プログラミング

モンスターボール作成編 PHPポケモン 79

PHP PHPポケモン ポケモン
モンスターボール作成編 PHPポケモン 79

モンスターボールとは

ポケモンのゲームにとっての楽しみの1つである「バトル」はある程度実装できてきましたが、もう一つ無くてはならない楽しみがあります。それが「ポケモンを集める」というコレクター要素です。

そして、ポケモンを捕まえるために欠かせない道具の1つが「モンスターボール」です。 

野生のポケモンに 投げて 捕まえるための ボール。カプセル式に なっている。

 

ポケモンを捕まえるための道具は、モンスターボールの他にもいくつか種類があります。初代では「モンスターボール」「スーパーボール」「ハイパーボール」「マスターボール」の4種類あり、それぞれ性能が異なります

その辺りも含めて、ポケモンを捕まえるために必要な値や計算式を見ていきましょう。

 

捕獲補正率について

ボールごとには、捕獲補正率という性能を表す数値が割り当てられています。初代で登場する4種類は以下の通りです。

モンスターボール:1

スーパーボール :1.

ハイパーボール :2

マスターボール :なし

 

マスターボールに捕獲補正率が割り当てられていないのは、他のボールと異なり100%捕まえられるボールだからです。モンスターボールの1(倍)が標準の数値で、それぞれの値はポケモンの「捕捉率」に乗算されます。

※第2世代以降で登場するボールでは、加算(減算)による補正を用いるボールも存在しています

 

では、この補正率を性能値として、モンスターボールのクラスを作成してみましょう。

 

モンスターボール(/Classes/Item/ItemPokeBall.php
<?php
$root_path = __DIR__.'/../..';
require_once($root_path.'/Classes/Item.php');
 
// モンスターボール
class ItemPokeBall extends Item
{
 
    /**
    * 正式名称
    * @var string
    */
    protected $name = 'モンスターボール';
 
    /**
    * 説明文
    * @var string
    */
    protected $description = '野生のポケモンに投げて捕まえるためのボール。カプセル式になっている。';
 
    /**
    * カテゴリ
    * @var string::general|health|ball|important|machine
    */
    protected $category = 'ball';
 
    /**
    * 最大所有数
    * @var integer
    */
    protected $max = 99;
 
    /**
    * 買値
    * @var integer
    */
    protected $bid_price = 200;
 
    /**
    * 売値
    * @var integer
    */
    protected $sell_price = 100;
 
    /**
    * 対象
    * @var string::friend|player|enemy
    */
    protected $target = 'enemy';
 
    /**
    * 使用できるタイミング
    * @var array
    */
    protected $timing = ['battle'];
 
    /**
    * 捕獲補正率
    * @var float
    */
    protected $performance = 1.0;
 
}

 

対象は敵(enemy)、使用タイミングはバトルのみ(battle)、捕獲補正率(performance)を1.0で設定しました。

こちらのクラスをベースにしながら、捕獲判定を実装していきます。

 

捕獲判定の計算式

ポケモンを捕まえるための確率算出式は世代ごとに少しずつ異なっています。今回はwikiを参考にしつつ、記載されている第6世代の計算式を用いて算出します

捕獲処理(ポケモンwiki

 

捕獲処理の計算式
  1.  B = (((最大HP × 3 – 現在HP × 2) × 捕捉率 × 捕獲補正) ÷ (最大HP × 3)) × 状態補正
  2.  G = 65536÷(255÷B)^0.1875
  3.  揺れ判定(1回当たり) = (1〜65535の乱数) <= G
  4.  4回の揺れ判定をクリアしたら捕獲

 

状態補正は以下の通りです

通常 → 1

ねむり、こおり → 2.5

その他状態以上 → 1.

 

上記式だけだとややこしく見えますが、基本的には必要数値を当てはめていくだけになります。

Bの値を算出してからGの値を算出、Gの値が乱数以下であるか比較するので、Gが65535に近ければ近いほど、捕まえる確率が高くなるということです。マスターボールを使えば、G65535が強制的にセットされると考えると、わかりやすいでしょう。

 

1揺れ毎に判定が行われるため、もし高確率が算出されたとしても、4回のうち1度でも乱数がGの値を上回ってしまえば捕獲失敗となります。

 

アイテム使用の分岐

モンスターボールが追加されたことにより、アイテム使用の分岐が必要になります。バトル中は使用可能、それ以外では使用不可とするためにjsによる選択時の分岐を追加しておきましょう。

 

アイテムモーダル(/Resources/Common/Modals/Item/item.php
<!-- Modal -->
<?php $bag = player()->getBag(); ?>
<div class="modal fade" id="item-modal" tabindex="-1" role="dialog" aria-labelledby="item-modal-title" aria-hidden="true">
    <div class="modal-dialog modal-dialog-centered" role="document">
        <div class="modal-content">
            <div class="modal-header">
                <h5 class="modal-title" id="item-modal-title">
                    <img src="/Assets/img/icon/bag.png" alt="どうぐ" />
                    どうぐ
                </h5>
                <button type="button" class="close" data-dismiss="modal" aria-label="Close">
                    <span aria-hidden="true">×</span>
                </button>
            </div>
            <div class="modal-body my-2">
                <?php # タブ ?>
                <nav class="nav nav-pills nav-justified btn-group mb-3" id="item-modal-tab">
                    <?php $cnt = 0; ?>
                    <?php foreach($bag as $category => $items): ?>
                        <a class="btn btn-outline-secondary nav-item nav-link <?php if(!$cnt) echo 'active'; ?>" id="item-modal-<?=$category?>-tab" data-toggle="tab" href="#item-modal-<?=$category?>" role="tab" aria-controls="item-modal-<?=$category?>" aria-selected="true">
                            <img src="/Assets/img/item/category/<?=$category?>.png" alt="<?=transJp($category, 'item');?>">
                        </a>
                        <?php $cnt++; ?>
                    <?php endforeach; ?>
                </nav>
                <?php # コンテンツ ?>
                <div class="tab-content" id="item-modal-tab-content">
                    <?php $cnt = 0; ?>
                    <?php foreach($bag as $category => $items): ?>
                        <div class="tab-pane fade show <?php if(!$cnt) echo 'active'; ?>" id="item-modal-<?=$category?>" role="tabpanel" aria-labelledby="item-modal-<?=$category?>">
                            <h6 class="font-weight-bolder mb-2"><?=transJp($category, 'item');?></h6>
                            <div class="bg-light p-3 mb-2 overflow-auto" style="height:120px;">
                                <div class="d-flex justify-content-between">
                                    <h6 id="item-modal-<?=$category?>-name" class="font-weight-bolder mb-0 d-flex align-self-center"></h6>
                                    <div class="item-action-button-group" data-category="<?=$category?>">
                                        <?php # プレイヤー対象のアイテム使用 ?>
                                        <form method="post" data-button="use" data-item_target="player" style="display:none">
                                            <?php input_token(); ?>
                                            <input type="hidden" name="action" value="item">
                                            <input type="hidden" name="order">
                                            <button type="submit" class="btn btn-sm btn-primary">使う</button>
                                        </form>
                                        <?php # 敵ポケモン対象のアイテム使用 ?>
                                        <form method="post" data-button="use" data-item_target="enemy" style="display:none">
                                            <?php input_token(); ?>
                                            <input type="hidden" name="action" value="item">
                                            <input type="hidden" name="order">
                                            <button type="submit" class="btn btn-sm btn-primary">使う</button>
                                        </form>
                                        <?php # 味方ポケモン対象のアイテム使用 ?>
                                        <button type="button" class="btn btn-sm btn-primary" data-button="use" data-item_target="friend" data-toggle="modal" data-target="#item-use-friend-modal" style="display:none">使う</button>
                                        <?php # 捨てる ?>
                                        <?php if(getPageName() !== 'battle'): ?>
                                            <button type="button" class="btn btn-sm btn-danger" data-button="trash" data-toggle="modal" data-target="#item-trash-modal" style="display:none">捨てる</button>
                                        <?php endif; ?>
                                    </div>
                                </div>
                                <hr>
                                <p class="mb-0 small" id="item-modal-<?=$category?>-description"></p>
                            </div>
                            <div class="bg-light p-3 overflow-auto" style="height:300px;">
                                <?php if(empty($items)): ?>
                                    <p class="mb-0">1つも持っていません</p>
                                <?php else: ?>
                                    <table class="table table-sm table-hover table-selected table-bordered bg-white mb-0">
                                        <tbody>
                                            <?php foreach($items as $item): ?>
                                                <?php # 利用不可(バトル中のみ) ?>
                                                <?php if(!in_array('battle', $item['item']->getTiming(), true)  ): ?>
                                                    <?php # 利用不可 ?>
                                                    <tr class="text-muted">
                                                        <td class="w-75">
                                                            <img src="/Assets/img/item/class/<?=get_class($item['item'])?>.png" alt="<?=$item['item']->getName()?>" class="mr-1" />
                                                            <?=$item['item']->getName()?>
                                                            <td class="w-25 text-right"><?=$item['count']?> 個</td>
                                                        </td>
                                                    </tr>
                                                <?php else: ?>
                                                    <?php # 利用可能 ?>
                                                    <tr data-description="<?=$item['item']->getDescription()?>"
                                                        data-name="<?=$item['item']->getName()?>"
                                                        data-category="<?=$category?>"
                                                        data-target="<?=$item['item']->getTarget()?>"
                                                        data-use="<?=var_export($item['item']->allowUsed(getPageName()), true)?>"
                                                        data-trash="<?=var_export($item['item']->allowTrashed(), true)?>"
                                                        data-owned="<?=$item['count']?>"
                                                        data-order="<?=$item['order']?>"
                                                        class="item-row">
                                                        <td class="w-75">
                                                            <img src="/Assets/img/item/class/<?=get_class($item['item'])?>.png" alt="<?=$item['item']->getName()?>" class="mr-1" />
                                                            <?=$item['item']->getName()?>
                                                        </td>
                                                        <td class="w-25 text-right"><?=$item['count']?> 個</td>
                                                    </tr>
                                                <?php endif; ?>
                                            <?php endforeach; ?>
                                        </tbody>
                                    </table>
                                <?php endif; ?>
                            </div>
                        </div>
                        <?php $cnt++; ?>
                    <?php endforeach; ?>
                </div>
            </div>
        </div>
    </div>
</div>

 

こちらはホーム画面とバトル画面で使用できるように共通化しました。jsによる制御は以下の通りです。

 

アイテム用js/Public/Assets/js/Common/item.js
/**
* アイテム詳細の表示
* @function on beforeunload
* @return void
*/
var showItemModalDetailInit = function(){
    $('.item-row').on('click', function(){
        var category = $(this).data('category');
        var name = $(this).data('name');
        var description = $(this).data('description');
        var target = $(this).data('target');
        var use = $(this).data('use');
        var trash = $(this).data('trash');
        var order = $(this).data('order');
        // 操作ボタンを非表示
        var button_group = $('.item-action-button-group[data-category="' + category + '"]');
        button_group.find('[data-button="*"]').hide();
        // 詳細に表示
        $('#item-modal-' + category + '-name').text(name);
        $('#item-modal-' + category + '-description').text(description);
        // 「使う」ボタンを表示
        if(use){
            // targetに合わせた使うボタン(フォーム)を表示
            var use_btn = button_group.find('[data-button="use"][data-item_target="' + target + '"]')
            use_btn.show();
            // もしアイテムの対象がenemyまたはplayerの場合はorderをセット
            if(target === 'enemy' || target === 'player'){
                use_btn.find('[name="order"]').val(order);
            }
        }
        // 「捨てる」ボタンを表示
        if(trash){
            button_group.find('button[data-button="trash"]')
            .show();
        }
    });
}

 

モンスターボールを使う際は、ターゲットを指定する必要がありませんので、フォーム自体はHTMLで生成しておき、選択時に必要な値をセットするという仕組みです。

送信する値は、アイテムクラスなど直接指定で飛ばさずに、アイテム番号(添字)を送りバックエンド側で制御していきます。ノードは変更されてしまう可能性があるため、最低限ですがそれらも想定した上で処理を組んでいます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンでは「モンスターボール」実装段階の説明と、その詳細についてご紹介しました。

次は「モンスターボールの使用」から捕獲処理について説明予定ですので、乞うご期待ください!

 

注目の記事

進化の石編(構成) PHPポケモン 102
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
進化の石編(構成) PHPポケモン 102

進化の石 ピカチュウさんもそろそろ進化したがっているので、β版の公開に向けて進化の石を実装していきます。しかし、イーブイなど特別な進化先や条件を持ったポケモンを考慮すると、少し実装が手間取りそうだったので、今回は構成部分のみのまとめとなっておりますので、ご了承ください。   アイテムクラスの作...

フレンドリィショップ編 アイテムの販売 PHPポケモン 76
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
フレンドリィショップ編 アイテムの販売 PHPポケモン 76

リュックの作成 前回はフレンドリィショップへ商品を並べ、計算機を作成するところまで作成しました。ですが、商品が購入できたとしても、それを保管しておくためのスペースがなければ意味がありません。 なので、プレイヤー情報に対してアイテムを格納できるように機能拡張をしましょう。   プレイヤークラス(/C...

Toastr(トースト)活用編 PHPポケモン 100
プログラミング
JavaScript,PHP,PHPポケモン,ポケモン
Toastr(トースト)活用編 PHPポケモン 100

記念すべき第100回目です!   色々考えましたが、100回目だからと言って特別な内容ではなく、いつもの流れの延長での開発進行となります。ご了承ください。 今回は、何人かのプレイユーザーの声も参考にしながら、ユーザビリティをあげるための機能追加を進めていきます。   Toastr(トースト)と...

PHPポケモン「バトルシステム実装編〜補正値計算・乱数・急所〜」21
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「バトルシステム実装編〜補正値計算・乱数・急所〜」21

バトルシステムの実装  今回は「急所」と「乱数」と「タイプ一致」の判定と補正を実装していきます。 ちなみにですが、ポケモンwikiを熟読したところ、補正値の計算にも順番があり、計算後に小数点の切り捨てや五捨五超入をするなど、そこそこ複雑な計算順序がありましたが、今回はそこまで精密に再現せず、補正値(...

V系バンド必見!?アーティスト衣装販売サービスは成功するか?【ビジネス企画書】
ビジネスモデル
ECショップ,V系,アーティスト,コンサルティング,スタートアップ
V系バンド必見!?アーティスト衣装販売サービスは成功するか?【ビジネス企画書】

  この記事は、私の考えたビジネスモデルを紹介するコーナーです。考えるだけで辞めたものや、コストやリスクを考えて断念したもの、そこまでニーズがないと判断したものなど様々なので、読んだ方は自分なりの見解や根拠を踏まえて判断したり、各自ビジネスの参考資料としてご活用ください。   今回は...

ノーコード開発で将来プログラミングは不要?我々は何を学ぶべきなのか
プログラミング
amazon,AWS,Honeycode,NoCode,プログラミング学習
ノーコード開発で将来プログラミングは不要?我々は何を学ぶべきなのか

  近年、プログラミングの需要は増え勢いを増していますが、それ以上にノーコードというソースコードを打たなくでもアプリ開発ができるというソフトウェアやプラットフォームが普及してきました。 これにより一部の期待感とは別に、プログラマーという職業は今後不要になるのではないかと危機感を抱く人が出て...

進化アニメーション 前編 PHPポケモン 59
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
進化アニメーション 前編 PHPポケモン 59

進化アニメーションの実装 今回は後回しにしていた進化アニメーションの作り込みをしていきます。今までもレベルに達すれば進化はしていましたが、その演出はありませんでした。また、ポケモンではBボタンを押すことで進化のキャンセルをすることができます。なので、この辺りも実際のゲームを再現していきましょう。...

AIが人類にもたらす驚異!深層学習が与える影響とは
ネットワーク
AI,ディープフェイク,深層学習
AIが人類にもたらす驚異!深層学習が与える影響とは

  海外の記事でAIについて記述した興味深いものが掲載されました。   今回は「AIが人類にもたらす驚異!深層学習が与える影響とは」について、上記サイトを参考にまとめましたのでご紹介します。 ※直訳ではありません、あくまで記事の内容を参考にして自らの考えを記述したものです     AIの驚異と...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力