プログラミング

PHPポケモン「バトルシステム編〜状態異常1〜」30

PHP PHPポケモン ポケモン
PHPポケモン「バトルシステム編〜状態異常1〜」30

状態異常チェック

今回は少し先延ばししていた状態異常判定を一部作成していきましょう。

状態異常では「行動前」と「行動後」に判定するものに分けることができます。

  • 行動前
    まひ、ねむり、こおり
  •  行動後
    どく、もうどく、やけど

 

まずは簡単な行動前から実装していきます。行動前に判定するものは、基本的には「行動可不可」です。アイテムなどを使用すればターン経過は行われないため、攻撃メソッド(attack)の最初にチェック判定を追加しましょう。

 

バトルコントローラー(/Classes/Controller/BattleController.php
/**
* 攻撃
* (攻撃→ダメージ計算→ひんし判定)
*
* @param object $atk_pokemon
* @param object $def_pokemon
* @param object $move
* @return boolean (true:相手を戦闘不能にした)
*/
protected function attack($atk_pokemon, $def_pokemon, $move)
{
    // 行動チェック(状態異常)
    if(!$this->checkBeforeSa($atk_pokemon)){
        // 行動失敗
        return;
    }

 

checkBeforeSaというメソッドを使い、行動可(true)または行動不可(false)を受け取ります。こちらはチェック格納トレイトに作成します。

 

チェック格納トレイト(/Traits/Battle/CheckTrait.php
/**
* アタック前の状態異常チェック
*
* @param object Pokemon
* @return boolean
*/
protected function checkBeforeSa($pokemon)
{
    if(!empty($pokemon->getSa())){
        // 状態異常をインスタンス化
        $class_name = $pokemon->getSa();
        $sa = new $class_name;
        switch ($class_name) {
            /**
            * まひ
            */
            case 'SaParalysis':
            // 1/4の確率で行動不能
            if(random_int(1, 4) === 1){
                $this->setMessage($sa->getFalseMessage($pokemon->getPrefixName()));
                return false;
            }
            break;
            /**
            * こおり
            */
            case 'SaFreeze':
            // 1/5の確率でこおり解除
            if(random_int(1, 5) === 1){
                // こおり解除
                $pokemon->releaseSa();
                $this->setMessage($sa->getRecoveryMessage($pokemon->getPrefixName()));
            }else{
                // 行動不可
                $this->setMessage($sa->getFalseMessage($pokemon->getPrefixName()));
                return false;
            }
            break;
            /**
            * ねむり
            */
            case 'SaSleep':
            if(in_array($pokemon->getSa('turn'), [2, 3], true)){
                // 2,3ターン目は1/2で解除
                if(random_int(0, 1)){
                    // ねむり解除
                    $pokemon->releaseSa();
                    $this->setMessage($sa->getRecoveryMessage($pokemon->getPrefixName()));
                }else{
                    // 行動不可
                    $this->setMessage($sa->getFalseMessage($pokemon->getPrefixName()));
                    return false;
                }
            }elseif($pokemon->getSa('turn') >= 4){
                // 4ターン目(以降)は解除
                $pokemon->releaseSa();
                $this->setMessage($sa->getRecoveryMessage($pokemon->getPrefixName()));
            }else{
                // それ以外(0,1ターン目)は失敗
                $this->setMessage($sa->getFalseMessage($pokemon->getPrefixName()));
                return false;
            }
            break;
            /**
            * ひんし
            */
            case 'SaFainting':
            return false;
            break;
            /**
            * その他
            */
            default:
            return true;
            break;
        }
        // 行動可
        return true;
    }else{
        // 状態異常にかかっていない
        return true;
    }
}

 

かかっている状態異常は1つだけなので、switchを使って判定します。それでは1つずつ見ていきましょう。

 

まひ

まひ状態の行動判定は以下の通りです。

1/4の確率で技が使えない。 

まひ(ポケモンwiki

 

25%の確率で行動不能になります。こちらは自動解除されることはないので、単純に1/4の確率でfalseを返却し、メッセージをセットするだけです。

/**
* まひ
*/
case 'SaParalysis':
// 1/4の確率で行動不能
if(random_int(1, 4) === 1){
    $this->setMessage($sa->getFalseMessage($pokemon->getPrefixName()));
    return false;
}
break;

 

random_intを使い1〜4の乱数を生成して、1であれば行動失敗になります。trueは最終結果として返却するのでreturn不要です。

 

ねむり

次にねむり状態の判定を行います。行動と解除の判定は以下の通りです。

眠るターン数 2〜4

ねむり(ポケモンwiki

 

最大4ターン眠ることになるので、4ターン目には確定解除、2〜3ターン目にはランダムで解除されるという判定を行います。

/**
* ねむり
*/
case 'SaSleep':
if(in_array($pokemon->getSa('turn'), [2, 3], true)){
    // 2,3ターン目は1/2で解除
    if(random_int(0, 1)){
        // ねむり解除
        $pokemon->releaseSa();
        $this->setMessage($sa->getRecoveryMessage($pokemon->getPrefixName()));
    }else{
        // 行動不可
        $this->setMessage($sa->getFalseMessage($pokemon->getPrefixName()));
        return false;
    }
}elseif($pokemon->getSa('turn') >= 4){
    // 4ターン目(以降)は解除
    $pokemon->releaseSa();
    $this->setMessage($sa->getRecoveryMessage($pokemon->getPrefixName()));
}else{
    // それ以外(0,1ターン目)は失敗
    $this->setMessage($sa->getFalseMessage($pokemon->getPrefixName()));
    return false;
}
break;

 技「ねむる」等の関係上、ターン数をセットして引いていくという処理が本来正しいようです。作ってから気づいたので後ほど修正予定です。

 

こおり

最後にこおり状態の行動と解除判定です。

攻撃が出来なくなる。

第二世代以降は、わざを出すときに一定の確率で治る。第二世代は25/256、第三世代以降は20%の確率で治る。

/**
* こおり
*/
case 'SaFreeze':
// 1/5の確率でこおり解除
if(random_int(1, 5) === 1){
    // こおり解除
    $pokemon->releaseSa();
    $this->setMessage($sa->getRecoveryMessage($pokemon->getPrefixName()));
}else{
    // 行動不可
    $this->setMessage($sa->getFalseMessage($pokemon->getPrefixName()));
    return false;
}
break;

 

これで状態異常による行動判定が完成です。

 

経過ターン数の進行

次に経過ターン数を状態異常にセットします。ねむり状態などターン数が解除に関係するものに対して必要な処理となります。

※こちらもターン数セットの仕様を導入した際は不要になる予定です

 

ポケモンクラス(/Classes/Pokemon.php
/**
* 状態異常の解除
*
* @return void
*/
public function releaseSa()
{
    if($this->getSa() !== 'SaFainting'){
        $this->sa = [];
    }
}

 

ターンの経過処理は攻撃メソッド(attack)の最初に追加しておきます。

 

攻撃用トレイト(/Traits/Battle/AttackTrait.php
/**
* 攻撃
* (攻撃→ダメージ計算→ひんし判定)
*
* @param object $atk_pokemon
* @param object $def_pokemon
* @param object $move
* @return boolean (true:相手を戦闘不能にした)
*/
protected function attack($atk_pokemon, $def_pokemon, $move)
{
    // ターンの進行
    $atk_pokemon->addTurn();
    // 行動チェック(状態異常)
    if(!$this->checkBeforeSa($atk_pokemon)){
        // 行動失敗
        return;
    }

  

 

 

 

これで状態異常判定の追加が完了です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンでは「状態異常による行動判定」の方法をご紹介しました。

ゲームづくりに興味がある人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

注目の記事

フリーランスが打ち合わせで押さえておきたい3つのポイント【収入アップします】
フリーランス
フリーランス,営業
フリーランスが打ち合わせで押さえておきたい3つのポイント【収入アップします】

  フリーランスになれば、デザイナーやプログラマーといった制作をメインとする仕事の人でもクライアントと打ち合わせをしなければいけません。 特に独立や起業前のキャリアとして営業職に縁がなかった人からすれば、打ち合わせが苦手な人は多いはずです。   今回は、そういった営業ベタでやり方が分からない...

構成見直し編(クラス名) PHPポケモン49
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
構成見直し編(クラス名) PHPポケモン49

構成の見直し 今回は全体構成の見直しをします。ディレクトリについては変更ありませんが、ファイル名とクラス名について大幅な修正をかけていきます。   クラス名の重複回避 まず、クラス名の重複についてです。状態異常・状態変化の子クラスでは重複回避のために接頭語を着けて管理していましたが、他にも重複...

PHPポケモン「レスポンス機能編」メッセージの返却 12
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「レスポンス機能編」メッセージの返却 12

  第12回PHPポケモンは「レスポンス機能編」です。 メッセージやデータのやり取り部分を、よりシステム風に作成していきます。   第1回はコチラ   レスポンス(Response)の実装  今までは結果(メッセージ等)はechoを使って出力していましたが処理が行われたタイミングで出力されてしまうため...

バーアニメーションの不具合対応編 PHPポケモン 54
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
バーアニメーションの不具合対応編 PHPポケモン 54

最近は細々した対応が多くて「早く次のステップに進めよ!」と思っている方も多いでしょう。 ご意見ごもっともですが、残っている対応が意外にも追加しなければいけない処理が多く苦戦しているのが実情だったりします。そして、そのおかげか試行回数が多くなり見過ごしていた不具合や修正不備がポロポロ出てきていま...

ブラウザで遊べる「PHPポケモン」
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
ブラウザで遊べる「PHPポケモン」

PHPポケモン 約1ヶ月半をかけて作り込んできたPHPポケモンですが、ある程度遊べるぐらいのレベルになったので、みなさまにも体験・楽しんでいただけるよう本日(2020年10月12日)より一般公開します。   PHPポケモンへのリンクは本記事の最後に用意しておりますので、プレイする前に注意事項等に目を通し...

ポケモン預かりシステム編 PHPポケモン 85
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
ポケモン預かりシステム編 PHPポケモン 85

ポケモン預かりシステムとは ポケモンは手持ち(パーティー)に6匹しか入れることができません。そのため、ポケモンを捕まえた際にその上限に達していれば、ボックスへ転送するという仕組みをPHPポケモンでも実装していきます。これが、ポケモン預かりシステムです。 今回は前段階であるボックスの仕様決めをメイン...

ビジュアル作り込み編(序) PHPポケモン66
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
ビジュアル作り込み編(序) PHPポケモン66

ビジュアルの作り込み 最近は内部の作り込みが多かったので、今回のPHPポケモンでは見た目を少しだけ作り込んでいきます。とはいっても、機能自体がそこまで揃っていないため、あくまで仮の見た目となります。 ある程度見た目が整っていると、プレイする側のモチベーションや楽しみも増えると思ったので、こちらは並...

本当に価値のある宣伝方法 〜多くの人が実践している【間違った努力】とは〜
マーケティング
Facebook,note,Twitter,YouTube,集客
本当に価値のある宣伝方法 〜多くの人が実践している【間違った努力】とは〜

  YouTubeやTwitter、Facebookやnoteなど、いろんなサービスを使った集客方法があります。集客という視点ではなく、それ自体に人を集めたいという人も多いでしょう。   フォロワーやチャンネル登録者数を増やすために、多くの人が様々な取り組みをしていますが、その中でもひときわ意味のないことをただ繰り返して...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach fortify function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jetstream jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 認証 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力