パーティー実装編 トレーナーの作成 PHPポケモン 63
2020年11月1日 (最終更新日:2020/11/1 12:52)

パーティー実装編 トレーナーの作成 PHPポケモン 63

パーティー実装編 トレーナーの作成 PHPポケモン 63

パーティーとは

ポケモンでは、ゲーム・アニメ共に最大6匹のパートナーポケモンと旅をすることができます。7匹以上は持ち歩くことができず、ボックスに転送されてしまうという仕組みです。そして、その6匹のパートナーポケモンの構成をパーティーと呼んでいます。

現在のPHPポケモンでは1匹のポケモンしか管理できないため、これを6匹のパートナーを連れていくことができるように機能増設をしていきましょう。

 

トレーナーの作成

パーティーを編成するためには、その親となるトレーナーが必要です。道具やお金、ジムバッチを保有するのも、ポケモンではなくトレーナーであるあなたです。なので、その管理ようにもトレーナーをホーム画面に表示させましょう。

 

トレーナーは初代主人公であるレッドを、ひこちゃんず様よりお借りします。

ひこちゃんず

 

原作では、戦闘開始時にトレーナーの後ろ姿が登場して、ポケモンを繰り出すという演出もあります。こちらは後々実装していきます。

 

ポケモン一覧

それでは、パーティーの実装についてです。現在は1匹しか所有できませんが、その枠を6匹分に増やすため、ポケモンのインスタンスを配列にいれて管理しましょう。

 

初期画面用コントローラー
/**
* アクションに合わせた分岐
* @return void
*/
private function branch()
{
    switch ($_POST['action'] ?? '') {
        /**
        * ポケモンの選択
        */
        case 'select_pokemon':
        // ポケモンを生成して引き継ぎデータをセッションに格納
        $class = $_POST['pokemon'];
        if(!isset($this->pokemon_list[$class])){
            setMessage('選択されたポケモンは選ぶことが出来ません');
            break;
        }
        $pokemon = new $class(5);
        $pokemon->setPosition();
        $serialize = $this->serializeObject($pokemon);
        $_SESSION['__data']['pokemon'] = $serialize;
        $_SESSION['__data']['party'] = [$serialize];
        // ホーム画面へ移管
        $_SESSION['__route'] = 'home';
        header("Location: ./", true, 307);
        exit;
        break;
        /**
        * アクション未選択 or 実装されていないアクション
        */
        default:
        // 初期化
        $_SESSION = [];
        $_SESSION['__token'] = bin2hex(openssl_random_pseudo_bytes(32));
        break;
    }
}

 

これにより、ポケモンのプロパティは不要となりますが、こちらを無くしてしまうと全画面で整合性を取る必要があるため、一旦は別でパーティーの枠を用意しました。エラーが出てしまわないように、ホーム・バトル両画面でもパーティーのセッションとプロパティを用意・引き継ぎ処理をしておきましょう。

 

次に、パーティーの一覧を表示するためのモーダルをホーム画面に作成します。

 

パーティー一覧用モーダル(/Resources/Partials/Home/Modals/party.php
<!-- Modal -->
<div class="modal fade" id="party-modal" tabindex="-1" role="dialog" aria-labelledby="party-modal-title" aria-hidden="true">
    <div class="modal-dialog modal-dialog-centered" role="document">
        <div class="modal-content">
            <div class="modal-header">
                <h5 class="modal-title" id="party-modal-title">手持ちポケモン</h5>
                <button type="button" class="close" data-dismiss="modal" aria-label="Close">
                    <span aria-hidden="true">×</span>
                </button>
            </div>
            <div class="modal-body">
                <?php foreach($controller->getParty() as $order => $party): ?>
                    <div class="row">
                        <div class="col-3 text-center">
                            <img src="/Assets/img/pokemon/dots/mini/<?=get_class($party)?>.gif"
                            alt="<?=$party->getName()?>"
                            style="cursor:pointer;"
                            data-toggle="modal"
                            data-dubble_modal="true"
                            data-target="#pokemon-details-modal<?=$order?>">
                        </div>
                        <div class="col-9">
                            <div class="row">
                                <div class="col-12">
                                    <?=$party->getNickname()?>
                                </div>
                            </div>
                            <div class="row">
                                <div class="col-10">
                                    <div class="progress" style="height:4px;">
                                        <div class="progress-bar bg-<?=$party->getRemainingHp('color')?>"
                                            role="progressbar"
                                            style="width:<?=$party->getRemainingHp('per')?>%;"
                                            aria-valuenow="<?=$party->getRemainingHp()?>"
                                            aria-valuemin="0"
                                            aria-valuemax="<?=$party->getStats('HP')?>">
                                        </div>
                                    </div>
                                </div>
                            </div>
                            <div class="row">
                                <div class="col-8">
                                    <?=$party->getRemainingHp()?> / <?=$party->getStats('HP')?>
                                </div>
                                <div class="col-4">
                                    Lv.<?=$party->getLevel()?>
                                </div>
                            </div>
                        </div>
                    </div>
                <?php endforeach; ?>
            </div>
        </div>
    </div>
</div>

  

二重モーダルの実装

 モーダル内でポケモン一覧を表示するとなれば、そこから詳細を表示するためには追加でもう一枚のモーダルを起動する必要があります。ですが、二重モーダルはbootstrapのそのままの機能では実装することができません。

なので、js側に二重モーダルをキレイに表示させるための処理を追加します。

 

共通JS/Public/Assets/js/common.js
/**
 * 二重モーダルを正常に表示するための重ね処理
 *
 * @function on show modal
 */
var dubbleModalInit = function() {
    $(document).ready(function() {
        $('[data-dubble_modal="true"]').on("show.bs.modal", function(e) {
            var currentModal = $(e.currentTarget);
            var zIndex = 1040 + 10 * $(".modal:visible").length;
            currentModal.css("z-index", zIndex);
            setTimeout(function() {
                $(".modal-backdrop")
                    .not(".modal-stack")
                    .css("z-index", zIndex - 1)
                    .addClass("modal-stack");
            }, 0);
        });
    });
}

 

これで、二重モーダルを起動させるボタンに対してdata-dubble_modalというパラメータをtrueにして付与すれば、二重モーダルも崩れず表示させることが可能になります。

 

それでは、トレーナーとパーティーの一覧を確認してみましょう。

 

二重モーダルがレイアウト崩れなく正しく表示され、正常機能していることがわかりますね。

これでパーティー機能のトレーナーの初期準備が完了です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンでは、パーティーの実装方法についてご紹介しました。

まだ初期準備となりますが、ここからパーティーを想定した仕組みを作りこみ、アイテムを実装することで、複数のポケモンを使えるようになります。

ゲームづくりに興味がある人や、プログラミング学習に取り組んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Copyright © 2016-2020 YQUAL All Rights Reserved.