プログラミング

レベルアップ時のステータス表示編 PHPポケモン 48

PHP PHPポケモン ポケモン
レベルアップ時のステータス表示編 PHPポケモン 48

ステータスの表示

前回経験値バーのアニメーションとレベルアップ時の動的な変更を実装しましたが、レベルアップ時に表示されるステータスの実装は先送りにしていました。なので今回はそのステータス表示を作成しましょう。

 

ステータスはメッセージとして返却せずに、小モーダルを起動させるという方法で対応します。

 

モーダルに合わせたレスポンスの返却

今まではパラメーターを返却して、それに合わせてアニメーションを起動していましたが、今回はモーダルを起動してそこへデータを表示するため、モーダル起動に合わせたパラメータを返却することで対応します。

bootstrap4のモーダルを起動するには、data要素としてtargetとtoggleを指定する必要があります。toggleにはモーダル、targetには対象となるモーダルのIDまたはクラスで指定するのが一般的です。今回はIDで指定できるように、レスポンスを生成しましょう。

 

ポケモンクラス(/Classes/Pokemon.php
/**
* レベルアップ処理
*
* @param string|null $msg_id
* @return void
*/
protected function actionLevelUp($msg_id=null)
{
 
 --省略
 
    // メッセージIDを生成
    $msg_id1 = $this->issueMsgId();
    $msg_id2 = $this->issueMsgId();
    // レベルアップアニメーション用レスポンス
    $this->setResponse([
        'param' => json_encode([
            'level' => $this->level,
            'remaining_hp' => $this->getRemainingHp(),
            'remaining_hp_per' => $this->getRemainingHp('per'),
            'max_hp' => $this->getStats('HP'),
        ]),
        'action' => 'levelup',
    ], $msg_id1);
    $this->setAutoMessage($msg_id1);
    // レベルアップメッセージ
    $this->setMessage($this->getNickName().'のレベルは'.$this->level.'になった!', $msg_id2);
    // レスポンスデータをセット
    $this->setResponse([
        'toggle' => 'modal',
        'target' => '#'.$msg_id2.'-modal',
    ], $msg_id2);
    // 現在のレベルで習得できる技があるか確認
    $this->checkMove();
}

 

レベルアップメソッドの中でレスポンスを生成します。toggleにはmodaltargetにはメッセージID-modalを付与したIDのモーダルを指定するように格納しています。

 

targetは別のアクションでも使用していましたが、toggleについては未実装だったので、こちらもあれば付与するようにタグへ追記しておきましょう。

 

バトル画面(/Resources/Pages/Battle.php
<div class="message-box action-message-box border p-3 mb-3">
    <?php # メッセージエリア ?>
    <?php foreach($controller->getMessages() as $key => list($msg, $status, $auto)): ?>
        <?php $class = $key === $controller->getMessageFirstKey() ? 'active' : ''; ?>
        <?php $last_class = $key === $controller->getMessageLastKey() ? 'last-message' : ''; ?>
        <p class="result-message <?=$class?> <?=$last_class?> <?=$status ?? ''?>"
            data-action='<?=$responses[$status]['action'] ?? ''?>'
            data-target='<?=$responses[$status]['target'] ?? ''?>'
            data-param='<?=$responses[$status]['param'] ?? ''?>'
            data-toggle='<?=$responses[$status]['toggle'] ?? ''?>'
            data-auto='<?=$auto ?? ''?>'>
            <?=$msg?>
        </p>
    <?php endforeach; ?>
    <span class="message-scroll-icon small">【CLICK】</span>
</div>

 

data-toggleの追加以外にも修正ポイントがあるので簡単にまとめておきます。

  1. 今まではメッセージアクションにmessage-boxを使用していましたが、action-message-boxで起こせるように追記しました。
  2. message-scroll-iconでマウスイベントが発生しないように、cssで「pointer-events: none;」を指定しました。
  3. result-messageにモーダル起動アクションが含まれているため、この要素をメッセージボックスいっぱいに広げました。
    以下CSSです。
.result-message{
    display: none;
    position: absolute;
    left: 0;
    top: 0;
    width: 100%;
    height: 100%;
    padding: 1rem;
    margin-bottom: 0;
}

 

モーダル生成値の作成

それでは次にモーダルの生成に必要なパラメーターを用意しましょう。ループ内で生成するのであれば、同じレスポンスに返却して生成することも可能ですが、どこにモーダルが潜んでいるかがわからなくなれば保守性も下がってしまいます。そうならないためにも、モーダルは統一で最下層に生成できるよう、モーダル用のレスポンスを作成します。

 

レスポンストレイト(/App/Traits/Response.php
<?php
trait ResponseTrait
{
 
--省略
 
    /**
    * モーダルの格納用
    * @var array
    */
    private $modals = [];
 
--省略
 
    /**
    * モーダルテータの取得
    *
    * @return array
    */
    public function getModals()
    {
        return $this->modals;
    }
 
    /**
    * モーダル用テータの格納
    *
    * @param array $param
    * @param boolean $merge
    * @return array
    */
    public function setModal(array $param, bool $merge=false)
    {
        if(empty($param)){
            // 空の場合はスキップ
            return;
        }
        if($merge){
            // 結合(引き継ぎ)
            $this->modals = array_merge($this->modals, $param);
        }else{
            $this->modals[] = $param;
        }
    }
 
    /**
    * モーダル情報の初期化
    *
    * @return void
    */
    public function resetModal()
    {
        $this->modals = [];
    }
 
    /**
    * 全リセット
    *
    * @return void
    */
    public function resetAll()
    {
        $this->messages = [];
        $this->responses = [];
        $this->modals = [];
    }
 
}

 

では、作成したレスポンスメソッドに合わせて、モーダルを作成するために必要なデータを格納していきましょう。

 

ポケモンクラス(/Classes/Pokemon.php
/**
* レベルアップ処理
*
* @param string|null $msg_id
* @return void
*/
protected function actionLevelUp($msg_id=null)
{
 
--省略
 
    // レスポンスデータをセット
    $this->setResponse([
        'toggle' => 'modal',
        'target' => '#'.$msg_id2.'-modal',
    ], $msg_id2);
    // モーダル用のレスポンスをセット
    $this->setModal([
        'id' => $msg_id2,
        'modal' => 'levelup',
        'stats' => $this->getStats(),
    ]);
    // 現在のレベルで習得できる技があるか確認
    $this->checkMove();
}

 

モーダルで使用するメッセージID、そのモーダルで使用するテンプレートファイル名(modal)、モーダル内で使うデータ(stats)の3つを格納しました。

 

レスポンスの上書き対策

今までのレスポンスを使わずに、新しくモーダル用のレスポンスを用意した理由の1つが、データ重複による上書きを回避するためです。

例えば、現在のレスポンスに「modals」というキーでデータを格納していくとしましょう。第3引数で複数データ格納を判別させれば、同一レスポンス内での生成は簡単に制御出来ますが、別インスタンスからデータを引き継ぐ際の一括登録の対応が複雑になってしまいます。そうならないためにも、モーダル用のレスポンスを作成しました。

 

現段階ではレベルアップ時のステータス表示のみしかモーダルで返却していませんが、技の習得などでもモーダルを使って処理をする必要が出てくるため、それらも考慮すべくレスポンスを分ける方法と選択しました。

 ※オブジェクトを使って格納する方法もありますが、現在の作り込み状況からすべてを変更するのは困難と判断して断念しました。仕様設計が大切だということ改めて痛感させられた今日このごろです。

 

最後にモーダルを最下部で生成しましょう。

 

バトル画面(/Resources/Pages/Battle.php
<?php foreach($controller->getModals() as $modal): ?>
    <?php include($root_path.'/Resources/Partials/Battle/Modals/'.$modal['modal'].'.php'); ?>
<?php endforeach; ?>

 

レベルアップ時のモーダル(/Resources/Partials/Battle/Modals/levelup.php
<!-- Modal -->
<div class="modal fade" id="<?=$modal['id']?>-modal" tabindex="-1" role="dialog" aria-labelledby="<?=$modal['id']?>-modal-title" aria-hidden="true" data-keyboard="false" data-backdrop="static">
    <div class="modal-dialog modal-dialog-centered modal-sm" role="document">
        <div class="modal-content">
            <div class="modal-header">
                <h5 class="modal-title" id="<?=$modal['id']?>-title">ステータス</h5>
                <button type="button" class="close action-message-box" data-dismiss="modal" aria-label="Close">
                    <span aria-hidden="true">×</span>
                </button>
            </div>
            <div class="modal-body">
                <table class="table table-bordered table-sm">
                    <tbody>
                        <?php foreach($modal['stats'] as $key => $val): ?>
                            <tr>
                                <th scope="row" class="w-50"><?=transJp($key)?></th>
                                <td><?=$val?></td>
                            </tr>
                        <?php endforeach; ?>
                    </tbody>
                </table>
            </div>
            <div class="modal-footer">
                <button type="button" class="btn btn-secondary btn-sm action-message-box" data-dismiss="modal">閉じる</button>
            </div>
        </div>
    </div>
</div>

  

メッセージアクションとの連携

最後にモーダルとメッセージアクションを連携させましょう。とは言っても、メッセージに対してモーダルを起動するために必要なパラメータを設定しているので、起動については連携ができています。連携させるのはモーダルを閉じる際のアクションです。

 

まず、先程作成したモーダルに設定したdata要素を見てみましょう。

data-keyboard="false"
data-backdrop="static"

 

この2つをセットしておくことで、画面外をクリックしてもモーダルを閉じることができません。さらに、閉じるボタンにメッセージアクションを発火させるためのクラス「action-message-box」を付与しています。

 

これで、ステータスモーダルを閉じるとメッセージアクションが起動し、レベルアップ後の経験値バーのアニメーションへと移行してくれます。

実際の動きを見てみましょう。

 

 

レベルアップ後にモーダル起動、閉じると次のメッセージアクションへ移行することができましたね。

これでレベルアップアニメーションの実装は完了です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回のPHPポケモンでは「レベルアップ時のステータス表示」についてモーダルを使った方法をご紹介しました。

WEBプログラミングでゲームづくりをするには、その特徴を活かしながら作成していく必要があります。中には便利なものもありますが、場合によっては通常のゲーム開発では不要な機能まで実装しなければならない場合もあります。

現在プログラミング学習に取り組んでいる方、または興味を持っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

注目の記事

構成見直し編(クラス名) PHPポケモン49
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
構成見直し編(クラス名) PHPポケモン49

構成の見直し 今回は全体構成の見直しをします。ディレクトリについては変更ありませんが、ファイル名とクラス名について大幅な修正をかけていきます。   クラス名の重複回避 まず、クラス名の重複についてです。状態異常・状態変化の子クラスでは重複回避のために接頭語を着けて管理していましたが、他にも重複...

ネコにこばん編 PHPポケモン73
プログラミング
PHP,PHPポケモン,ポケモン
ネコにこばん編 PHPポケモン73

ネコにこばんとは 初代ポケモンでは、基本的にトレーナーとのバトルでしかお金を増やすことができず、もし手持ち金が0円の状態で金が必要なイベントが発生すると詰んでしまうという隠された落とし穴がありました。 ですが、初代でも唯一トレーナー意外からお金を得る方法があります。それが「ネコにこばん」という...

アクセス層とは – 物理的な信号の伝送【第4回 ド素人のためのネットワーク講座】
ネットワーク
TCP/IP,Wi-Fi,アクセス層,無線LAN
アクセス層とは – 物理的な信号の伝送【第4回 ド素人のためのネットワーク講座】

  第4回のド素人のためのネットワーク講座は アクセス層の物理的な役割について です。   実際にデータを送る際にはどのような信号が送られて、どういったことに影響を受けているのかを解説していきます。     信号を伝達する   TCP/IPモデルの第一層(レイヤー1)のアクセス層が担っている役割の...

アーカイブのディスクリプションを管理画面で設定する方法【SEOに強いWordPressブログ・サイト作り】
プログラミング
PHP,SEO,WordPress
アーカイブのディスクリプションを管理画面で設定する方法【SEOに強いWordPressブログ・サイト作り】

  WordPressで作ったサイトやブログはSEO対策がしやすいという利点があり、より検索に強いサイトへ仕上げることができます。 ですが、SEO対策に特化しているテーマでもアーカイブページのディスクリプション設定ができないものは多く、別で設定する必要があるものがほとんどです。   今回は、より検索で強く...

YouTuber・ブロガー必見!知る人ぞ知るサムネイルの重要性とは
デザイン
Facebook,Instagram,Twitter,YouTuber,サムネイル,ブロガー
YouTuber・ブロガー必見!知る人ぞ知るサムネイルの重要性とは

  サムネイルって本当に重要? ブログの場合はフリー画像でもいいんじゃない?   そう考えている人はいませんか? 残念ですが、それは大きな間違いです。サムネイルを作り込むことは非常に重要であり、集客ポイントを拡大させるのはもちろん、ブランディングにもつながるのです。   今回は「知る人ぞ...

プログラミングとは?現役システムエンジニアが教える裏事情
プログラミング
システムエンジニア,プログラマー
プログラミングとは?現役システムエンジニアが教える裏事情

  プログラミングってよくわからない? 実際に何をやっているの?   最近注目されているSE(システムエンジニア)やPG(プログラマー)という職業ですが、「そもそもプログラミングとは?」といった疑問を抱えている方も多いですね。 今回は、そういった方へ向けて「プログラミングの基礎知識と裏事情」...

【Adobe Animate CC】モーショントゥイーンを使ったアニメーション作成
動画編集
Adobe,Animate,Illustrator,Photoshop,アニメーション
【Adobe Animate CC】モーショントゥイーンを使ったアニメーション作成

    今回はキャラクターがうちわを扇いでいるアニメーションのAdobe Animateを使った作成方法をご紹介します。 完成イメージは以下の通りです。   Photoshopなどを使ってもgifアニメーションの作成はできますが、Adobe Animateのモーショントゥイーンを使えば、変化するポイントだけを設定す...

【JavaScript】ESLint下でToastr(グローバル変数)を使用する方法
プログラミング
ESLint,JavaScript,jQuery,Toastr
【JavaScript】ESLint下でToastr(グローバル変数)を使用する方法

  ESLintはシステム全体で見れば便利なツールと言えますが、ライブラリなどを読み込む際に通常紹介されているような方法では使えなかったり、慣れていない人からするとどうしても躓くポイントが多くなるのも事実です。 ですが使いこなせるようになれば、開発がスムーズになることはもちろん、保守性やコードの...

カテゴリ

SEO対策 イベント デザイン ネットワーク ビジネスモデル フリーランス プログラミング マーケティング ライティング 動画編集 雑記

タグ

5G Adobe AfterEffects AI ajax amazon Animate api artisan atom Automator AWS Bluetooth CSS CVR description EC-CUBE4 ECショップ ESLint Facebook feedly foreach fortify function Google Google AdSense Honeycode htaccess HTML IEEE 802.11ax Illustrator Instagram IoT JavaScript jetstream jQuery jQuery UI keyword LAN Laravel Linux MacBook MAMP meta MLM MySQL NoCode note OS OSI参照モデル Paypal Photoshop PHP phpMyAdmin PHPポケモン PremierePro rss SEO SEO対策 Sequel Pro Skype SNS SSH Symfony TCP/IP title Toastr Trait Twig Twitter UCC V系 WAN WebSub Wi-Fi wiki Windows WordPress XAMPP xml Xserver YouTube YouTuber Zoom アーティスト アウトプット アクセス層 アニメーション アフィリエイト イーブイ インターネット インプット エンジニア オブジェクト指向 お金配り クリック単価 クリック数 コミュニケーション能力 コロナ コンサルティング サムネイル システムエンジニア スタートアップ スタイルシート スパム データベース ディープフェイク デザイナー デザイン テレワーク ナンパ ニュース ネットワークモデル ノマドワーク バナー ピカチュウ ビジネス フィード フリーランス ブロガー ブログ プログラマー プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロトコル ホームページ制作 ポケモン マークアップ マーケティング メール リモートワーク レンダリング 三井住友 三宮 仕事依頼 児童デイ 児童デイサービス 児童発達支援 公開鍵 初心者 助成金 勉強法 営業 広告 広告収入 必勝マニュアル 放課後等デイサービス 朝活 楽天 深層学習 無線LAN 独立 神戸 福祉 秘密鍵 翻訳 自己啓発 英語 見積書 計算機 認証 読書 起業 迷惑メール 配列 銀の弾丸 集客 雑学力