PHPポケモン(α)攻略wiki「稼ぎ方特集」
2020年11月18日 (最終更新日:2020/11/18 16:26)

PHPポケモン(α)攻略wiki「稼ぎ方特集」

前回に引き続き、連続wiki投稿でPHPポケモン溺愛ユーザーにとっては歓喜の2日間です。

 

という冗談も踏まえつつ、今回は「稼ぐ」ということについて真面目に考察してみたいと思います。もしリアル世界での「稼ぐ」を目的に来た人は、盛大にブラウザバックしてください。

 

PHPポケモン(α)攻略wiki「稼ぎ方特集」

PHPポケモンにおける「稼ぐ」とは

現段階でのPHPポケモンにおける「稼ぐ」は「経験値」「努力値」「お金」の3項目です。経験値と努力値は、相手ポケモンを倒すことによって得られるので、試行回数を重ねれば良いだけですが、それぞれくれる値が異なるということもあるため、効率よく得るためにはある程度ポケモンに設定された数値を理解しておく必要があります。

お金については、本作再現さながら稼げる手段が限られているため、普通にプレイをしているだけでは「どうやって増やせばいいの?」と思っている方も多いでしょう。

 

なのでこの辺りをスッキリ解決して、PHPポケモンを攻略していきましょう。

 

経験値の稼ぎ方

まずはレベルアップ、進化(ピカチュウを除く)に欠かせない「経験値の稼ぎ方」についてです。レベルの高いポケモンや、進化ポケモンを倒すことで、比較的多くの経験値が得られるというのはお分かりのとおりですが、同じ進化前ポケモンであったとしても個体によって差があります。

 

PHPポケモンの経験値算出方法については、以下の記事を御覧ください。

 

それでは、どのポケモンを倒せば効率よく経験値が得られるのかを見てみましょう。

 

経験値を多くくれるポケモン

まずは序盤で登場するポケモンの基礎経験値の値を順位順に並べてみましょう。 

ピカチュウ:112

フシギダネ:64

ヒトカゲ :64

ゼニガメ :63

ニャース :58

 

他のポケモンと比べて、ピカチュウの基礎経験値が圧倒的に高いということがわかりますね。フシギダネとヒトカゲが同率、1差でゼニガメと続き、もっとも経験値をくれないポケモンがニャースです。

 

次に中盤のポケモンを踏まえた順位を見てみましょう。 

フシギソウ:142

カメール :142

リザード :142

ピカチュウ:112

メタモン :101

フシギダネ:64

ヒトカゲ :64

ゼニガメ :63

ニャース :58

 

御三家の1進化ポケモンとメタモンが追加され、進化ポケモンである3匹がピカチュウを超えて同率となりました。一定レベルを超えると、こちらの3匹が野生として登場するため、もし見かけるようになれば優先して挑むことで、効率よく経験値を稼ぐことができます。

 

上位にはランクインしていませんが、メタモンが使う「へんしん」という技は、基礎経験値も含めてコピーするため、自分が使用しているポケモンによっては、メタモンとの遭遇が経験値稼ぎとしては吉となることもあります。特に進化ポケモンを使っている方は、メタモンと遭遇したら1ターンで倒してしまわず、進化後に倒して経験値を得るという選択肢を踏まえて戦うと良いでしょう。

 

最後に、終盤に出てくるポケモンを踏まえた順位を見てみましょう。

リザードン:267

カメックス:265

フシギバナ:263

ライチュウ:243

ペルシアン:154

フシギソウ:142

カメール :142

リザード :142

ピカチュウ:112

メタモン :101

フシギダネ:64

ヒトカゲ :64

ゼニガメ :63

ニャース :58

 

2進化ポケモンが上位3ポケモンとなりましたが、そこにも若干の差があるのがわかりますね。基礎経験値だけで見れば、267のリザードンが最も高く、野生のリザードンを倒すのが最も高い経験値をもらえるということがわかります。

  

効率の良いポケモン

倒せば多くの経験値をもらえるポケモンがわかりました。ですが、これは「効率よく経験値をもらえるポケモン」ではありません。

例えば、1回辺り1000の経験値をくれるポケモンと、100のポケモンがいるとしましょう。数値として見れば、明らかに前者の方が「お得」だと感じるかも知れませんが、倒すために前者に15分、後者に1分という時間を要すると考えた場合はいかがでしょうか?

 

これは時間と単価によるトリックです。

冷静に考えると小学生・中学生でもわかることかも知れませんが、実はこういったことが世の中には隠されています。そして、ゲームでも効率を追求していくとなれば、この辺りもしっかり踏まえて挑んでいく必要があります。

 

まず、200オーバーの基礎経験値を持っているポケモンで見ていきましょう。 

リザードン:267

カメックス:265

フシギバナ:263

ライチュウ:243

 

最初に選んだポケモンがフシギダネの場合、フシギバナまで進化していたとしても、リザードンに対抗するための技が貧弱であり、効率よく倒せるとは言えません。(前回wiki参考)

カメックスに対しては相性有利ということもあり、メインウェポンが力を発揮してくれることで効率よく倒すことが可能です。

同タイプのフシギバナにも、やはり有効打が無いに等しいため、こちらも倒すまでにかかる時間は要することになります。

ライチュウに対して草タイプの技は等倍ですが、相手が使ってくるでんきタイプの技に対して強いということもあり、こちらも比較的効率よく倒せる相手です。更に、他の3匹に対してHP・防御の種族値が低いということもあり、サブウェポンであるはっぱカッターが活躍してくれるというのも大きなポイントです。ただ、でんじはという状態異常技にひっかかると、大きな時間ロスにつながる可能性があります。

 

このように、現在段階では1匹のポケモンで突き進むことになるので、選ぶポケモンによっては効率よく稼げる相手が変わってきます。 

・フシギダネを選択

序盤:ピカチュウ、ゼニガメ

中盤:ピカチュウ、カメール

終盤:ライチュウ、カメックス 

・ヒトカゲを選択

序盤:ピカチュウ、フシギダネ

中盤:ピカチュウ、フシギソウ

終盤:ライチュウ、フシギバナ

・ゼニガメを選択

序盤:ヒトカゲ

中盤:ヒトカゲ、リザード

終盤:リザードン、ライチュウ

・ピカチュウを選択

序盤;ゼニガメ、ヒトカゲ

中盤:カメール、リザード

終盤:カメックス

 

相性や覚える技などを参考に取り上げていきました。自分のタイプが相手の技に有利というよりも、相手に対して有効打を持っているかが鍵となっています。そのため、終盤技が優秀になるゼニガメ(カメックス)においては、あくまで比較的対しやすい「リザードン」と「ライチュウ」を取り上げましたが、ミラー戦やフシギバナ相手でも十分に立ち回れるため、終盤には最も活躍ができるポケモンだと言えます。

また、ピカチュウを選ぶ以外では「ピカチュウ」「ライチュウ」が、耐久値も低く倒すことで効率よく経験値を稼げるポケモンだということがわかります。

 

努力値の稼ぎ方

経験値稼ぎと並行して考えて置かなければならないのが「努力値」です。これはステータスに依存するため、最終的なポケモンの性能に大きな影響を与えることになります。

それぞれのステータスを上げるためには、どの相手を倒せばよいのか、どのポケモンが意識しておきたいステータスなのかを見てみましょう。

 

HP(H

耐久値の要でもあるHPの努力値をくれるポケモンは以下の通りです。

メタモン:1

 

現段階ではメタモンを倒すことでしかHPの努力値を獲得することができません。しかも、メタモンはへんしんすることで、獲得努力値もコピーするので、HPの努力値を稼ぐためには、メタモンがへんしんする前に倒す必要があります。

 

HPは端数を埋めるためにも全ポケモンに可能性がある値です。その中でも「カメックス」や「フシギバナ」など耐久値を活かして戦うポケモンにとっては是非とも獲得していきたい努力値です。

 

攻撃(A

物理攻撃に影響を与える攻撃の努力値をくれるポケモンは以下の通りです。

 

なんと、現在のPHPポケモンでは攻撃努力値を稼ぐ手段がありません。そのため、物理攻撃をメインウェポンとするポケモンにとっては苦戦を強いられるということがわかります。

 

こちらはポケモンの追加によって実装予定のため、乞うご期待ください。

 

防御(B

物理攻撃に対抗するための防御の努力値をくれるポケモンは以下の通りです。

ゼニガメ:1

カメール:1(特防:1)

 

カメールは防御に合わせて特防の努力値もくれるため、もし防御のみで良いという方は、単体でくれるゼニガメを倒すことで稼ぐようにしましょう。

HPと同じく、カメックスやフシギバナなど耐久を活かして戦いたいポケモンは、思う存分ゼニガメ狩りを楽しんでください。

 

特攻(C

攻撃努力値をくれるポケモンがいない以上、攻撃で要となるのは特攻です。こちらの努力値をくれるポケモンは以下の通りです。 

フシギダネ:1

フシギソウ:1(特防:1)

フシギバナ:2(特防:1)

リザード :1(素早さ:1)

リザードン:3

 

序盤ではフシギダネ、終盤ではリザードンが単体で特攻努力値をくれますね。序盤から特攻を稼ごうと考えている方は、フシギダネ狩りを楽しんでください。

特攻は最初のポケモン全員のメインウェポンに影響を与えるため、現段階では全てのポケモンで意識しておくべき努力値です。

  

特防(D

特殊攻撃に対抗するための特防の努力値をくれるポケモンは以下の通りです。

フシギソウ:1(特攻:1)

フシギバナ:1(特攻:2)

カメール :1(防御:1)

カメックス:3

 

序盤では稼ぐことができませんが、中盤・後半では比較的稼げるポケモンが多くなります。

特に「フシギソウ」「フシギバナ」は前述した「特攻」の努力値を兼ね備えているため、1度で2度美味しい狩り対象になっています。

特攻環境下である状況下では、耐久値に自身のあるポケモンは兼ね備えておきたいステータスの1つです。

  

素早さ(S

先手こそが全て!素早さの努力値をくれるポケモンは以下のとおりです。

ヒトカゲ :1

リザード :1(特攻:1)

ピカチュウ:2

ライチュウ:3

ニャース :1

ペルシアン:2

 

他の努力値と比べて、序盤から稼ぎやすいステータスになります。特に、経験値も多い「ピカチュウ」が2の努力値を付与してくれるというのは大きく、レベルアップしながら努力値を稼ぐことが可能です。

素早さを活かして戦える「ピカチュウ」や「リザードン」はしっかり強化しておくことをオススメします。ただ、現段階では野生ポケモンだけが相手のため、むしろ素早さの乏しい他2匹に意識して割り振り、もともと素早さの高い上2匹は別のステータスへ割り振る方がゲーム攻略という視点からみればあっているでしょう。

 

お金の稼ぎ方

最後に、お金の稼ぎ方についてです。

通常ポケモンでは、トレーナー戦に勝つことでお金を増やすか、拾ったアイテムを売却するという手段でしかお金を増やすことができず、これはPHPポケモンには無い機能です。

ですが、もう1つの手段として「ネコにこばん」という技を使うという方法があります。こちらは、PHPポケモンでも実装されているため、おこづかいを増やすことができます。

裏を返せば、PHPポケモンでは「ネコにこばん」でしかおこづかいを増やすことができないのです。

 

ニャースがネコにこばんを覚えるのは、レベル17です。それ以降に覚える技は3つしかないため、レベル17以上のニャースを倒せば、お金を得られる可能性があるということです。

しかし、その時点で習得技は4つあるため、使用確率は25%と安定せず、あくまでランダム性の高いお金稼ぎとなっています。終盤ではペルシアンが出現するようになり、候補ポケモンが2匹になりますが、その時点で登場するポケモン数も増えており、使用頻度の前に出現頻度が少なくなってしまうという状況でもあります。

 

このように、安定したお金稼ぎ方法は現在存在しません。なので、おこづかいは大事に使ってください。

  

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンwikiでは「稼ぎ方特集」をご紹介しました。

まだまだ開発初期段階ということもあり、ゲームバランスが皆無だということが良くわかりますね。この辺りの調整が、実際のゲームの人気やユーザー数に比例してくるのでしょう。

PHPポケモンはあくまで学習目的の素材なので、この辺りは余裕があれば着手していく予定です。

是非ポケモン本作をプレイ、そしてPHPポケモンもプレイしてみてね。

 

Copyright © 2016-2020 YQUAL All Rights Reserved.