プログラミング

バトル状態のクラス化編 PHPポケモン 67

PHP PHPポケモン ポケモン
バトル状態のクラス化編 PHPポケモン 67

バトルの状態

PHPポケモンでも様々な技を再現してきましたが、まだまだ未実装のものはたくさんあります。そのほとんどがイレギュラー処理の必要なものだったりします。

それらをしっかりと解決していくためにも、今回は「バトル状態」をひとまとめに管理できるようにシステムの見直しを行います。

 

ひとまとめにする項目は以下の通りです。 

  1. フィールド
  2. にげる実行回数
  3. ターンダメージ

 

上記のように、バトル中に管理しなければならない項目が、現在はコントローラーに直接紐付いています。ですが、この調子で増やしていくと、コントローラーがパンパンになってしまうので、これらを効率よく管理できるようにまとめます。

ランクや状態変化についてもバトルステータスに該当しますが、これはポケモンに直接影響を与えているものとして、今まで通りポケモンに対して持たせておきます。ターンダメージも同じような位置関係ではありますが、リセット漏れなどを防ぐためにも細かなものはバトル状態として扱いましょう。

 

保存ステータスの増加

まず、これから実装する技でバトル状態として保存しなければならない可能性が高いものを上げていきましょう。あくまで想定のため、いざ実装する際にはそこまで複雑化しない可能性もあります。 

へんしん、ものまね、オウム返し、ネコにこばん

 

初代技でざっと取り上げるとこの辺りがバトル状態として保存が必要になると予想されます。ものまねに関しては、レベルアップ習得するポケモンがいないのでさほど問題ではありませんが、オウム返しは序盤から登場する「ポッポ一家」が覚えるため早めに実装したいところです。

ネコにこばんは「ニャース一家」しか覚えませんが、こちらもレベルアップ技として用意する必要があるので、順を追って揃えなければなりません。

へんしんに関しては、実装できなければ「メタモン」が実装できないことになります。ポケモンを欠けさせるわけにはいかないので、こちらもしっかりと作り込んでいきます。

 

ざっと上げただけでもこれらを管理する必要があります。第2世代に入れば更に増える見込みです。

 

クラス化(BattleState

バトル状態の管理方法についてですが、クラス化することで一括管理をします。レスポンスなどはヘルパー関数を用意しましたが、こちらは関数の重複なども防ぐためにも、今回は実装を見送りましょう。

 

バトル状態クラス(/Classes/BattleState.php
<?php
/**
* バトル状態クラス
*/
class BattleState
{
    /**
    * 逃走を試みた回数
    * @var integer
    */
    private $run;
 
    /**
    * フィールド効果
    * @var integer
    */
    private $fields;
 
    /**
    * このターンに受けた攻撃によるダメージ量
    * @var array
    */
    private $turn_damages;
 
    /**
    * @return void
    */
    public function __construct()
    {
        $this->init();
    }
 
    /**==================================================================
    * 初期化・初期値
    ==================================================================**/
 
    /**
    * 初期化
    * @return void
    */
    public function init() :void
    {
        $this->run = 0;
        $this->dafaultFields();
        $this->dafaultTurnDamages();
    }
 
    /**
    * ターン始めの状態へ初期化
    * @return void
    */
    public function turnInit() :void
    {
        $this->dafaultTurnDamages();
    }
 
    /**
    * ターンダメージの初期値
    * @return void
    */
    public function dafaultTurnDamages() :void
    {
        $this->turn_damages = [
            'friend' => [
                'physical' => 0,
                'special' => 0,
            ],
            'enemy' => [
                'physical' => 0,
                'special' => 0,
            ],
        ];
    }
 
    /**
    * フィールドの初期値
    * @return void
    */
    public function dafaultFields() :void
    {
        $this->fields = [
            'friend' => [],
            'enemy' => [],
        ];
    }
 
    /**==================================================================
    * にげる
    ==================================================================**/
 
    /**
    * にげる実行
    * @return void
    */
    public function run() :void
    {
        $this->run++;
    }
 
    /**
    * にげるの回数取得
    * @return integer
    */
    public function getRun() :int
    {
        return $this->run;
    }
 
    /**==================================================================
    * フィールド
    ==================================================================**/
 
    /**
    * フィールド状態の確認
    * @param string $target
    * @param Field:object $field
    * @return boolean
    */
    public function checkField(string $target, object $field) :bool
    {
        if(isset($this->fields[$target][get_class($field)])){
            return true;
        }else{
            return false;
        }
    }
 
    /**
    * ターンダメージの取得
    * @param target:string::friend|enemy
    * @return array
    */
    public function getField(string $target) :array
    {
        return $this->fields[$target];
    }
 
    /**
    * フィールドのセット
    * @param target:string
    * @param field:object::Field
    * @param turn:integer
    * @return void
    */
    public function setField(string $target, object $field, int $turn) :void
    {
        if($this->checkField($target, $field)){
            // 既にセットされている
            setMessage($field->getAlreadyMessage($target));
        }else{
            // フィールドをセット
            $this->fields[$target][get_class($field)] = $turn;
            setMessage($field->getSetMessage($target));
        }
    }
 
    /**
    * フィールド状態の解除
    * @param position:string
    * @param field:object::Field
    * @return void
    */
    public function releaseField(string $position, object $field) :void
    {
        if($this->checkField($position, $field)){
            // 解除
            unset($this->fields[$position][get_class($field)]);
            // 解除メッセージをセット
            setMessage($field->getReleaseMessage($position));
        }
    }
 
    /**
    * フィールドのターンカウントをすすめる
    * @return void
    */
    public function goTurnFields() :void
    {
        foreach(['friend', 'enemy'] as $position){
            //全ターゲットのフィールド状態を解除
            foreach($this->fields[$position] as $field => &$turn){
                $turn--;
                if($turn <= 0){
                    // 残ターンが0ターン以下になれば解除
                    $this->releaseField($position, new $field);
                }
            }
        }
    }
 
    /**==================================================================
    * ターンダメージ
    ==================================================================**/
 
    /**
    * ターンダメージの取得
    * @param target:string::friend|enemy
    * @param species:string::physical|special
    * @return integer
    */
    public function getTurnDamage(string $target, string $species) :int
    {
        return $this->turn_damages[$target][$species];
    }
 
    /**
    * このターン受けたダメージの格納
    * @param target:string::friend|enemy
    * @param species:string::physical|special
    * @param damage:integer
    * @return void
    */
    public function setTurnDamage(string $target, string $species, int $damage) :void
    {
        $this->turn_damages[$target][$species] = $damage;
    }
 
}

 

トレイト等に用意していたものを、クラスに移し替えました。あとは、こちらをシリアライズしながら画面移管で渡しながら管理をします。

前回進化コントローラーで実装したように、コントローラーのデストラクタを使ってデータの引き継ぎ処理をします。

 

バトルコントローラー(/App/Controllers/Battle/BattleController.php
/**
* @return void
*/
public function __destruct()
{
    // 次画面へ送るデータ
    $_SESSION['__data']['party'] = serializeObject($this->party);
    $_SESSION['__data']['enemy'] = serializeObject($this->enemy);
    $_SESSION['__data']['battle_state'] = serializeObject($this->battle_state);
    $_SESSION['__data']['before_responses'] = serializeObject(getResponses());
    $_SESSION['__data']['before_modals'] = serializeObject(getModals());
    $_SESSION['__data']['before_messages'] = getMessages();
    // 親デストラクタの呼び出し
    parent::__destruct();
}

 

今まではにげる回数などをプロパティとして管理していましたが、オブジェクトとして管理することにより、参照渡しになります。そのため、無駄な引き継ぎ処理が減るので保守性も良くなりました。

ただ、しっかりとオブジェクトの状態や動きを把握しておくことが前提となります。

 

セッションとリダイレクトについて

今回躓いたポイントとして、セッションとリダイレクトの関係性をまとめておきます。

フレームワークなどを使えば、なかなかセッションに頼るようなこともありませんが、PHPポケモンではDBを使わない関係上、セッションの状態をしっかりと把握しておかなければなりません。

今回バトル状態をクラス化させることで発覚した問題として、セッション処理後にリダイレクトすると、セッションが正常に処理されていないということが発覚しました

 

例えばバトル画面からホーム画面へ戻る際に、不要になったセッションをunsetしてからリダイレクトさせていましたね。ですが、これが正常にunsetされず残ったままになり、次のバトル画面へ引き継がれてしまっていました。これは、セッションの更新処理がリダイレクトすることによって失われてしまっていたからです。

 

なので、リダイレクトをする際にセッションの処理を完了させるための関数を呼び出します。

 

コントローラー親クラス(/App/Contorllers/Controller.php
/**
* 画面移管
* @return void
*/
protected function redirect()
{
    // セッションを保存
    session_write_close();
    // リダイレクト
    header("Location: ./", true, 307);
    // 処理終了
    exit;
}

 

画面移管をメソッドにまとめました。

こちらで最初に呼び出しているsession_write_closeが、セッションを更新させるための関数となっています。

 

こうすることで、記述通りセッションを更新してから画面移管することができました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンでは、バトル状態のクラス化と、セッションとリダイレクトの関係についてご紹介しました。

現在プログラミング学習に取り組んでいる方や、ゲーム開発に興味を持っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

注目の記事

ポケモン預かりシステム編 システムの実装 PHPポケモン 87
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
ポケモン預かりシステム編 システムの実装 PHPポケモン 87

ポケモン預かりシステムの実装 システムの仕様とクラスも整ってきたので、いざ実装をしていきましょう。 前回までに作成した項目で、いくつか変更になったものがあるので、まずはじめに挙げておきます。   シャットダウン機能 ボックスの選択を解除するというものでしたが、こちらを不採用にしました。ボックスは...

プログラミングを優しく解説!学んで得する3つの理由
プログラミング
プログラミング教育
プログラミングを優しく解説!学んで得する3つの理由

  プログラミング教育が始まるけど、そもそもよくわかっていない   2020年からは小学校がプログラミング学習が必修化され、翌年には中学校でも導入予定です。 しかし、保護者からすると全くわからず困惑していたり、教える先生たち教師陣からしてもよくわかっていないケースは少なくありません。   今回...

SEO対策で役立つ!ライティングスキルを向上させる3ステップ
ライティング
SEO,ブログ
SEO対策で役立つ!ライティングスキルを向上させる3ステップ

  ブログやメール、SNSなどライティングスキルが問われる場面が多く、それは質に直結しています。各プラットフォームによって特徴はありますが、基礎的な文章力自体がついていれば多様な場面で役立つことは間違いありません。 文章の質が高くなれば、ブログであればSEOに強い価値のあるサイトになりますし、SNS...

コンテンツ配信業でバズるために大切な3つの法則〜『1ヶ月でチャンネル登録者数1000人』は参考にするな
マーケティング
YouTube,YouTuber,ブログ
コンテンツ配信業でバズるために大切な3つの法則〜『1ヶ月でチャンネル登録者数1000人』は参考にするな

  YouTubeやブログを始めたけど思ったように伸びない・・・   こういった人は、チャンネル登録者数を伸ばす方法などの動画を見ても参考にならなく、結果に繋がらないという場合がほとんどです。 その理由は、その人自身に問題があるわけではなく、動画の前提条件がそもそも違っているからです。   今回は「...

グローバル&ヘルパー関数編 PHPポケモン 61
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
グローバル&ヘルパー関数編 PHPポケモン 61

進化や技習得、HPバーや経験値バーの演出ができているのに、なぜ状態異常の演出はされていないの?   そう感じている方が少なからずいるはずです。 現段階では、状態異常になっても次の画面に移管しなければ表示されません。これは、PHP側で内部処理は行われているが、メッセージに合わせた動的な変更がされていな...

稼ぐためには必ず知っておきたい100日継続法【100日坊主になりなさい】
雑記
稼ぐためには必ず知っておきたい100日継続法【100日坊主になりなさい】

  YouTubeやnoteで収益を上げたい   今やレッドオーシャンと呼ばれるそれらは、多くの人が挑戦して諦めてしまい、結局は上層が勝ち続けるという構造が揺らぎません。 しかし、多くの人は諦めるのが早すぎて、実際に結果が出るかも知れないものを断念しているのがほとんどです。 今回は、そういった人た...

データ軽量化編 β版へ向けて  PHPポケモン 90
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
データ軽量化編 β版へ向けて PHPポケモン 90

β版の実装に向けて 大型アップデートにより、ある程度機能改善や実装箇所も増えてきましたが、それと同時に次の段階への移行が本格的に見えてきました。それがβ版です。   PHPポケモンは2020年12月現在α版となっており、完全な試作段階のWEBアプリケーションです。セーブ機能はなく、セッションの有効期...

【Youも明日からデザイナー】デザインセンスを磨くコツ3つ
デザイン
YouTube,サムネイル,バナー
【Youも明日からデザイナー】デザインセンスを磨くコツ3つ

  デザイナーにセンスは必要か?   この問いに、私は必ず「必要ない」と答えます。確かに、センスを磨くことは大切ですが、それがあたかも才能のように表現するのは間違っていると思っているからです。 デザインは誰にでもできます。そしてオリジナリティは各自が必ず持っています。だからこそ、なりたい...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力