プログラミング

オブジェクト指向有効活用編 PHPポケモン 93

PHP PHPポケモン ポケモン
オブジェクト指向有効活用編 PHPポケモン 93

オブジェクト指向の有効活用

β版に向けたPHPポケモンの構成見直し、今回は「オブジェクト指向」の役割について、より理解を深めつつ、保守性も良くなるように整えていきます。

 

機能を持たせる

様々なプロパティを定数や静的変数へ以降していますが、今回は「静的メソッド」の活用範囲を増やしていきます。まず最初に注目したのが「状態異常」についてです。

 

状態変化も同じくですが、それぞれに「行動前」「行動後」に発症するものがあり、解除条件や発動による行動可不可も異なります。サービスに付属するトレイト内に分岐を作ってそれぞれの処理を噛ませていましたが、本来は「状態異常クラス」そのものに効果を持たせる方が、オブジェクト指向としては正しい役割となります

 

一例として、行動前に判定する状態異常に合わせてた静的メソッドを作成していきましょう。

 

状態異常クラス(/Classes/StatusAilment.php
/**
* 行動前の状態異常発症
* @param pokemon:object
* @return array
*/
public static function onsetBefore(object $pokemon): array
{
    return [
        'result' => true,
    ];
}

 

親クラスにonsetBeforeという静的メソッドを作成しました。こちらが行動前の状態異常発症用となります。

行動前にこちらのメソッドが必要になるのは「まひ」「ねむり」「こおり」の3状態です。それ以外の状態異常では必要としませんが、共通して呼び出せるように親に基本の状態、必要なものにはそれぞれのクラス内でメソッドを作成し、エラーを回避しています。

 

では、25%の確率で行動ができなくなる「まひ」から見ていきましょう。

 

まひクラス(/Classes/Sa/SaParalysis.php
/**
* 行動前の状態異常発症
* @param pokemon:object
* @return array
*/
public static function onsetBefore(object $pokemon): array
{
    // 1/4の確率で行動不能
    if(!random_int(0, 3)){
        // 行動不能
        return [
            'result' => false,
            'message' => static::getFailedMessage($pokemon->getPrefixName())
        ];
    }else{
        // 行動可能
        return [
            'result' => true,
        ];
    }
}

 

判定は同じくrandom_intを使って25%の分岐をしています。もし行動不能であれば、配列でresultfalsemessageに失敗時のメッセージを格納して返却、行動成功時にはresulttrueをセットして返却しています。

返り値が同じ方が、受け取り側の処理が組みやすいため、今回は「配列」という形式をとりました

 

では次に、解除が含まれる「ねむり」について見てみましょう。

 

ねむりクラス(/Classes/StatusAilment.php
/**
* 行動前の状態異常発症
* @param pokemon:object
* @return array
*/
public static function onsetBefore(object $pokemon): array
{
    // ターンカウントを進める
    $pokemon->goSaTurn();
    // ターンカウントが残っていれば行動不能
    if($pokemon->getSa()){
        // 行動不能
        return [
            'result' => false,
            'message' => static::getFailedMessage($pokemon->getPrefixName())
        ];
    }else{
        // ねむり解除
        return [
            'result' => true,
            'release' => true,
            'message' => static::getRecoveryMessage($pokemon->getPrefixName())
        ];
    }
}

 

ターンカウントを進め、状態異常を解除、その後行動判定を行なっています。

解除時にはアニメーション(ねむりアイコンを非表示にする)が必要になるため、releaseというキーにtrueを持たせることで呼び出し元へ通知しています。

状態異常の解除アニメーションは、全て同じアクションと引数で行えるため、現状はこれだけでの判定としていますが、パラメーターが変わるものがあれば必要に応じて配列に値を格納、受取先で分岐しましょう。

 

役割分担

次に、行動前の状態異常発症メソッドを呼び出すトレイト内のメソッドを見てみましょう。

 

バトルサービス用チェック関係トレイト(/App/Traits/Service/Battle/ServiceBattleCheckTrait.php
/**
* 攻撃前の状態異常判定
* @param pokemon:object::Pokemon
* @return boolean
*/
protected function checkBeforeSa(object $pokemon): bool
{
    $sa = $pokemon->getSa();
    if(empty($sa)){
        // 状態異常にかかっていない
        return true;
    }
    // アタック前の症状を発火
    $result = $sa::onsetBefore($pokemon);
    // 解除の有無確認
    if($result['release'] ?? false){
        $msg_id = response()->issueMsgId();
        response()->setResponse([
            'action' => 'sa-release',
            'target' => $pokemon->getPosition()
        ], $msg_id);
    }
    // メッセージがあれば格納
    if(isset($result['message'])){
        response()->setMessage($result['message'], $msg_id ?? null);
    }
    // 結果を返却
    return $result['result'];
}

 

状態異常があれば、先程作成した静的メソッド(onsetBefore)を呼び出しています。その後、返り値を確認しながらメッセージやレスポンスを生成、最終的には結果をそのまま返却しました。

ここでのポイントは、メッセージやレスポンスの格納をサービス内で行なっているという点です。

 

現状、クラス内で行なっているメッセージの格納もありますが、できる限りサービス内またはコントローラー内で管理する方向でまとめています。なぜなら、クラス内で呼び出されることにより、いつどこでどのタイミングで呼び出されているのかがわかりづらく、更には「予期せぬタイミングでメッセージが生成されてしまう」ことに繋がるからです。

 

技や状態異常、ポケモンなどのクラスでは「そのクラスが持つ効果やクラス内に影響を与える処理」、サービスやコントローラーでは現在のアクションで必要な処理を担えるように、役割分担させることが、オブジェクト指向を上手く活用した開発に繋がります。

 

では、最後に修正した状態異常が正常に機能しているかどうかを確認してみましょう。

 

正常に動作していることが確認できました。

この調子で、それぞれの機能についてもクラス管理で移行予定です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンでは「オブジェクト指向の有効活用」の方法として、静的メソッドの使い方をご紹介しました。

流石に100回近くもやっていると、なんとなくの理解だったクラスなども大分活用範囲が増えてきました。

現在プログラミング学習に取り組んでいる方や、ゲームづくりに興味がある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

注目の記事

TwitterでYouTubeのリンク付きサムネイルを表示させる方法【超実践的Webプログラミング活用法】
プログラミング
HTML,JavaScript,PHP,Twitter,YouTube
TwitterでYouTubeのリンク付きサムネイルを表示させる方法【超実践的Webプログラミング活用法】

  Twitter(ツイッター)をブログや商品、イベントの宣伝目的で使用している人は多いです。そして、そのためのマーケティング方法や戦略は数多く練られています。 今回は、その中でもYouTubeの告知をするために特化させた内容をまとめました。   一般的な方法と、プログラミングの知識(HTMLやJavascript等)があ...

ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜ステータス導入編〜 6
プログラミング
PHP,PHPポケモン,オブジェクト指向,ポケモン
ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜ステータス導入編〜 6

  PHPをピカチュウ(ポケモン)から学ぶ大人気コーナー、第6回目は「ステータス機能の導入編」です。   前回(第5回)で終了段階でのサンプルコードを公開しているので、もし本記事から始める人はぜひそちらを参考にしてください。    ※お詫び   調べたところによると、ポケモンの経験...

戦闘不能による交代編 PHPポケモン84
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
戦闘不能による交代編 PHPポケモン84

戦闘不能による交代 ポケモンが戦闘不能になった際、もし手持ちに戦える状態のポケモンが残っていれば「交代」か「逃げる」の2択になります。今までは手持ちポケモンが1匹のみで判定を行っていたので、今回は交代の選択肢も含めて勝負の判定の見直しをしていきます。   パーティーを含めた勝負判定 味方または...

バトルステータス可視化編 PHPポケモン 70
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
バトルステータス可視化編 PHPポケモン 70

バトルステータスの可視化 現在のポケモンでは、バトルステータスの現状を可視化できるようになっており、どれぐらいのランク補正がかかっているか、フィールドがどういう状態になっているかがわかるようになっています。 初代、第2世代等では確認できなかった内容ではありますが、システムとしては便利な要素でも...

【jQuery】移動式マルチプルフォームの作り方【sortable】
プログラミング
HTML,JavaScript,jQuery,jQuery UI
【jQuery】移動式マルチプルフォームの作り方【sortable】

  移動式マルチプルフォーム       htmlの標準マルチプルフォームは、選択したものに色が付く仕様ですが、数が多くなってくると選択しているものがわかり難いということや、並び順の変更がしにくいという難点があります。そういった条件も込みで再現するような選択要素移動式の...

事業所検索サービス「児発ねっと」児童発達支援・放課後等デイサービス
ビジネスモデル
SEO対策,プログラミング,児童デイサービス,児童発達支援,放課後等デイサービス
事業所検索サービス「児発ねっと」児童発達支援・放課後等デイサービス

どうも、児発ねっとの中の人です。 この度は児童発達支援・放課後等デイサービスといった療育施設の事業所検索サービス「児発ねっと」を開始することになりました。 本ブログでは、プログラミングやデザインといった内容のコンテンツを紹介しているため、児発ねっとのサービスは少し異色になります。なので、今回...

PHPポケモン「レスポンス機能編」メッセージの返却 12
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「レスポンス機能編」メッセージの返却 12

  第12回PHPポケモンは「レスポンス機能編」です。 メッセージやデータのやり取り部分を、よりシステム風に作成していきます。   第1回はコチラ   レスポンス(Response)の実装  今までは結果(メッセージ等)はechoを使って出力していましたが処理が行われたタイミングで出力されてしまうため...

PHPポケモン「バトルシステム編 〜バトル終了判定〜」28
プログラミング
JavaScript,jQuery,PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「バトルシステム編 〜バトル終了判定〜」28

バトル終了判定 今回はバトル終了判定を実装しましょう。今までは「にげる」による戦闘離脱のみで、ひんし状態でも殴り合うことが出来たので、それを解消するためにも戦闘結果による判定を導入します。   ひんし状態の監視 まずは「ひんし」の監視です。現在は交代ポケモンどちらか一方がひんし状態になれば、そ...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach fortify function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jetstream jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 認証 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力