プログラミング

忘れさせる技選択 前編(覚えるのを諦める) PHPポケモン 55

PHP PHPポケモン ポケモン
忘れさせる技選択 前編(覚えるのを諦める) PHPポケモン 55

忘れさせる技の選択

PHPポケモンでは技習得時に忘れさせる技の選択が出来ず、古いものから順番に消えていっていました。ですが、これでは主力技として使っているものが、覚えたくもない技に消されてしまうということが起こってしまいます。

実際のゲームでも、技を覚えようとした際に既に最大数の4枠が埋まっていれば、代わりに忘れさせる技を選ぶことができます。今回はその「忘れさせる技の選択」を実装していきましょう。

 

技習得時の分岐

まず、技習得時の分岐について考えてみましょう。

忘れさせる技を選択させる以上、強制的に技を置き換える処理は一旦中断させなければなりません。なので、技習得時の選択肢は以下の2つになります。 

  1. 新しい技を覚えるのを諦める
  2. 現在覚えている技を指定して忘れさせる

 

新しい技を覚えるのを諦める

まずは処理が簡単な方から実装していきます。「新しい技を覚えるのを諦める」のは、現在の技構成から変更する必要がありません。なので、レスポンスに対して処理を行わなければ現在の技構成を維持することが可能です。

 

まずは、レベルアップ処理時の技習得処理に処理を加えていきましょう。

 

ポケモンクラスのチェック用トレイト(/App/Traits/Class/Pokemon/ClassPokemonCheckTrait.php
/**
* 現在のレベルで覚えられる技があるか確認する処理
*
* @return void
*/
protected function checkMove()
{
    // レベルアップして覚えられる技があれば習得する
    $level_move_keys = array_keys(
        array_column($this->level_move, 0),
        $this->level
    );
    foreach($level_move_keys as $key){
        $move_class = $this->level_move[$key][1];
        // 覚えようとしている技(クラス)が存在かつ重複していないか
        if(!in_array($move_class, array_column($this->move, 'class'), true)){
            // インスタンス化
            $move = new $move_class;
            if(count($this->move) < 4){
                /**
                * 技が4つ未満なら即習得
                */
                // 技クラスをセット
                $this->setMove($move);
                $this->setMessage($move->getName().'を覚えた!');
            }else{
                /**
                * 技選択用モーダルの返却
                */
                // メッセージIDを生成
                $msg_id = $this->issueMsgId();
                // レベルアップメッセージ
                $this->setMessage($this->getNickName().'は'.$move->getName().'を覚えたい');
                $this->setMessage('しかし技を4つ覚えるので精一杯だ');
                $this->setMessage($move->getName().'の代わりに他の技を忘れさせますか?', $msg_id);
                // レスポンスデータをセット
                $this->setResponse([
                    'toggle' => 'modal',
                    'target' => '#'.$msg_id.'-modal',
                    'move' => $move_class
                ], $msg_id);
                // モーダル用のレスポンスをセット
                $this->setModal([
                    'id' => $msg_id,
                    'modal' => 'selectmove',
                    'move' => array_merge($this->getMove(), [[
                        'class' => $move,
                        'remaining' => $move->getPp(),
                        'correction' => 0,
                    ]]),
                ]);
                // 諦めメッセージを事前に用意しておく
                $this->setMessage($this->getNickName().'は'.$move->getName().'を覚えるのを諦めた');
            }
        }
    }
}

 

現在習得している技が4つ未満であれば、今まで通りの処理です。もし4つ以上だった場合は強制的に書き換えるのではなく、確認メッセージを返却するようにしています。

モーダルのパラメータ(move)には、現在覚えている技と、新しく覚えようとしている技を配列で返却しています。この時点では覚えている技は変わっておらず、あくまで新しい技はレスポンス(モーダル)に追加しただけになります。

 

また、諦めメッセージについてですが、こちらは技習得段階で用意しておきましょう。諦めるという選択をした際にJavaScriptで追加するよりも処理が簡単で、もし諦めなかった場合はその時点でフォームの送信が発生するためメッセージはそのまま破棄することができるからです。

 

次に、返却されたモーダルの作成です。

 

忘れさせる技の選択モーダル(/Resources/Partials/Battle/Modals/selectmove.php
<!-- Modal -->
<div class="modal fade" id="<?=$modal['id']?>-modal" tabindex="-1" role="dialog" aria-labelledby="<?=$modal['id']?>-modal-title" aria-hidden="true" data-keyboard="false" data-backdrop="static">
    <div class="modal-dialog modal-dialog-centered" role="document">
        <div class="modal-content">
            <div class="modal-header">
                <h5 class="modal-title" id="<?=$modal['id']?>-title">忘れさせる技を選ぶ</h5>
            </div>
            <div class="modal-body">
                <?php # 覚えている技 ?>
                <table class="table table-bordered table-sm table-hover">
                    <thead class="thead-light">
                        <tr>
                            <th scope="col">覚えている技</th>
                            <th scope="col">タイプ</th>
                            <th scope="col">PP</th>
                        </tr>
                    </thead>
                    <tbody>
                        <?php foreach($modal['move'] as $key => $move): ?>
                            <tr class="move-detail-link forget-selectmove <?php if($key === 4) echo 'active new-move'; ?>"
                                data-target="#<?=$modal['id']?>_<?=get_class($move['class'])?>-content"
                                data-name="<?=$move['class']->getName()?>"
                                data-num="<?=$key?>">
                                <th scope="row" class="w-50"><?=$move['class']->getName()?></th>
                                <td><?=$move['class']->getType()->getName()?></td>
                                <td><?=$move['remaining']?>/<?=$move['class']->getPp($move['correction'])?></td>
                            </tr>
                        <?php endforeach; ?>
                    </tbody>
                </table>
                <?php # 技説明 ?>
                <div class="overflow-auto p-3 border" style="height:160px;">
                    <?php foreach($modal['move'] as $key => $move): ?>
                        <div class="move-detail-content <?php if($key === 4) echo 'active'; ?>" id="<?=$modal['id']?>_<?=get_class($move['class'])?>-content">
                            <h6><?=$move['class']->getName()?></h6>
                            <hr>
                            <p><?=$move['class']->getDescription()?></p>
                        </div>
                    <?php endforeach; ?>
                </div>
            </div>
            <div class="modal-footer">
                <button type="button"
                class="btn btn-danger btn-sm"
                id="btn-forget-move"
                data-msg_id="<?=$modal['id']?>"
                style="display:none;">
                <span class="move-name"></span>を忘れる</button>
                <button type="button" class="btn btn-secondary btn-sm action-message-box" id="btn-abandon-move" data-dismiss="modal">
                    <?=$modal['move'][4]['class']->getName()?>を諦める
                </button>
            </div>
        </div>
    </div>
</div>

 

ホーム画面用の技詳細と同じテーブルを使用しました。忘れさせる手順は、テーブルから技を選択して、決定ボタンを押すという流れです。技を忘れさせる場合は別のボタンを用意し、モーダルを閉じるだけの処理を行います。

もし「忘れさせる」ボタンを押せば、そこで必要データをPOSTして処理を行います。諦める場合は、そのままモーダルを閉じることで、事前に用意した諦めメッセージが表示されます。

 

それでは、技習得時の流れを確認してみましょう。

 

  

問題なくモーダルが表示されました。技選択を諦める場合はモーダルをそのまま閉じて処理を進行させているだけなので、レベルアップ後のステータス表示処理とさほど変わりませんね。

これで、技選択の分岐1が完成です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンは「技を忘れさせる(諦める)」の処理作成についてご紹介しました。

いろんな処理を作成しましたが、処理途中で分岐が入るのがWEBプログラミング(PHP)にとってはそこそこ厄介だということが、後編を見ればわかるはずです。ですが、実現できないわけではありません。

それでは、後編を乞うご期待ください。

 

注目の記事

初心者必見!仕事がデキる人のIllustrator活用術3選
デザイン
Adobe,Illustrator,サムネイル
初心者必見!仕事がデキる人のIllustrator活用術3選

  仕事の速い人の大半は、「効率の良い方法」や「便利な使い方」を知っていて使いこなしています。これは、デザインの現場でも同じです。 今回はその中でもIllustratorで知っておくと便利な機能を3つご紹介します。この3つを押さえておくだけで、作業効率は格段にアップするので、これからソフトの使い方を覚...

PHPポケモン「バトルシステム編〜状態異常2〜」31
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「バトルシステム編〜状態異常2〜」31

  前回に引き続き、状態異常チェックを実装します。 まず、前回実装した「ねむり」の処理についてですが、やはりターン数をセットして経過ターン数を引いていくという処理の方が解除率もゲーム再現になるので、まず修正をしておきます。サーセン。   チェック格納トレイト(/Traits/Battle/CheckTrait.php) ...

PHPポケモン「バトルシステム実装編〜タイプ相性の判定〜」デモ&配布有り 19
プログラミング
jQuery,PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「バトルシステム実装編〜タイプ相性の判定〜」デモ&配布有り 19

  システムを組むなら、仕様書や設計書はしっかり作りましょう。   ということで、またまたフォルダ移動やページ分けなどを見えないところでやりました。正直説明すると全く進まなくなりそうなので、改修部分は必要最低限にします。 結論、説明しません。(コード配布するので許してください)   そして今...

グローバル&ヘルパー関数編 PHPポケモン 61
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
グローバル&ヘルパー関数編 PHPポケモン 61

進化や技習得、HPバーや経験値バーの演出ができているのに、なぜ状態異常の演出はされていないの?   そう感じている方が少なからずいるはずです。 現段階では、状態異常になっても次の画面に移管しなければ表示されません。これは、PHP側で内部処理は行われているが、メッセージに合わせた動的な変更がされていな...

HPバー色変更編(アニメーション) PHPポケモン53
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
HPバー色変更編(アニメーション) PHPポケモン53

HPバーの色変更 残りHPの割合に合わせて色クラスをセットしていましたが、ダメージを受けた際の判定処理(動的は変更)が未実装でしたので、今回はコチラを対応します。   残数(割合)の判定 HPの色判定は、HTMLの描画時とJSによるHP変動時に行います。animateメソッド前や後に行うと変更のズレが生じるため、a...

プレイヤー情報作成編 PHPポケモン72
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
プレイヤー情報作成編 PHPポケモン72

プレイヤー情報の作成 少し前よりプレイヤーをホーム画面に表示させるようにしましたが、ただイメージとして配置しただけでプレイヤー情報自体は設定していませんでした。なので、今回はプレイヤーとして持たせる必要のある情報を作成していきましょう。   クラスの作成 初代ポケモンではプレイヤー情報として閲...

戦闘用アイテム編 プラスパワー PHPポケモン96
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
戦闘用アイテム編 プラスパワー PHPポケモン96

戦闘用アイテムとは バトル中に使用できるアイテムはいくつかありますが、その中でも「バトル専用」のアイテムがあります。それが戦闘用アイテムであり、主にドーピングと呼ばれるものです。 アイテムカテゴリとして、プレイヤー対象(スプレーなど)、敵ポケモン対象(ボール類)、味方対象(キズぐすり)の3つに...

【Adobe Animate CC】モーショントゥイーンを使ったアニメーション作成
動画編集
Adobe,Animate,Illustrator,Photoshop,アニメーション
【Adobe Animate CC】モーショントゥイーンを使ったアニメーション作成

    今回はキャラクターがうちわを扇いでいるアニメーションのAdobe Animateを使った作成方法をご紹介します。 完成イメージは以下の通りです。   Photoshopなどを使ってもgifアニメーションの作成はできますが、Adobe Animateのモーショントゥイーンを使えば、変化するポイントだけを設定す...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力