プログラミング

そらをとぶ&あなをほる編 PHPポケモン46

PHP PHPポケモン ポケモン
そらをとぶ&あなをほる編 PHPポケモン46

チャージ中の回避技

以前は「ロケットずつき」や「ソーラービーム」をサンプルとしてチャージ技を実装しましたが、今回は少し特別な効果をもったチャージ技を実装します。それが「そらをとぶ」と「あなをほる」です。これらは初代ポケモンでも重宝される技であり、チャージ中に相手からの攻撃を回避することができます。

前回のチャージ技の実装については以下の記事をご参考ください。

PHPポケモン「わざ編〜チャージ技の実装〜」34 PHPポケモン「わざ編〜チャージ技の実装〜」34

チャージ技とは ポケモンの技は数多く存在していて、その中でも特別な処理が必要なものがいくつかあります。その1つが「チャージ技」です。 ※チャージ技とはポケモン上で用いられている用語ではありません   現在実装している初代御三家+ピカチュウの初代レベルアップ技の中では以下の2つがあります。 ロ...

 

そらをとぶ

そらをとぶ(ポケモンwiki

 

まずは「そらをとぶ」から実装します。技クラスは以下の通りです。

 

そらをとぶ(/Classes/Move/Fly.php
<?php
$root_path = __DIR__.'/../..';
require_once($root_path.'/Classes/Move.php');
 
// そらをとぶ
class Fly extends Move
{
 
    /**
    * 正式名称
    * @var string
    */
    protected $name = 'そらをとぶ';
 
    /**
    * 説明文
    * @var string
    */
    protected $description = '1ターン目で空に舞い上がり、2ターン目に攻撃する。空を飛んでいる間はほとんどの技を受けない。';
 
    /**
    * タイプ
    * @var string
    */
    protected $type = 'Flying';
 
    /**
    * 分類
    * @var string(physical:物理|special:特殊|status:変化)
    */
    protected $species = 'physical';
 
    /**
    * 威力
    * @var integer
    */
    protected $power = 90;
 
    /**
    * 命中率
    * @var integer
    */
    protected $accuracy = 95;
 
    /**
    * 使用回数
    * @var integer
    */
    protected $pp = 15;
 
    /**
    * 優先度
    * @var integer
    */
    protected $priority = 0;
 
    /**
    * チャージ技
    * @var boolean
    */
    protected $charge_flg = true;
 
    /**
    * チャージ中に回避できない技
    * @var array
    */
    protected $cant_escape_move = ['Thunder', 'Gust'];
 
    /**
    * チャージ
    *
    * @param object $atk
    * @return boolean (true:準備ターン, false:攻撃ターン)
    */
    public function charge($atk)
    {
        /**
        * @param Pokemon $atk 攻撃ポケモン
        */
        // チャージ前後の分岐
        if($atk->checkChargeMove(get_class())){
            // チャージ完了
            $atk->releaseSc('ScCharge');
            return false;
        }else{
            // チャージ開始
            // 自身をチャージ状態にする
            $msg = $atk->setSc('ScCharge', 1, get_class());
            $atk->setMessage($msg);
            return true;
        }
    }
 
}

 

以前作成したチャージ技と同様に実装していきます。追加要素として、チャージ中に回避できない技をまとめておくプロパティcant_escape_move)を配列形式でセットしています。こちらは後ほど説明します。

 

あなをほる

あなをほる(ポケモンwiki

 

「そらをとぶ」と同じ要領で「あなをほる」の技も作成していきましょう。

 

あなをほる(/Classes/Move/Dig.php)
<?php
$root_path = __DIR__.'/../..';
require_once($root_path.'/Classes/Move.php');
 
// あなをほる
class Dig extends Move
{
 
    /**
    * 正式名称
    * @var string
    */
    protected $name = 'あなをほる';
 
    /**
    * 説明文
    * @var string
    */
    protected $description = '1ターン目で地中に潜り、2ターン目に攻撃する。地中に潜っている間はほとんどの技を受けない。';
 
    /**
    * タイプ
    * @var string
    */
    protected $type = 'Ground';
 
    /**
    * 分類
    * @var string(physical:物理|special:特殊|status:変化)
    */
    protected $species = 'physical';
 
    /**
    * 威力
    * @var integer
    */
    protected $power = 80;
 
    /**
    * 命中率
    * @var integer
    */
    protected $accuracy = 100;
 
    /**
    * 使用回数
    * @var integer
    */
    protected $pp = 10;
 
    /**
    * 優先度
    * @var integer
    */
    protected $priority = 0;
 
    /**
    * チャージ技
    * @var boolean
    */
    protected $charge_flg = true;
 
    /**
    * チャージ中に回避できない技
    * @var array
    */
    protected $cant_escape_move = ['Earthquake'];
 
    /**
    * チャージ
    *
    * @param object $atk
    * @return boolean (true:準備ターン, false:攻撃ターン)
    */
    public function charge($atk)
    {
        /**
        * @param Pokemon $atk 攻撃ポケモン
        */
        // チャージ前後の分岐
        if($atk->checkChargeMove(get_class())){
            // チャージ完了
            $atk->releaseSc('ScCharge');
            return false;
        }else{
            // チャージ開始
            // 自身をチャージ状態にする
            $msg = $atk->setSc('ScCharge', 1, get_class());
            $atk->setMessage($msg);
            return true;
        }
 
    }
 
}

 

あなをほるにも、チャージ中に攻撃を回避できない例外技があるため、プロパティを用意してまとめておきます。

 

例外技

では、2つの技クラスに新しく用意したプロパティ(cant_escape_move)ともう1点例外処理について説明します。

 

回避できない技

今回実装する「そらをとぶ」と「あなをほる」ですが、チャージ中すべての技を回避できるわけではありません。それぞれに例外となる技が存在しており、相手がその技を使用してくればチャージ状態で合ったとしてもダメージを受けてしまいます。

 

チャージ中に回避できない技

そらをとぶ状態

かみなり、かぜおこし

あなをほる状態

じしん

 ※初代技のみ

 

初代技の中でもそれぞれに回避不可能な技があります。なので、これらを判定するためにクラス名をcant_escape_moveプロパティに格納しました。

 

威力倍化技

点目の例外が、「威力が変動する技」についてです。例えば「かみなり」であれば、相手が「そらをとぶ」のチャージ中に使用することで技威力が倍の220になります。ですが、これは「そらをとぶ」ではなく「かみなり」の技に記述を追加する必要がありますので、新しくメソッドを作成して威力取得処理を修正しましょう。

 

かみなり(/Classes/Move/Thunder.php
<?php
$root_path = __DIR__.'/../..';
require_once($root_path.'/Classes/Move.php');
 
// かみなり
class Thunder extends Move
{
 
    /**
    * 正式名称
    * @var string
    */
    protected $name = 'かみなり';
 
    /**
    * 説明文
    * @var string
    */
    protected $description = '30%の確立で相手をまひ状態にする。';
 
    /**
    * タイプ
    * @var string
    */
    protected $type = 'Electric';
 
    /**
    * 分類
    * @var string(physical:物理|special:特殊|status:変化)
    */
    protected $species = 'special';
 
    /**
    * 威力
    * @var integer
    */
    protected $power = 110;
 
    /**
    * 命中率
    * @var integer
    */
    protected $accuracy = 70;
 
    /**
    * 使用回数
    * @var integer
    */
    protected $pp = 10;
 
    /**
    * 優先度
    * @var integer
    */
    protected $priority = 0;
 
    /**
    * 威力補正値の取得
    *
    * @param mixed
    * @return integer
    */
    public function powerCorrection(...$args)
    {
        /**
        * @param Pokemon:object $atk 攻撃ポケモン
        * @param Pokemon:object $def 防御ポケモン
        */
        list($atk, $def) = $args;
        // もし相手がそらをとぶチャージ中なら威力2倍
        if($def->getChargeMove() === 'Fly'){
            return 2;
        }
        // 通常補正値
        return 1;
    }
 
    /**
    * 追加効果
    *
    * @param array $args
    * @return void
    */
    public function effects(...$args)
    {
        /**
        * @param Pokemon $atk 攻撃ポケモン
        * @param Pokemon $def 防御ポケモン
        */
        list($atk, $def) = $args;
        // 相手が状態異常にかかっていない
        // 30%の確率
        if($def->getSa() || 30 < random_int(0, 100)){
            return;
        }
        // 相手をまひ状態にする
        $msg = $def->setSa('SaParalysis');
        // メッセージをセット
        $this->setMessage($msg);
    }
 
}

 

powerCorrectionというメソッドを作成して、相手の状態に合わせて威力補正値を取得しています。他の技は通常このメソッドは不要ですが、変化がない(1倍)を返却しなければいけないので、親クラスにデフォルト値を返却するためのメソッドを作成しておきましょう。

 

技クラス(/Classes/Move.php
<?php
$root_path = __DIR__.'/..';
require_once($root_path.'/App/Traits/InstanceTrait.php');
require_once($root_path.'/App/Traits/ResponseTrait.php');
 
// 技
abstract class Move
{
    use InstanceTrait;
    use ResponseTrait;
 
--省略
 
    /**
    * チャージ中に回避できない技
    * @var array
    */
    protected $cant_escape_move = [];
 
--省略
 
    /**
    * 威力補正値の取得
    *
    * @param mixed
    * @return integer
    */
    public function powerCorrection(...$args)
    {
        return 1;
    }
 
--省略
 
    /**
    * チャージ中に回避できない技を取得(チャージ技の場合)
    * @return array
    */
    public function getCantEscapeMove()
    {
        return $this->cant_escape_move;
    }
 
}

 ※回避不可の技を取得するためのメソッドと空プロパティも合わせて親クラスへ用意しています

 

では補正値計算を含めた威力の算出を、ダメージ計算前に追加しましょう。

 

攻撃用トレイト(/App/Traits/Service/Battle/ServiceBattleAttackTrait.php
/**
* 攻撃判定成功時の処理
*
* @param object $atk_pokemon
* @param object $def_pokemon
* @param object $move
* @return void
*/
private function attackSuccess($atk_pokemon, $def_pokemon, $move)
{
    if($move->getFixedDamageFlg()){
        /**
        * 固定ダメージ技
        */
        $damage = (int)$move->getFixedDamage($atk_pokemon, $def_pokemon);
    }else{
        /**
        * 通常技
        */
        // ローカル変数として補正値を用意
        $m = 1;
        // 必要ステータスの取得
        $stats = $this->getStats($move->getSpecies(), $atk_pokemon, $def_pokemon);
        // ダメージ計算(物理,特殊技)
        if($move->getSpecies() !== 'status'){
            // 急所判定
            $critical = $this->checkCritical($move->getCritical());
            if($critical){
                // 補正値を乗算
                $m *= $critical;
                $this->setMessage('急所に当たった!');
            }
            // 乱数補正値の計算
            $m *= $this->calRandNum();
            // タイプ一致補正の計算
            $this->calMatchType($move->getType(), $atk_pokemon->getTypes());
            // 技威力の取得(威力補正込み)
            $power = $move->getPower() * $move->powerCorrection($atk_pokemon, $def_pokemon);
            if(get_class($move) === 'Thunder'){
                var_export($power);
            }
            // ダメージ計算
            $damage = (int)$this->calDamage(
                $atk_pokemon->getLevel(),   # 攻撃ポケモンのレベル
                $stats['a'],                # 攻撃ポケモンの攻撃値
                $stats['d'],                # 防御ポケモンの防御値
                $power,                     # 技の威力
                $this->m * $m,              # 補正値(プロパティ*ローカル)
            );

 

ダメージ計算前に$powerという変数に、威力と補正値を乗算した値を格納して、それをダメージ計算の引数として渡しています。これで威力補正値込みでのダメージ計算を行うことができます。

 

回避判定

では、作成した回避判定を実装しましょう。こちらは攻撃用トレイトのcheckHitメソッド内に分岐を追加します。

 

攻撃用トレイト(/App/Traits/Service/Battle/ServiceBattleAttackTrait.php
/**
* 命中判定
*
* @param object $atk
* @param object $def
* @param object $move
* @return boolean
*/
private function checkHit($atk, $def, $move)
{
    // ふきとばし・ほえるのチェック
    if(in_array(get_class($move), ['Whirlwind', 'Roar'], true)){
        if($atk->getLevel() < $def->getLevel()){
            $this->setMessage($def->getPrefixName().'は平気な顔をしている');
            return false;
        }
    }
    // 相手のチャージ状態による判定チェック
    $charge_move_class = $def->getChargeMove();
    if(in_array($charge_move_class, ['Fly', 'Dig'], true)){
        $charge_move = new $charge_move_class;
        // 攻撃技が回避できない技リストになければ失敗
        if(!in_array(get_class($move), $charge_move->getCantEscapeMove(), true)){
            $this->setMessage($move->getFailedMessage($atk->getPrefixName()));
            return false;
        }
    }

 

もし防御ポケモンのチャージ状態が「そらをとぶ」か「あなをほる」であれば、回避不可技に現在使用している技が存在しているかどうかを確認しています。もしあれば、そのまま通常通り命中判定を行いますが、なければ攻撃が外れることになるためfalseを返却します。

 

それでは実際に確認してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

「なきごえ」は命中率100%の技ですが、あなをほる状態なので無事回避することができました。

 

次に「そらをとぶ」と「かみなり」の検証を行います。技を「かみなり」1択にしたライチュウを野生ポケモンとして固定します。

 

 

 

 

  

「そらをとぶ」状態にも関わらず、「かみなり」が当たりました。威力はvar_exportで出力してチェックしたところ、そらをとぶの前は110、そらをとぶ中には220という数値が出力されていたので、威力補正についても問題なく反映されています。

※まひになっている状態でまひにかかった旨のメッセージが出ているのは、HPと違ってステータス変化に対して動的な処理を行なっていないからです

  

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンでは「そらをとぶ」と「あなをほる」の実装方法をご紹介しました。

現在プレイページを公開中ですので、気になる人はぜひ遊んでみてくださいね。

 

注目の記事

PHPポケモン「引数メソッド実行編」デモ有り(御三家の追加)11
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
PHPポケモン「引数メソッド実行編」デモ有り(御三家の追加)11

  前回のPHPポケモンではメソッドを外部から実行できるようにコントローラー(インターフェース)を作成しました。なので、今回は引数が必要となるメソッドの実装に挑戦してみましょう。 最後にはデモページを準備しているので、気になった人はぜひ遊んでみてください。   第1回はコチラ     ...

これってスパム?amazon・paypalを装う悪質メールの対処方法とは
ネットワーク
amazon,Paypal,Xserver,スパム,三井住友,楽天,迷惑メール
これってスパム?amazon・paypalを装う悪質メールの対処方法とは

定期更新、役立つコラムのコーナー!   今回の注目したのは「迷惑(悪質)メールについて」です。   以前はamazonや楽天を名乗る業者から届いた迷惑メールについて紹介、その対処方法について取り上げましたが、今回は更にレベルアップしたスパムがいくつか届いたので、それらも紹介がてら、騙されないため...

システムエンジニアとプログラマーの違いって?仕事内容や必要スキルについてわかりやすく解説します【SE・PG】
プログラミング
システムエンジニアとプログラマーの違いって?仕事内容や必要スキルについてわかりやすく解説します【SE・PG】

  システムエンジニアってどんな仕事? プログラマーとどう違うの?   プログラミング教育が必修化になり、SEやPGの職業が注目された今、この違いについてわからない、教えて欲しいという質問が後を絶ちません。 今回はそういった人たちのために、システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)という職業に...

オウムがえし編 PHPポケモン 68
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
オウムがえし編 PHPポケモン 68

オウムがえしとは 今回は久々に新しい技を実装します。それが「オウムがえし」です。 オウムがえし(ポケモンwiki) https://wiki.ポケモン.com/wiki/オウムがえし   初代で登場した技であり、序盤に登場するポッポやオニスズメがレベルアップで覚える技の1つです。最新世代ではオウムがえしという技は実...

レビューがアフィになる!?SNS式ECサイトとは【ビジネス企画書】
ビジネスモデル
ECショップ,SNS
レビューがアフィになる!?SNS式ECサイトとは【ビジネス企画書】

  多くの人が利用しているSNS 副業やフリーランスに人気なアフィリエイト   それぞれの良い点を上手く利用すれば、完成するビジネスはないか?と考えて思い浮かんだ企画です。 今回は「レビューがアフィになる!?SNS式ECサイトとは」について、新時代のショッピングモール式ネットショップの企画をご紹...

引き継ぎ考慮のメッセージID重複回避編 PHPポケモン 58
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
引き継ぎ考慮のメッセージID重複回避編 PHPポケモン 58

今回のPHPポケモンでは内部の作り込みをしていきます。見た目への反映は無いので、プレイを楽しみにしている人や、ポケモンが好きで毎日チェックしてくれているような人は、ブラウザをバックしてもらって問題ありません。   それでは、前々回辺りから保留にしていた「メッセージIDに重複回避対策」についてです。 &...

フリーランスが見積書を作るときに押さえておきたい3つのポイント+α
フリーランス
フリーランス,仕事依頼,独立,見積書
フリーランスが見積書を作るときに押さえておきたい3つのポイント+α

  仕事の依頼がきたけど、どれぐらいの金額を提示すればいいかわからない   駆け出しのフリーランスや、これから独り立ちしようとしている人に多い悩みです。 今回はそういった方のために「フリーランスが見積書を作るときに押さえておきたい3つのポイント+α」についてご紹介します。     時給...

【Laravel7】バリデーションメッセージの日本語化【6系対応】
プログラミング
Laravel,Linux,PHP
【Laravel7】バリデーションメッセージの日本語化【6系対応】

  Laravelのバリデーションメッセージは標準だと英語で返ってきてしまいますね。 1つずつ変更する方法もありますが、言語ファイルを作成して一括変更するほうが開発時間の短縮に繋がります。   今回は「Laravel7のバリデーションメッセージを日本語化する方法」をご紹介します。Laravel6系でも同じ方法ででき...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach fortify function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jetstream jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 認証 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力