プログラミング

進化の石編(実装)PHPポケモン103

PHP PHPポケモン ポケモン
進化の石編(実装)PHPポケモン103

アイテムによる進化

前回作成した、進化アイテムによる構成の続きです。

進化の石編(構成) PHPポケモン 102 進化の石編(構成) PHPポケモン 102

進化の石 ピカチュウさんもそろそろ進化したがっているので、β版の公開に向けて進化の石を実装していきます。しかし、イーブイなど特別な進化先や条件を持ったポケモンを考慮すると、少し実装が手間取りそうだったので、今回は構成部分のみのまとめとなっておりますので、ご了承ください。   アイテムクラスの作...

 

進化アイテムとして「かみなりのいし」、ピカチュウの進化判定を作成したので、アイテムの使用から進化処理までを作成、実装します。

 

今回作成する処理は以下の2点です。

  1. アイテムの使用判定
  2. 進化画面への移管

 

それでは1つずつ見ていきましょう。

 

フロント画面の作成

進化の石は、該当ポケモン以外に使っても意味がありません。どのポケモンに使用できるかなどをひと目で分かるように、PHP側で用意した対象ポケモンを、フロント側で判定する必要があります

まず、判定の有無がわかるように「ポケモン一覧」にバッジを作成しましょう。

 

アイテム使用時のポケモン一覧モーダル(/Resources/Partials/Common/Modals/Item/item-use-friend.php
<?php foreach(player()->getParty() as $order => $party): ?>
    <div class="row bg-hover-light pokemon-row py-1" data-pokemon="<?=$order?>" data-class="<?=get_class($party)?>">
        <div class="col-3 text-center">
            <img src="<?=$party->base64('mini')?>" alt="<?=$party::NAME?>">
        </div>
        <div class="col-9">
            <div class="row">
                <div class="col-12">
                    <?=$party->getNickname()?>
                </div>
            </div>
            <div class="row">
                <div class="col-10">
                    <div class="progress rounded-pill bg-gray" style="height:4px;">
                        <div class="progress-bar bg-<?=$party->getRemainingHp('color')?>"
                            role="progressbar"
                            style="width:<?=$party->getRemainingHp('per')?>%;"
                            aria-valuenow="<?=$party->getRemainingHp()?>"
                            aria-valuemin="0"
                            aria-valuemax="<?=$party->getStats('H')?>">
                        </div>
                    </div>
                </div>
            </div>
            <div class="row">
                <div class="col-8">
                    <?=$party->getRemainingHp()?> / <?=$party->getStats('H')?>
                </div>
                <div class="col-4">
                    Lv.<?=$party->getLevel()?>
                </div>
            </div>
        </div>
        <div class="col-12">
            <span class="badge badge-secondary d-soft-none" data-is_use="false">使えません</span>
            <span class="badge badge-php-dark d-soft-none" data-is_use="true">使えます</span>
        </div>
    </div>
<?php endforeach; ?>

 

最下部に非表示のバッジを追加、ポケモンの行に判別用の「ポケモンクラス」をdata-classに持たせました。

 

次に、前回作成したアイテムの対象ポケモン配列を、アイテム行にjson_encodeでセットします。

 

アイテムモーダル用アイテム行(/Resources/Partials/Common/Modals/Item/item-row.php
<?php # 利用可能 ?>
<tr data-description="<?=$item['class']::DESCRIPTION?>"
    data-name="<?=$item['class']::NAME?>"
    data-category="<?=$category?>"
    data-target="<?=$item['class']::TARGET?>"
    data-use="<?=var_export($item['class']::allowUsed(getPageName()), true)?>"
    data-trash="<?=var_export($item['class']::allowTrashed(), true)?>"
    data-owned="<?=$item['count']?>"
    data-order="<?=$item['order']?>"
    <?php # 使用できるポケモン ?>
    <?php if($item['class']::POKEMON): ?>
        data-pokemon='<?=json_encode($item['class']::POKEMON)?>'
    <?php endif; ?>
    class="item-row">
    <td class="w-75">
        <img src="/Assets/img/item/class/<?=$item['class']?>.png" alt="<?=$item['class']::NAME?>" class="mr-1" />
        <?=$item['class']::NAME?>
    </td>
    <td class="w-25 text-right"><?=$item['count']?> 個</td>
</tr>

 

これで、アイテムを選択した際に対象ポケモンの判別するための値が揃いました。次にJavaScriptによる分岐を作成しましょう。

 

アイテム用JS/Public/Assets/js/Common/item.js
/**
* 「使う」の処理(ポケモン)
* @function on:click
* @return void
*/
var clickItemUseFriendInit = function(){
    $('[data-button="use"][data-item_target="friend"]').on('click', function(){
        // アイテムカテゴリ取得
        var category = $(this).parent().data('category');
        // 選択されたアイテムノードを取得
        var tr = $('tr[data-category="' + category + '"].active');
        var name = tr.data('name');
        var order = tr.data('order');
        // 使用できるポケモン
        var pokemon = $(tr).data('pokemon');
        // フォームを取得
        var form = $('form#item-use-friend-form');
        // アイテム名とアイテム番号をセット
        $('#item-use-name').text(name);
        form.find('[name="order"]').val(order);
        // 使用できるポケモンの判定
        if(pokemon){
            $('#item-use-friend-modal .pokemon-row').each(function(){
                // 使用できるポケモンに該当しているかの確認
                var result = 0 <= $.inArray($(this).data('class'), pokemon);
                $(this).find('[data-is_use="' + result + '"]')
                .show();
                $(this).find('[data-is_use="' + !result + '"]')
                .hide();
            });
        }
    });
}
 
/**
* 「ポケモンに使う」モーダルが閉じた際の処理
* @function modal:hide
* @return void
*/
var closeItemUseFriendModalInit = function(){
    $('#item-use-friend-modal').on('hide.bs.modal', function(){
        // 使用可否のバッジを全て非表示にする
        $(this).find('[data-is_use]').hide();
    });
}

 

アイテム使用ボタンが押された際に、対象ポケモンかどうかを判別しています。ifによる判定でも構いませんが、今回はdata-is_useboolean値をセットしているので、そのまま文字列として当て込むことで使用可否を判別させました。

他のアイテムではバッチ自体が不要のため、モーダルが閉じた際にはどちらも非表示(初期状態)へ戻すための関数も追加しました。

 

進化判定の作成

フロント側の処理が整ったので、アイテム使用時に進化画面へ移管させるための処理を追加しましょう。

 

アイテム使用トレイト(/App/Traits/Service/Item/ServiceItemUseTrait.php
<?php
// アイテムを使用する処理
trait ServiceItemUseTrait
{
 
    /**
    * 使う(対象:ポケモン)
    * @param item:string
    * @return boolean
    */
    protected function useItemToFriend(string $item): bool
    {
        // パーティー取得
        $party = player()->getParty();
        // パーティーに指定されたポケモンが存在しているかどうか確認
        if(!isset($party[request('pokemon')])){
            response()->setMessage('使っても効果がないよ');
            if(getPageName() === 'home'){
                response()->setToastr('error', '使っても効果がないよ');
            }
            return false;
        }
        // アイテム効果を使用
        $result = $item::effects($party[request('pokemon')]);
        // メッセージが返ってきていればセット
        if(isset($result['message'])){
            response()->setMessage($result['message']);
            if(getPageName() === 'home'){
                response()->setToastr(
                    ($result['result'] ?? false) ? 'success' : 'error',
                    $result['message']
                );
            }
        }
        // アクションの確認(進化判定等)
        if(
            isset($result['action']) &&
            $result['result'] ?? false
        ){
            // レスポンスにアクションをセット
            response()->setResponse($result['action'], 'action');
        }
        // 描画処理(バトルポケモンへのアイテム使用であれば)
        if(
            getPageName() === 'battle' &&
            (int)request('pokemon') === battle_state()->getOrder()
        ){
            // HPバーの変動処理
            if(isset($result['hpbar'])){
                response()->setResponse([
                    'param' => $result['hpbar'],
                    'action' => 'hpbar',
                    'target' => 'friend',
                ], $this->use_msg_id);
            }
        }
        return $result['result'];
    }

 

味方へのアイテム使用時に判定を追加しました。進化アイテムでは結果(result)と一緒にactionを返却しています。resulttrue且つaction値が返って来ていればresponseに格納してコントローラーへ伝えます。

この時点で使用したポケモンの進化フラグはtrueになっているので、コントローラーでは返ってきたレスポンスを確認して、もし値がセットされていればリダイレクトするだけです。

 

ホームコントローラー(/App/Controllers/Home/HomeController.php
// branchメソッド内
/******************************************
* どうぐ
*/
case 'item':
$service = new ItemService;
$service->execute();
// アクション有り
if(response()->getResponse('action')){
    $_SESSION['__route'] = response()->getResponse('action');
    // 画面移管
    $this->redirect();
}
break;

 

これで、actionの値に合わせたリダイレクトが可能です。では実際の動きを見てみましょう。

 

103回を経て、無事ピカチュウがライチュウに進化できました。これでアイテムによる進化処理の実装は完了です。

  

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「アイテムによるポケモンの進化」の実装方法をご紹介しました。

 

進化処理や、アイテムの使用については、トレイト分けしたり様々なパターンに合わせた処理の柔軟性を考慮しながら作成しているため、実装が比較的簡単にできるようになっています。もし、レベルアップによる進化が同一処理で作成されていると、その処理自体は簡単でわかりやすく書けるかも知れませんが、別ルートからの進化を行う際に、同じような処理を新しく作成しなければなりません。仕様決めや設計の大切さが、開発を進めていくことでわかりますね。

 

現在プログラミング学習に取り組んでいる方や、興味を持っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

注目の記事

くれくれ姿勢が実は起業の近道だった!相手のことを考え過ぎるとハマる落とし穴とは
雑記
フリーランス,独立,起業
くれくれ姿勢が実は起業の近道だった!相手のことを考え過ぎるとハマる落とし穴とは

  仕事ください アドバイスしてください 〇〇について教えてください   こういったくれくれ姿勢の人は多く、投げかけられた側からすると「メリットは?」と感じてしまいます。 ですが実はこのくれくれ姿勢には意外な成功の要因が隠れています。多くの自己啓発記事やツイートをする人はこの本質的なものに触...

投稿タイトルを自動生成する方法【WordPressを便利にカスタマイズ】
プログラミング
PHP,WordPress
投稿タイトルを自動生成する方法【WordPressを便利にカスタマイズ】

  カスタムフィールドを含む投稿の場合、わざわざタイトルを設定する必要がないものもあります。 そういったときに、カスタムフィールド値を使ってタイトルを自動生成してくれると楽ですし、一覧で見てもわかりやすい状態にすることができます。   今回はWordPressで「投稿タイトルを自動生成する方法」につ...

ブログで生活するための7つの道のり 〜収益化と拡散の方法教えます〜
ライティング
Facebook,Google AdSense,Twitter,ノマドワーク
ブログで生活するための7つの道のり 〜収益化と拡散の方法教えます〜

  ブログで生活したい   毎日数時間、ブログを書くだけで生きていける、そんな夢のような生活を実現させたいと思い描く人は多いですが、簡単なことでは有りません。 ですが、やらなければいけないことがわかっていれば、収益化するのは簡単です。   今回は「ブログで生活するための7つの道のり」をテ...

短期間でライティングスキルを高める虎の巻!7日間集中トレーニング法
ライティング
ブロガー,ブログ
短期間でライティングスキルを高める虎の巻!7日間集中トレーニング法

  毎日のんびり続けていると、気づけば結果につながっている   そんな幸せな理想を多くの人は抱いてしまいますが、そう甘いものではありません。ブログ収益化などコンテンツ配信業におけるライティングスキルを高めるためにも、夏合宿のような集中トレーニング法が存在し、一定期間で本格的な結果を求める...

PHPポケモン「バトルシステム編〜状態異常2〜」31
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「バトルシステム編〜状態異常2〜」31

  前回に引き続き、状態異常チェックを実装します。 まず、前回実装した「ねむり」の処理についてですが、やはりターン数をセットして経過ターン数を引いていくという処理の方が解除率もゲーム再現になるので、まず修正をしておきます。サーセン。   チェック格納トレイト(/Traits/Battle/CheckTrait.php) ...

ゲームバランス調整編 DateTimeクラスの活用 PHPポケモン 101
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
ゲームバランス調整編 DateTimeクラスの活用 PHPポケモン 101

ゲームバランスの調整 まだまだ開発途中のPHPポケモンはゲームバランスの調整がほとんどされていません。現段階では機能も揃っていない関係上、完全なゲームバランスを求めて行くことにはあまり意味がありませんが、今後調整するための役割として機能自体は作成しておこうというのが今回の目的です。   トレーナ...

画像に文字スペースを確保する簡単テクニックを3つ教えます【サムネイル作りで大活躍】
デザイン
Illustrator,Photoshop,サムネイル,バナー
画像に文字スペースを確保する簡単テクニックを3つ教えます【サムネイル作りで大活躍】

  サムネイル用の画像に文字スペースが無くて困っている・・・   せっかくいい写真が撮れたり、フリー画像が見つかったとしても、文字を配置するスペースが確保できずにせっかくのオブジェクトに重ねてしまったり、断念して別の画像を使用するようなケースはかなり多いです。 ですが、せっかく良い画像が見つ...

【無料】早起きをして神戸へ行こう!「為になる雑談朝活」
イベント
三宮,朝活,神戸
【無料】早起きをして神戸へ行こう!「為になる雑談朝活」

  朝活を実施することになりましたので、その目的な概要をまとめました。 神戸三宮での開催を予定しておりますので、もしお近くにお住まいの方で日時が会いましたらご参加ください。 土日祝辺りで週1日程度の不定期開催を予定しています。学びにつながる、けど参加しやすい雑談形式ということを主としています...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力