プログラミング

【Laravel】1対1リレーションをわかりやすく解説(hasOne)

Laravel PHP
【Laravel】1対1リレーションをわかりやすく解説(hasOne)

 

Laravelの1対1リレーションのhasOneについて、公式マニュアルでは専用単語ばかりでどうしてもわかりにくいと感じてしまっている方へ向けて、わかりやすく解説しました。

※例で紹介しているコードについては、一部英語を日本語表記で使用している部分もありますので、コピペで使用する方は必要に応じて置き換えてください。

 

今回は以下のLaravel7系の公式マニュアルを参考にしながらまとめています。

 

子から親へのリレーション(belongsTo)について詳しく知りたい方は、以下をご参考ください。

【Laravel】1対1リレーションをわかりやすく解説(belongsTo) 【Laravel】1対1リレーションをわかりやすく解説(belongsTo)

Laravelの1対1リレーションのbelongsToについて、公式マニュアルでは専用単語ばかりでどうしてもわかりにくいと感じてしまっている方へ向けて、わかりやすく解説しました。 ※例で紹介しているコードについては、一部英語を日本語表記で使用している部分もありますので、コピペで使用する方は必要に応じて置き換え...

 

 

hasOne(親から子へ)

 

# 公式より

<?php
namespace App;
use Illuminate\Database\Eloquent\Model;
class User extends Model
{
    /**
     * ユーザーに関連する電話レコードを取得
     */
    public function phone()
    {
        return $this->hasOne('App\Phone');
    }

}

 

1対1のリレーションとは、とあるテーブルの1つの要素と別のテーブルの1つの要素の関係を結びつけることです。この時、どちらかが複数になることはありません

そのため、イレギュラーがなければ各テーブルの行数は以下の関係が成り立ちます。

親 ≧ 子

 

親のいない子が生まれるということは有りえませんので当然のことです。

※道徳的な意味は除きます

 

ここで重要になるのは、テーブル関係のどちらが親で、どちらが子に該当するかです。これはテーブル内の値の持ち方によって決められます。

 

 

公式マニュアル通り、ユーザーと電話のテーブルで考えてみましょう。

上記テーブル関係の場合、ユーザーが親電話が子になります。この見分け方は、判別するためのIDを持っているテーブルが子になるということです。電話テーブルにはユーザーを判別するための「ユーザー_id」がありますね。

判別するIDを持っている方が子になる

 

親と子の見分け方がわかったので、次にhasOneについて見ていきましょう。

公式マニュアルのコードをわかりやすく上記テーブルのように日本語へ置き換えて考えます。 

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class ユーザー extends Model
{
    public function 電話()
    {
        return $this->hasOne('App\電話);
    }
}

 

hasOneは親から子に結びつけるためのリレーションなので、ユーザーのモデルに記述します。この時、電話のモデルが存在しなければリレーションができないので、事前に準備しておきましょう。

 

 

引数の解説

 

hasOne('モデル', '外部キー[省略可]', 'ローカルキー[省略可]');

 

hasOneでは上記のように第3引数まで設定でき、第2、3引数は省略することが可能です。それでは1つずつ順番に確認していきましょう。

 

 

第1引数

 

モデルには、リレーション先(子)のモデルを指定します。今回であれば、親であるユーザーテーブルに「子の電話テーブルと結びつける」という指示を出したいので、第一引数には子に該当する電話モデルを指定します。

return $this->hasOne('App\電話');

 

Laravelのテーブル命名規則に従っていれば、これだけでリレーション関係を結びつけることができます。 

リレーションで役立つLaravelのテーブル命名規則をざっくり解説

  1. 親テーブル側の判別カラムが「id
    ※カスタムプライマリーキーでも可
  2. 子テーブル側の判別カラムが「親テーブル単数名 + _id

 

今回は上記の条件が満たされているので、第2、第3引数は省略可能です。

 

 

第2引数

 

第2引数では、外部キーを指定することができます。外部キーという表現がわかりにくい場合は「親を判別するための値が格納されている、子テーブルのカラム名」と考えてください。

hasOneの外部キーとは

親を判別するための値が格納されている、子テーブルのカラム名

 

今回のテーブル関係であれば親は「ユーザー」子が「電話」ですね。電話が持つユーザーを判別する値は「ユーザー_id」なので、省略した場合は第2引数にはこの値が初期値としてセットされることになります。

return $this->hasOne('App\電話', 'ユーザー_id');

 

例えば、テーブルのカラムが以下の用に設定されていたケースで考えてみましょう。

 

これだと第1引数でモデルを指定しても、命名規則に従っていなければどのユーザーのidと電話のどの値が一致する行と結びつければいいかわかりません。上記テーブルであれば、親であるユーザーを判別している値が格納されているリレーション先のカラムは「ユーザー番号」なので、以下のようにリレーションを指定します。 

return $this->hasOne('App\電話', 'ユーザー番号');

 

こうすることで、リレーション先のカラム名に関係なくリレーション関係を結ぶことができます。

 

 

第3引数

 

第3引数ではローカルキーを指定することができます。こちらもわかりやすく言い換えれば、「親を判別する値が格納された親テーブルが持つカラム」です。 

hasOneのローカルキーとは

親を判別する値が格納された親テーブルが持つカラム

 

以下のテーブルで考えてみましょう。

※idの値を使用して判別するのが一般的で、このような格納方法をしているケースはまずありませんが、hasOneをわかりやすく理解するために上記テーブル関係を使用します

 

第2引数では子(電話)が持つ親(ユーザー)を判別する値が格納されたカラムを指定するので「ユーザーの名前」が入ります。そして、第3引数では親(ユーザー)を判別する値が格納された親テーブルが持つカラムを指定するので「名前」を指定します。

return $this->hasOne('App\電話', 'ユーザーの名前', '名前');

 

これでリレーションを結ぶことができました。第3引数までを上手く利用すれば、1対1の関係性が成立していればリレーションを結べます。

 

 

条件の追加

 

モデルにリレーションを追加する際に、様々な条件に合わせて取得する値を変えたり、不要なデータはそもそも取り除いて取得したいというケースもありますね。そういったときにはリレーションに対して条件をつけることができます。そのいくつかをご紹介します。

 

 

論理削除を含む

 

もしsoft delete(論理削除)を使用している場合は、通常通りリレーションを結べばdeleted_atがセットされているデータは紐付けされません。しかし、場合によっては必要になるケースもあります。その使用頻度が高いのであれば、リレーションとして準備しておくことで開発がよりスムーズになります。

論理削除したデータも含めたい場合は、以下のように記述します。

return $this->hasOne('App\Phone')->withTrashed();

 

withTrashedというメソッドをつなげることで、論理削除した値も含めて取得してくれます。

 

 

条件に合わせた絞り込み

 

他にも、条件に応じて絞り込みをしたいケースもあるでしょう。その時は、Laravelのwhereメソッドなどを利用できます。

 以下のテーブルを参考に、statusが1の値だけをリレーションで取得します。

return $this->hasOne('App\Phone')->where('status', '1');

 

これでstatusの値が1になっている番号だけを紐付けすることができます。リレーション段階で安易につなげてしまえば、必要なデータが取得できないようなことにもなりますので、必要に応じてモデルのメソッドを増設するなどして対応しましょう。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回はLaravelの1対1リレーション「hasOneについて」をわかりやすく解説しました。

公式マニュアルを見ても専用単語ばかりで分かりづらいと感じて曖昧なままリレーションを使っていたり、断念してしまった方はぜひ参考にしてくださいね。

子から親へのリレーション(belongsTo)について詳しく知りたい方は、以下をご参考ください。

【Laravel】1対1リレーションをわかりやすく解説(belongsTo) 【Laravel】1対1リレーションをわかりやすく解説(belongsTo)

Laravelの1対1リレーションのbelongsToについて、公式マニュアルでは専用単語ばかりでどうしてもわかりにくいと感じてしまっている方へ向けて、わかりやすく解説しました。 ※例で紹介しているコードについては、一部英語を日本語表記で使用している部分もありますので、コピペで使用する方は必要に応じて置き換え...

 

Laravelの基礎を学習したい方は、以下の書籍が参考になります。

PHPフレームワークLaravel入門 第2版 PHPフレームワークLaravel入門 第2版

Laravel使って開発するなら読んでおいて損はないぞ! 入門という名の通り、最初に読むべき1冊や。PHPの最低限の知識は必要やから、そこがまだ十分じゃ無い人はPHPの入門書や実践書に目を通すんやで。 Viewの使い方やbladeの記述方法とか詳しく載ってるから、使ったこと有るけど詳しくは知らん人にとっても「おっ!便...

 

注目の記事

アクセス層とは – 物理的な信号の伝送【第4回 ド素人のためのネットワーク講座】
ネットワーク
TCP/IP,Wi-Fi,アクセス層,無線LAN
アクセス層とは – 物理的な信号の伝送【第4回 ド素人のためのネットワーク講座】

  第4回のド素人のためのネットワーク講座は アクセス層の物理的な役割について です。   実際にデータを送る際にはどのような信号が送られて、どういったことに影響を受けているのかを解説していきます。     信号を伝達する   TCP/IPモデルの第一層(レイヤー1)のアクセス層が担っている役割の...

バトルステータス可視化編 PHPポケモン 70
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
バトルステータス可視化編 PHPポケモン 70

バトルステータスの可視化 現在のポケモンでは、バトルステータスの現状を可視化できるようになっており、どれぐらいのランク補正がかかっているか、フィールドがどういう状態になっているかがわかるようになっています。 初代、第2世代等では確認できなかった内容ではありますが、システムとしては便利な要素でも...

ポケモンセンター編 PHPポケモン 37
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
ポケモンセンター編 PHPポケモン 37

ポケモンセンター  バトルシステムを作る関係上、どうしてもダメージを受けることが多くなってきたので、そろそろポケモンセンターを建設(作成)します。 とは言っても、ポケモンセンターに行って交換やらボックス整理などができるわけではなく、ただ回復ポイントを設置するだけの簡単な処理です。   HPの回復 ...

フリーランスの仕事の取り方教えます!この3つを押さえておけばOKです【企業も応用可】
フリーランス
フリーランス,独立,起業
フリーランスの仕事の取り方教えます!この3つを押さえておけばOKです【企業も応用可】

  仕事ってどうやってとればいいの?   独立したい、起業したいと考えている人の多くが、仕事はどうやってとればいいのかと悩んで足踏みしています。 実は、基本的な3つのポイントさえ知っていれば、継続して仕事を受注することは簡単です。 今回は自分が実際にやっていることを例に「フリーランスなら...

SNS拡散力アップ!PHPでOG画像付きリッチURLを自作する方法【Curl → Opengraph】
プログラミング
PHP,WordPress
SNS拡散力アップ!PHPでOG画像付きリッチURLを自作する方法【Curl → Opengraph】

  ブログやHPにサイトのURLをただ貼り付けても、どんなページなのか一目でわからないのでなかなか思うようにアクセスに繋がりません。 ですが、毎回のようにURL先の画像を準備したり、説明文を設定するのも大変ですし、ページタイトルや画像が差し替わってしまうことも考えられます。   今回はそういった手間...

目先の利益に気をつけろ!貧乏ビジネスという落とし穴
フリーランス
目先の利益に気をつけろ!貧乏ビジネスという落とし穴

  目先の利益を求めてしまい、来たるべきビジネスチャンスに対応できないというケースは貧乏ビジネスに陥る大きな要因になります。また、相手が下す評価に左右されてしまうことも、自らの評価を下げてしまったり、見積もりを作る上でも大きく影響を及ぼしてしまいます。   今回は「目先の利益に気をつけろ!貧...

PHPポケモン「野生ポケモン遭遇編」18
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「野生ポケモン遭遇編」18

  PHPポケモンが第18回にしていよいよバトルの第一歩、野生ポケモンとの遭遇編に突入です。 新しいコントローラーの作成と、バトル画面の作成、そしてポケモンデータの受け渡しなどを中心にご紹介します。   バトル画面の実装  ポケモンのゲームでも、野生ポケモンが現れるとバトル画面へ移管し...

進化アニメーション 前編 PHPポケモン 59
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
進化アニメーション 前編 PHPポケモン 59

進化アニメーションの実装 今回は後回しにしていた進化アニメーションの作り込みをしていきます。今までもレベルに達すれば進化はしていましたが、その演出はありませんでした。また、ポケモンではBボタンを押すことで進化のキャンセルをすることができます。なので、この辺りも実際のゲームを再現していきましょう。...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力