プログラミング

進化の石編(実装)PHPポケモン103

PHP PHPポケモン ポケモン
進化の石編(実装)PHPポケモン103

アイテムによる進化

前回作成した、進化アイテムによる構成の続きです。

進化の石編(構成) PHPポケモン 102 進化の石編(構成) PHPポケモン 102

進化の石 ピカチュウさんもそろそろ進化したがっているので、β版の公開に向けて進化の石を実装していきます。しかし、イーブイなど特別な進化先や条件を持ったポケモンを考慮すると、少し実装が手間取りそうだったので、今回は構成部分のみのまとめとなっておりますので、ご了承ください。   アイテムクラスの作...

 

進化アイテムとして「かみなりのいし」、ピカチュウの進化判定を作成したので、アイテムの使用から進化処理までを作成、実装します。

 

今回作成する処理は以下の2点です。

  1. アイテムの使用判定
  2. 進化画面への移管

 

それでは1つずつ見ていきましょう。

 

フロント画面の作成

進化の石は、該当ポケモン以外に使っても意味がありません。どのポケモンに使用できるかなどをひと目で分かるように、PHP側で用意した対象ポケモンを、フロント側で判定する必要があります

まず、判定の有無がわかるように「ポケモン一覧」にバッジを作成しましょう。

 

アイテム使用時のポケモン一覧モーダル(/Resources/Partials/Common/Modals/Item/item-use-friend.php
<?php foreach(player()->getParty() as $order => $party): ?>
    <div class="row bg-hover-light pokemon-row py-1" data-pokemon="<?=$order?>" data-class="<?=get_class($party)?>">
        <div class="col-3 text-center">
            <img src="<?=$party->base64('mini')?>" alt="<?=$party::NAME?>">
        </div>
        <div class="col-9">
            <div class="row">
                <div class="col-12">
                    <?=$party->getNickname()?>
                </div>
            </div>
            <div class="row">
                <div class="col-10">
                    <div class="progress rounded-pill bg-gray" style="height:4px;">
                        <div class="progress-bar bg-<?=$party->getRemainingHp('color')?>"
                            role="progressbar"
                            style="width:<?=$party->getRemainingHp('per')?>%;"
                            aria-valuenow="<?=$party->getRemainingHp()?>"
                            aria-valuemin="0"
                            aria-valuemax="<?=$party->getStats('H')?>">
                        </div>
                    </div>
                </div>
            </div>
            <div class="row">
                <div class="col-8">
                    <?=$party->getRemainingHp()?> / <?=$party->getStats('H')?>
                </div>
                <div class="col-4">
                    Lv.<?=$party->getLevel()?>
                </div>
            </div>
        </div>
        <div class="col-12">
            <span class="badge badge-secondary d-soft-none" data-is_use="false">使えません</span>
            <span class="badge badge-php-dark d-soft-none" data-is_use="true">使えます</span>
        </div>
    </div>
<?php endforeach; ?>

 

最下部に非表示のバッジを追加、ポケモンの行に判別用の「ポケモンクラス」をdata-classに持たせました。

 

次に、前回作成したアイテムの対象ポケモン配列を、アイテム行にjson_encodeでセットします。

 

アイテムモーダル用アイテム行(/Resources/Partials/Common/Modals/Item/item-row.php
<?php # 利用可能 ?>
<tr data-description="<?=$item['class']::DESCRIPTION?>"
    data-name="<?=$item['class']::NAME?>"
    data-category="<?=$category?>"
    data-target="<?=$item['class']::TARGET?>"
    data-use="<?=var_export($item['class']::allowUsed(getPageName()), true)?>"
    data-trash="<?=var_export($item['class']::allowTrashed(), true)?>"
    data-owned="<?=$item['count']?>"
    data-order="<?=$item['order']?>"
    <?php # 使用できるポケモン ?>
    <?php if($item['class']::POKEMON): ?>
        data-pokemon='<?=json_encode($item['class']::POKEMON)?>'
    <?php endif; ?>
    class="item-row">
    <td class="w-75">
        <img src="/Assets/img/item/class/<?=$item['class']?>.png" alt="<?=$item['class']::NAME?>" class="mr-1" />
        <?=$item['class']::NAME?>
    </td>
    <td class="w-25 text-right"><?=$item['count']?> 個</td>
</tr>

 

これで、アイテムを選択した際に対象ポケモンの判別するための値が揃いました。次にJavaScriptによる分岐を作成しましょう。

 

アイテム用JS/Public/Assets/js/Common/item.js
/**
* 「使う」の処理(ポケモン)
* @function on:click
* @return void
*/
var clickItemUseFriendInit = function(){
    $('[data-button="use"][data-item_target="friend"]').on('click', function(){
        // アイテムカテゴリ取得
        var category = $(this).parent().data('category');
        // 選択されたアイテムノードを取得
        var tr = $('tr[data-category="' + category + '"].active');
        var name = tr.data('name');
        var order = tr.data('order');
        // 使用できるポケモン
        var pokemon = $(tr).data('pokemon');
        // フォームを取得
        var form = $('form#item-use-friend-form');
        // アイテム名とアイテム番号をセット
        $('#item-use-name').text(name);
        form.find('[name="order"]').val(order);
        // 使用できるポケモンの判定
        if(pokemon){
            $('#item-use-friend-modal .pokemon-row').each(function(){
                // 使用できるポケモンに該当しているかの確認
                var result = 0 <= $.inArray($(this).data('class'), pokemon);
                $(this).find('[data-is_use="' + result + '"]')
                .show();
                $(this).find('[data-is_use="' + !result + '"]')
                .hide();
            });
        }
    });
}
 
/**
* 「ポケモンに使う」モーダルが閉じた際の処理
* @function modal:hide
* @return void
*/
var closeItemUseFriendModalInit = function(){
    $('#item-use-friend-modal').on('hide.bs.modal', function(){
        // 使用可否のバッジを全て非表示にする
        $(this).find('[data-is_use]').hide();
    });
}

 

アイテム使用ボタンが押された際に、対象ポケモンかどうかを判別しています。ifによる判定でも構いませんが、今回はdata-is_useboolean値をセットしているので、そのまま文字列として当て込むことで使用可否を判別させました。

他のアイテムではバッチ自体が不要のため、モーダルが閉じた際にはどちらも非表示(初期状態)へ戻すための関数も追加しました。

 

進化判定の作成

フロント側の処理が整ったので、アイテム使用時に進化画面へ移管させるための処理を追加しましょう。

 

アイテム使用トレイト(/App/Traits/Service/Item/ServiceItemUseTrait.php
<?php
// アイテムを使用する処理
trait ServiceItemUseTrait
{
 
    /**
    * 使う(対象:ポケモン)
    * @param item:string
    * @return boolean
    */
    protected function useItemToFriend(string $item): bool
    {
        // パーティー取得
        $party = player()->getParty();
        // パーティーに指定されたポケモンが存在しているかどうか確認
        if(!isset($party[request('pokemon')])){
            response()->setMessage('使っても効果がないよ');
            if(getPageName() === 'home'){
                response()->setToastr('error', '使っても効果がないよ');
            }
            return false;
        }
        // アイテム効果を使用
        $result = $item::effects($party[request('pokemon')]);
        // メッセージが返ってきていればセット
        if(isset($result['message'])){
            response()->setMessage($result['message']);
            if(getPageName() === 'home'){
                response()->setToastr(
                    ($result['result'] ?? false) ? 'success' : 'error',
                    $result['message']
                );
            }
        }
        // アクションの確認(進化判定等)
        if(
            isset($result['action']) &&
            $result['result'] ?? false
        ){
            // レスポンスにアクションをセット
            response()->setResponse($result['action'], 'action');
        }
        // 描画処理(バトルポケモンへのアイテム使用であれば)
        if(
            getPageName() === 'battle' &&
            (int)request('pokemon') === battle_state()->getOrder()
        ){
            // HPバーの変動処理
            if(isset($result['hpbar'])){
                response()->setResponse([
                    'param' => $result['hpbar'],
                    'action' => 'hpbar',
                    'target' => 'friend',
                ], $this->use_msg_id);
            }
        }
        return $result['result'];
    }

 

味方へのアイテム使用時に判定を追加しました。進化アイテムでは結果(result)と一緒にactionを返却しています。resulttrue且つaction値が返って来ていればresponseに格納してコントローラーへ伝えます。

この時点で使用したポケモンの進化フラグはtrueになっているので、コントローラーでは返ってきたレスポンスを確認して、もし値がセットされていればリダイレクトするだけです。

 

ホームコントローラー(/App/Controllers/Home/HomeController.php
// branchメソッド内
/******************************************
* どうぐ
*/
case 'item':
$service = new ItemService;
$service->execute();
// アクション有り
if(response()->getResponse('action')){
    $_SESSION['__route'] = response()->getResponse('action');
    // 画面移管
    $this->redirect();
}
break;

 

これで、actionの値に合わせたリダイレクトが可能です。では実際の動きを見てみましょう。

 

103回を経て、無事ピカチュウがライチュウに進化できました。これでアイテムによる進化処理の実装は完了です。

  

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「アイテムによるポケモンの進化」の実装方法をご紹介しました。

 

進化処理や、アイテムの使用については、トレイト分けしたり様々なパターンに合わせた処理の柔軟性を考慮しながら作成しているため、実装が比較的簡単にできるようになっています。もし、レベルアップによる進化が同一処理で作成されていると、その処理自体は簡単でわかりやすく書けるかも知れませんが、別ルートからの進化を行う際に、同じような処理を新しく作成しなければなりません。仕様決めや設計の大切さが、開発を進めていくことでわかりますね。

 

現在プログラミング学習に取り組んでいる方や、興味を持っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

注目の記事

レポート(試験)編 PHPポケモン 94
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
レポート(試験)編 PHPポケモン 94

今回の内容は、あくまで試験的なものとなります。実際にそのままの仕組みで導入するかは未定です。 ※セーブ機能の実装自体は予定しております   また、今回はセーブするための仕組みの部分にのみにフォーカスを当てています。非公開ディレクトリやパーミッション等による最低限の対応は施していますが、試験的にア...

事業所検索サービス「児発ねっと」児童発達支援・放課後等デイサービス
ビジネスモデル
SEO対策,プログラミング,児童デイサービス,児童発達支援,放課後等デイサービス
事業所検索サービス「児発ねっと」児童発達支援・放課後等デイサービス

どうも、児発ねっとの中の人です。 この度は児童発達支援・放課後等デイサービスといった療育施設の事業所検索サービス「児発ねっと」を開始することになりました。 本ブログでは、プログラミングやデザインといった内容のコンテンツを紹介しているため、児発ねっとのサービスは少し異色になります。なので、今回...

ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜入門編〜 1
プログラミング
PHP,PHPポケモン,オブジェクト指向,ポケモン
ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜入門編〜 1

オブジェクト指向とは  オブジェクト指向プログラミング https://ja.wikipedia.org/wiki/オブジェクト指向プログラミング オブジェクト指向プログラミングとは、互いに密接な関連性を持つデータとメソッドをひとつにまとめてオブジェクトとし、それぞれ異なる性質と役割を持たせたオブジェクトの様々な定...

なぜ、お金を配るの?悪質メール・SNSを利用した詐欺的手法への対処法とは
ネットワーク
amazon,SNS,Twitter,お金配り,楽天,迷惑メール
なぜ、お金を配るの?悪質メール・SNSを利用した詐欺的手法への対処法とは

定期的に書きたくなるコラムのコーナー! 今回は、迷惑メールやSNSのDMを活用した悪質な勧誘、巷で流行っているお金配りを隠れ蓑のした巧妙な詐欺的手法などをいくつかご紹介、その対策・リクス回避の方法をまとめました。   まず結論からお伝えすると 「怪しいと思うなら手を出すな」 です。その詳細を知りたい...

get_template_partで引数を渡す方法(WordPress5.5以降)
プログラミング
PHP,WordPress
get_template_partで引数を渡す方法(WordPress5.5以降)

WordPress5.5へのバージョンアップで、大きく機能が追加されました。中には変更に戸惑っている人もいるかも知れませんが、個人的にはエンジニアの要望を大きく取り入れて自由度がアップした印象があります。 今回はその中でも、多くの方が待ち望んでいた「get_template_part」の変更点についてご紹介します。 ge...

捕獲処理実装編 PHPポケモン 80
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
捕獲処理実装編 PHPポケモン 80

捕獲処理の作成 前回モンスターボールのクラスを作成したので、今回は捕獲判定までの一連の処理を仕上げていきます。サービス自体は他のアイテムと一緒にするためItemServiceを呼び出し、その中で使用されたアイテムを判断して分岐を作ります。   バトル中のアイテムサービス(/App/Services/Battle/ItemService.ph...

本は読まなくていいの!?物事の本質を理解する
雑記
読書
本は読まなくていいの!?物事の本質を理解する

  成功したけりゃ、1日1冊本を読め   社会人になると、本を読めと言われることは多いのではないでしょうか。 特にアクティブな活動をしていると、また独立や起業などを夢見ている人は、そういった言葉を聞くことは多いはずです。   しかし一方で、「本は読まなくても良い」という成功者たちもいます。 ...

ビジュアル作り込み編(序) PHPポケモン66
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
ビジュアル作り込み編(序) PHPポケモン66

ビジュアルの作り込み 最近は内部の作り込みが多かったので、今回のPHPポケモンでは見た目を少しだけ作り込んでいきます。とはいっても、機能自体がそこまで揃っていないため、あくまで仮の見た目となります。 ある程度見た目が整っていると、プレイする側のモチベーションや楽しみも増えると思ったので、こちらは並...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力