有効活用

β版に向けたPHPポケモンの構成見直し、今回は「オブジェクト指向」の役割について、より理解を深めつつ、保守性も良くなるように整えていきます。

 

機能を持たせる

様々なプロパティを定数や静的変数へ以降していますが、今回は「静的メソッド」の活用範囲を増やしていきます。まず最初に注目したのが「状態異常」についてです。

 

状態変化も同じくですが、それぞれに「行動前」「行動後」に発症するものがあり、解除条件や発動による行動可不可も異なります。サービスに付属するトレイト内に分岐を作ってそれぞれの処理を噛ませていましたが、本来は「状態異常クラス」そのものに効果を持たせる方が、オブジェクト指向としては正しい役割となります

 

一例として、行動前に判定する状態異常に合わせてた静的メソッドを作成していきましょう。

 

状態異常クラス(/Classes/StatusAilment.php
/**
* 行動前の状態異常発症
* @param pokemon:object
* @return array
*/
public static function onsetBefore(object $pokemon): array
{
    return [
        'result' => true,
    ];
}

 

親クラスにonsetBeforeという静的メソッドを作成しました。こちらが行動前の状態異常発症用となります。

行動前にこちらのメソッドが必要になるのは「まひ」「ねむり」「こおり」の3状態です。それ以外の状態異常では必要としませんが、共通して呼び出せるように親に基本の状態、必要なものにはそれぞれのクラス内でメソッドを作成し、エラーを回避しています。

 

では、25%の確率で行動ができなくなる「まひ」から見ていきましょう。

 

まひクラス(/Classes/Sa/SaParalysis.php
/**
* 行動前の状態異常発症
* @param pokemon:object
* @return array
*/
public static function onsetBefore(object $pokemon): array
{
    // 1/4の確率で行動不能
    if(!random_int(0, 3)){
        // 行動不能
        return [
            'result' => false,
            'message' => static::getFailedMessage($pokemon->getPrefixName())
        ];
    }else{
        // 行動可能
        return [
            'result' => true,
        ];
    }
}

 

判定は同じくrandom_intを使って25%の分岐をしています。もし行動不能であれば、配列でresultfalsemessageに失敗時のメッセージを格納して返却、行動成功時にはresulttrueをセットして返却しています。

返り値が同じ方が、受け取り側の処理が組みやすいため、今回は「配列」という形式をとりました

 

では次に、解除が含まれる「ねむり」について見てみましょう。

 

ねむりクラス(/Classes/StatusAilment.php
/**
* 行動前の状態異常発症
* @param pokemon:object
* @return array
*/
public static function onsetBefore(object $pokemon): array
{
    // ターンカウントを進める
    $pokemon->goSaTurn();
    // ターンカウントが残っていれば行動不能
    if($pokemon->getSa()){
        // 行動不能
        return [
            'result' => false,
            'message' => static::getFailedMessage($pokemon->getPrefixName())
        ];
    }else{
        // ねむり解除
        return [
            'result' => true,
            'release' => true,
            'message' => static::getRecoveryMessage($pokemon->getPrefixName())
        ];
    }
}

 

ターンカウントを進め、状態異常を解除、その後行動判定を行なっています。

解除時にはアニメーション(ねむりアイコンを非表示にする)が必要になるため、releaseというキーにtrueを持たせることで呼び出し元へ通知しています。

状態異常の解除アニメーションは、全て同じアクションと引数で行えるため、現状はこれだけでの判定としていますが、パラメーターが変わるものがあれば必要に応じて配列に値を格納、受取先で分岐しましょう。

 

役割分担

次に、行動前の状態異常発症メソッドを呼び出すトレイト内のメソッドを見てみましょう。

 

バトルサービス用チェック関係トレイト(/App/Traits/Service/Battle/ServiceBattleCheckTrait.php
/**
* 攻撃前の状態異常判定
* @param pokemon:object::Pokemon
* @return boolean
*/
protected function checkBeforeSa(object $pokemon): bool
{
    $sa = $pokemon->getSa();
    if(empty($sa)){
        // 状態異常にかかっていない
        return true;
    }
    // アタック前の症状を発火
    $result = $sa::onsetBefore($pokemon);
    // 解除の有無確認
    if($result['release'] ?? false){
        $msg_id = response()->issueMsgId();
        response()->setResponse([
            'action' => 'sa-release',
            'target' => $pokemon->getPosition()
        ], $msg_id);
    }
    // メッセージがあれば格納
    if(isset($result['message'])){
        response()->setMessage($result['message'], $msg_id ?? null);
    }
    // 結果を返却
    return $result['result'];
}

 

状態異常があれば、先程作成した静的メソッド(onsetBefore)を呼び出しています。その後、返り値を確認しながらメッセージやレスポンスを生成、最終的には結果をそのまま返却しました。

ここでのポイントは、メッセージやレスポンスの格納をサービス内で行なっているという点です。

 

現状、クラス内で行なっているメッセージの格納もありますが、できる限りサービス内またはコントローラー内で管理する方向でまとめています。なぜなら、クラス内で呼び出されることにより、いつどこでどのタイミングで呼び出されているのかがわかりづらく、更には「予期せぬタイミングでメッセージが生成されてしまう」ことに繋がるからです。

 

技や状態異常、ポケモンなどのクラスでは「そのクラスが持つ効果やクラス内に影響を与える処理」、サービスやコントローラーでは現在のアクションで必要な処理を担えるように、役割分担させることが、オブジェクト指向を上手く活用した開発に繋がります。

 

では、最後に修正した状態異常が正常に機能しているかどうかを確認してみましょう。

 

正常に動作していることが確認できました。

この調子で、それぞれの機能についてもクラス管理で移行予定です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンでは「オブジェクト指向の有効活用」の方法として、静的メソッドの使い方をご紹介しました。

流石に100回近くもやっていると、なんとなくの理解だったクラスなども大分活用範囲が増えてきました。

現在プログラミング学習に取り組んでいる方や、ゲームづくりに興味がある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

注目の記事

WordPressをローカルと本番環境で同じ状態にするために理解しておきたい3つのポイントを徹底解説
プログラミング
PHP,phpMyAdmin,WordPress
WordPressをローカルと本番環境で同じ状態にするために理解しておきたい3つのポイントを徹底解説

  WordPressで作ったサイトは通常のサイトと違い、DBが絡んでくるためローカル環境と本番環境を同一の状態で稼働させるには設定や更新されるディレクトリの知識が必要になります。 今回は、WordPressを使ったサイトを作成している人や、開発に挑戦しようとしている人に向けて、ローカルで作ったWordPressのサイ...

甘い誘惑に気をつけよう「わからないことへの対処法」
雑記
甘い誘惑に気をつけよう「わからないことへの対処法」

  最近は開発記事が多めだったので、今回は気分転換も込めてみんな大好きコラムのコーナーです。開発疲れという理由ももちろんありますが、久々に考えを書き綴りたくなったというのが本音です。   今回のテーマは「甘い誘惑に気をつけよう」です。高校生ぐらいまではあまり縁がなかったことでも、大学生・社会...

PHPポケモン「行動順判定+敵ポケモン攻撃編」25
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「行動順判定+敵ポケモン攻撃編」25

行動順の判定 ポケモンの行動順は以下の通りです。 技の優先度 すばやさの実数値(補正有り) 同速の場合は50%の乱数   この順番で比較を行い、先行後攻を決めます。ただし、これは両者ともに攻撃を選択した場合のみです。アイテムの使用や交代は技よりも優先されますし(※一部技を除く)、にげる...

ゆびをふる編 PHPポケモン 69
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
ゆびをふる編 PHPポケモン 69

ゆびをふるとは 今回PHPポケモンで実装する技は「ゆびをふる」です。  ゆびをふる(ポケモンwiki) https://wiki.ポケモン.com/wiki/ゆびをふる   「ゆびをふる大会」というゆびをふるのみを使った大会なども開催されているということもあり、ポケモンの技の中でも初代から長く愛されてきた1つです。で...

進化の石編(実装)PHPポケモン103
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
進化の石編(実装)PHPポケモン103

アイテムによる進化 前回作成した、進化アイテムによる構成の続きです。   進化アイテムとして「かみなりのいし」、ピカチュウの進化判定を作成したので、アイテムの使用から進化処理までを作成、実装します。   今回作成する処理は以下の2点です。 アイテムの使用判定 進化画面への移管   それ...

フリーランス必見!良質案件を獲得するための3つのプロセス
フリーランス
フリーランス必見!良質案件を獲得するための3つのプロセス

  「良い案件に巡り会えない」 「なかなか仕事が受注できない」   駆け出しフリーランスや、これから独立しようと考えている人が直面する大きな悩みの1つですね。 ですが、意外にも自分でその案件自体を制限していたり、良質だった案件を自らで質を下げてしまっているというケースは少なくありません。...

フリーランスになるなら知っておきたい!無料サービス3選
フリーランス
フリーランスになるなら知っておきたい!無料サービス3選

  「フリーランスになる前に何を準備すればいいの?」 「フリーランス向けの便利なサービスが知りたい」   今回はそんな悩みを抱えた人へ向けて「フリーランスになるなら知っておきたい!無料サービス3選」をご紹介します。 この記事を読んで、フリーランスにとっての悩みである以下の3つの問題を一緒...

進化の石編(構成) PHPポケモン 102
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
進化の石編(構成) PHPポケモン 102

進化の石 ピカチュウさんもそろそろ進化したがっているので、β版の公開に向けて進化の石を実装していきます。しかし、イーブイなど特別な進化先や条件を持ったポケモンを考慮すると、少し実装が手間取りそうだったので、今回は構成部分のみのまとめとなっておりますので、ご了承ください。   アイテムクラスの作...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力