プログラミング

ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜進化編〜 7

PHP PHPポケモン オブジェクト指向 ポケモン
ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜進化編〜 7

 

※前回(第6回)で意味不明な場所に空変数が入っており、ステータスが一部しか出力できないという問題がありました。修正しています。犯人は「$stats = [];」です。(GetTrait.php)

 

今回はポケモンのゲームでは欠かせない、楽しみの一つとなる「進化システム」を導入していきます。これからPHPポケモンを最初から作りたいという人は、ぜひ第1回から製作工程を楽しみながら挑戦してみてください。

ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜入門編〜 1 ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜入門編〜 1

オブジェクト指向とは  オブジェクト指向プログラミング https://ja.wikipedia.org/wiki/オブジェクト指向プログラミング オブジェクト指向プログラミングとは、互いに密接な関連性を持つデータとメソッドをひとつにまとめてオブジェクトとし、それぞれ異なる性質と役割を持たせたオブジェクトの様々な定...

 

※仕様として増設していく上でイマイチだと感じた点は、回数を重ねながら修正しています。決して見通しが甘いわけではありません。

  

 

進化システムの導入

  

 

ポケモンのゲームには進化というシステムがあります。ピカチュウであれば、ある条件を満たすことでライチュウというポケモンに進化できるのです。

今回のシステムの場合、進化した時点でピカチュウクラスからライチュウのクラスへ切り替えをする必要があります。そして、切り替えた際にステータスや技の引き継ぎもしなければなりません

しかし、難しく考える必要はありません。今まで学習した内容を応用するだけで、十分実装が可能です。

 

 

ライチュウクラスの作成

 

まず、進化先となるライチュウのクラスを作成しましょう。

 

ライチュウのクラス(/Class/Raichu.php
<?php

require_once('Class/Pokemon.php');
 
// ライチュウ
class Raichu extends Pokemon
{
 
    /**
    * 正式名称
    * @var string(min:1 max:5)
    */
    protected $name = 'ライチュウ';
 
    /**
    * 初期レベル
    * @var array
    */
    protected $default_level = [
        55, 56, 57,
    ];
 
    /**
    * レベルアップで覚える技
    * @var array
    */
    protected $level_move = [
        [1, 'でんきショック'],
        [1, 'なきごえ'],
        [1, 'でんじは'],
    ];
 
    /**
    * 種族値
    * @var array
    */
    protected $base_stats = [
        'HP' => 60,
        'こうげき' => 90,
        'ぼうぎょ' => 55,
        'とくこう' => 90,
        'とくぼう' => 80,
        'すばやさ' => 110,
    ];
 
    /**
    * インスタンス作成時に実行される処理
    *
    * @return void
    */
    public function __construct()
    {
        $this->setLevel();
        $this->setDefaultExp();
        $this->setDefaultMove();
        $this->setIv();
        echo '<p>ライチュウをゲットした</p>';
    }
 
}

 

正式名称、初期レベル、レベルアップで覚える技、種族値をそれぞれライチュウの仕様に変更しています。

※種族値は最新、レベルアップで覚える技は初期のものを採用しています

 

 

進化メソッドの実装

 

次に、進化のメソッドを作成します。ピカチュウの進化条件は「かみなりのいし」を使うことですが、今回はまだアイテムの概念が存在していないため、public権限のメソッドで外部から直接進化させる仕様で作成していきます。

 

進化条件や進化先はそれぞれ異なるため、進化メソッドはピカチュウのクラスへ実装します。

 

ピカチュウのクラス(/Class/Pikachu.php
<?php

require_once('Class/Pokemon.php');
require_once('Class/Raichu.php');
 
// ピカチュウ
class Pikachu extends Pokemon
{
 
-- 省略
 
    /**
    * 進化 → ライチュウ
    *
    * @return Class\Raichu
    */
    public function evolve()
    {
        return new Raichu($this);
    }

}

 

まずは新しく作成したライチュウのクラスをrequire_onceで最初に読み込みます。

進化用のメソッド(evolve)では、ライチュウのインスタンスを作成して返却します。進化といっても、ピカチュウのインスタンスをライチュウに変更するというわけではなく、あくまで新しく作ったライチュウのインスタンスに対して、ピカチュウが持っている能力値を引き継ぐという方法で実装します。

 

・進化のシステム

【イメージ】

ピカチュウのインスタンスをライチュウに変更

【実際】

ピカチュウのインスタンスが持つステータス等を、新しく作ったライチュウのインスタンスに引き継ぐ

 

能力値を引き継ぐために、new Raichuの引数にピカチュウ自身($this)を渡します。余計なものまで引き継ぎたくなければ、必要な値だけを格納して渡すという方法をとっても構いません。

 

 

能力値の引き継ぎ

 

ピカチュウのクラスに作成したevolveという進化メソッドで、ライチュウのインスタンスを作成しましたが、このままでは「ライチュウをゲットした」というメッセージが出てしまい、ピカチュウ同様に初期値の設定をされてしまいます。そうならないためにも、ライチュウのコンストラクタ(__construct)に引数で判定する分岐を追加しましょう。

 

ライチュウのクラス(/Class/Raichu.php
/**
* インスタンス作成時に実行される処理
*
* @param Class\Pikachu|null
* @return void
*/
public function __construct($before=null)
{
    if(is_a($before, 'Pikachu')){
        // 進化した際の処理
        $this->takeOverAbility($pikachu);
        echo '<p>ライチュウに進化した</p>';
    }else{
        // 捕まえた際の処理
        $this->setLevel();
        $this->setDefaultExp();
        $this->setDefaultMove();
        $this->setIv();
        echo '<p>ライチュウをゲットした</p>';
    }
}

 

デフォルト値をnullにした引数を追加し、その引数で分岐させました。それでは分岐箇所について見てみましょう。

if(is_a($before, 'Pikachu')){

 

is_aという関数を使用して、第1引数に指定された$beforeが、第2引数のクラス名かどうかを判定しています。このようにクラスを判定しておくことで、他のポケモンからライチュウに進化されないように制限を設けています。 

 

進化すれば、引き継ぐ必要のあるピカチュウの能力値をライチュウにセットする必要があります。こちらは進化をした際の共通処理になるので、ポケモンのクラスにtakeOverAbilityという引き継ぎ用のメソッドを追加しておきます。

 

ポケモンのクラス(/Class/Pokemon.php
/**
* 進化時の能力引き継ぎ処理
*
* @param object $before 進化前
* @var void
*/
protected function takeOverAbility($before)
{
    $this->nickname = $before->nickname;    # ニックネーム
    $this->level = $before->level;          # レベル
    $this->ev = $before->ev;                # 努力値
    $this->iv = $before->iv;                # 個体値
    $this->exp = $before->exp;              # 経験値
    $this->move = $before->move;            # 技
}

 

処理はいたって単純です。$this(ライチュウ)に対して$before(ピカチュウ)の情報を順番にセットしています。

ポケモンでは、ニックネームレベル努力値個体値経験値覚えている技進化しても引き継がれるため、それぞれにセットしています。

それでは、出力して確認してみましょう。

 

出力ファイル(/index.php)
<?php

require_once('Class/Pikachu.php');

// ピカチュウをゲット
$pikachu = new Pikachu;
echo '<p>現在のレベル:'.$pikachu->getLevel().'</p>';
$details = $pikachu->getDetails();
$stats = $pikachu->getStats();
?>

<hr>
<!--ピカチュウ 詳細-->
<?php foreach($details as $key => $val): ?>
<p><?=$key?>:<?=$val?></p>
<?php endforeach; ?>
<hr>
<!--ピカチュウ ステータス-->
<?php foreach($stats as $key => $val): ?>
<p><?=$key?>:<?=$val?></p>
<?php endforeach; ?>
 
<hr>
 
<?php
// ライチュウに進化
$raichu = $pikachu->evolve();
$details = $raichu->getDetails();
$stats = $raichu->getStats();
?>
<hr>
<!--ライチュウ 詳細-->
<?php foreach($details as $key => $val): ?>
<p><?=$key?>:<?=$val?></p>
<?php endforeach; ?>
<hr>
<!--ライチュウ ステータス-->
<?php foreach($stats as $key => $val): ?>
<p><?=$key?>:<?=$val?></p>
<?php endforeach; ?>

 

ポイントは、ライチュウへ進化した際に新たな変数へ格納することです。

// ライチュウに進化
$raichu = $pikachu->evolve();

 

前項でも説明したとおり、evolveという進化メソッドを使ってもピカチュウのインスタンス自体がライチュウに変わっているわけではなく、返り値として能力を引き継いだライチュウのインスタンスを返却しています。なので、その結果を新たな変数へ格納するか、$pikachuの変数に上書きして使いましょう。

 

出力結果は以下の通りです。

# 出力結果
 
ピカチュウをゲットした
現在のレベル:8
 
正式名称:ピカチュウ
ニックネーム:ピカチュウ
現在のレベル:8
覚えている技:でんきショック,なきごえ
現在の経験値:512
次のレベルまでに必要な経験値:217
 
HP:24
こうげき:13
ぼうぎょ:13
とくこう:13
とくぼう:13
すばやさ:21
 
ライチュウに進化した
 
正式名称:ライチュウ
ニックネーム:ライチュウ
現在のレベル:8
覚えている技:でんきショック,なきごえ
現在の経験値:512
次のレベルまでに必要な経験値:217
 
HP:28
こうげき:19
ぼうぎょ:16
とくこう:20
とくぼう:18
すばやさ:24

 

進化しても能力が引き継がれていますね。そして、ライチュウに進化することで種族値が上がっているので、ステータスは少しアップしていることがわかります。

これで、ピカチュウを無事ライチュウへ進化させることができました。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は「ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜進化編〜」をご紹介しました。

ポケモンによって進化条件がことなるので、そういった機能も将来的には実装してみましょう。。

楽しみながらプログラミングを学習(PHP)をしたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

注目の記事

ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜トレイト編〜 4
プログラミング
PHP,PHPポケモン,オブジェクト指向,ポケモン
ピカチュウから学ぶオブジェクト指向 〜トレイト編〜 4

  ピカチュウから学ぶオブジェクト指向の第4弾は「トレイト(trait)の活用」についてです。更に、レベルシステムを導入すれば欠かせない経験値システムも合わせて実装します。 第3回からの続きとなりますので、もし前回をまだ見ていない人は是非ご参考ください。   それでは今回もピカチュウと一緒に、...

迷惑メールはなぜ届く?amazonや楽天を騙る悪質メールへの対処法とは
ネットワーク
amazon,スパム,メール,楽天
迷惑メールはなぜ届く?amazonや楽天を騙る悪質メールへの対処法とは

「いきなり迷惑メールが届くようになった」 「Amazonや楽天を装ったメールはどうやって見分ければいいの?」   知らない人からいきなり連絡が届いたり、登録もしていないようなサービスからメールが届けば、それは詐欺メールかも知れません。 スマホやパソコンが一般的に普及して、ネットでの買い物やサービスを利用...

【PHP7】はてな2つとは??Null合体演算子を使った存在チェック
プログラミング
PHP,プログラミング学習
【PHP7】はてな2つとは??Null合体演算子を使った存在チェック

  PHP Notice:  Undefined variable: 変数名 in /***/***.php on line 2   PHPで変数や対象のキーが存在しない配列を使おうとすれば、上記のようなエラーが吐き出されますね。PHP5.6までは初期値を設定したり、issetで判定したりしてそれを回避していましたが、2015年末にリリースされたPHP7からは新しくN...

くれくれ姿勢が実は起業の近道だった!相手のことを考え過ぎるとハマる落とし穴とは
雑記
フリーランス,独立,起業
くれくれ姿勢が実は起業の近道だった!相手のことを考え過ぎるとハマる落とし穴とは

  仕事ください アドバイスしてください 〇〇について教えてください   こういったくれくれ姿勢の人は多く、投げかけられた側からすると「メリットは?」と感じてしまいます。 ですが実はこのくれくれ姿勢には意外な成功の要因が隠れています。多くの自己啓発記事やツイートをする人はこの本質的なものに触...

フリーランスなら心がけておきたい3つのルール【仕事と遊びは両立させろ】
フリーランス
フリーランス,独立
フリーランスなら心がけておきたい3つのルール【仕事と遊びは両立させろ】

  フリーランスになっても不安がいっぱい   会社というものに縛られないというのは楽なイメージがありますが、それ相応の不安がついてまわります。 その結果、会社員へと舞い戻ってしまうと再度そこから抜け出すことは非常に困難です。   今回は、現在活動している人や、これから独立しようとしている...

起業・独立を考えている人に向けた具体的なアドバイス3選
雑記
起業・独立を考えている人に向けた具体的なアドバイス3選

  「どのタイミングで起業すべき?」 「会社を作るためにはどういったことをすればいいの?」   あなたはこんな悩みを抱えていませんか? 今回は、これから独立・起業をしようと考えている方や、そういった野望をいだいている人に向けて、自らの経験を元に具体的なアドバイスを3つピックアップしてご紹...

ゲームバランス調整編 DateTimeクラスの活用 PHPポケモン 101
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
ゲームバランス調整編 DateTimeクラスの活用 PHPポケモン 101

ゲームバランスの調整 まだまだ開発途中のPHPポケモンはゲームバランスの調整がほとんどされていません。現段階では機能も揃っていない関係上、完全なゲームバランスを求めて行くことにはあまり意味がありませんが、今後調整するための役割として機能自体は作成しておこうというのが今回の目的です。   トレーナ...

EC-CUBE4内にWordPressを設置(共存)する方法
SEO対策,プログラミング
EC-CUBE4,PHP,Symfony,Twig,WordPress
EC-CUBE4内にWordPressを設置(共存)する方法

今回使用したバージョン EC-CUBE4.0.5 WordPress5.6 ※EC-CUBE4、WordPressのカスタマイズは自己責任でお願いします。また、現在稼働中のサイトで試す際には、必ずバックアップを取ってから行なうようにしてください。   EC-CUBE4とは ネットショップを作るとなれば、様々なサービスが出回っ...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力